Kaita City Life 海田市生活

次はどこ走ろうか

世羅ふれあいロードと芦田湖周りを走ってきた

やまなみ街道サイクリングロード

またしても広島県HPのコースを走ります。

www.pref.hiroshima.lg.jp

今週は道の駅世羅を起点。

世羅の道の駅起点のコースはY-3とY-4の二つがあります。

そこで・・・、

Y4世羅ふれあいロードコース51kmを走って、

f:id:cycle_piyo:20200918112210j:plain

余力があればY3芦田湖コース25kmを走るって事にしました。

f:id:cycle_piyo:20200918112223j:plain

両方を足して76kmだから、ウチのエースには丁度良い距離です。

Garminconnectでルート作成してetrex30に転送。迷子にならないぞ。

世羅ふれあいロードコース Y-4

起点は世羅の道の駅。

世羅ICを降りてすぐの所です。

f:id:cycle_piyo:20200921231803j:plain

ここはオープンして間もないころに来ましたが、世羅高校が全国制覇したときのビデオを繰り返し流していました。青山学院の原さんも世羅高校出身です。

f:id:cycle_piyo:20200922010740j:plain

おへそcafeのパンを沢山売っていました。エースも補給食におへそパン。

f:id:cycle_piyo:20200922010744j:plain

R432を北上、でも道は下り。そしてふれいあいロードに入ります。

f:id:cycle_piyo:20200921231808j:plain

f:id:cycle_piyo:20200921231815j:plain

このシルバーウイークの四連休が稲刈りのゴールデンウイークみたいです。

f:id:cycle_piyo:20200921231832j:plain

ふれあいロード沿いには果樹園が沢山。

せら幸水農園に立ち寄りました。

これは梨狩りとブドウ狩りの受付。

f:id:cycle_piyo:20200921231839j:plain

こっちは梨のコンテナ売りです。ケースの中に梨と米袋があり、お客さんは梨を買った後に米袋に梨を詰めてコンテナを返却します。f:id:cycle_piyo:20200921231846j:plain

グレードによって値段は違いますが3000円から。キズモノ有りなのですが、そんなのごく一部で、ほとんどはパンパンの美味しそうな梨でした。一カゴで20個以上あったんじゃないかな?大人気で、すぐ無くなったんじゃないかと思います。物珍しそうにのぞき込んでいる我々に色々説明してくれた御夫婦がおりました。梨の写真撮らせてもらえばよかった。ホント美味そうでした。

自転車なのでここでは何の買い物もせずに先に。

せら夢公園のせらワイナリーを目指します。

ワイナリーが近づくと一気に車が増えました。

f:id:cycle_piyo:20200921231905j:plain

すっげー人出で、駐車場渋滞でした。

f:id:cycle_piyo:20200921231911j:plain

翌日のFM放送で知ったのですが20日と21日はお祭りだったそうです。DJの方も丁度われわれが休んでいた時間にここを訪れていたようです。

f:id:cycle_piyo:20200921231918j:plain

f:id:cycle_piyo:20200921231928j:plain

さっき撮りそびれたので無理やり梨を撮影。

世羅って言えば駅伝、梨、ワインですから。

f:id:cycle_piyo:20200921231948j:plain

エースが天ぷら天ぷらって言うので付き合います。松キノコの天婦羅は大人気だったようで暫く待ちます。松キノココロッケと松キノコ天婦羅のセットを注文しました。

f:id:cycle_piyo:20200921232005j:plain

山菜おこわとコロッケと天婦羅とランニングウォーター。

f:id:cycle_piyo:20200921232009j:plain松キノコの天婦羅がメチャクチャ美味かったです。

f:id:cycle_piyo:20200921232018j:plain

ワイナリーの周りの果樹園。

f:id:cycle_piyo:20200921232037j:plain

f:id:cycle_piyo:20200921232041j:plain

ふれいあいロード沿いは果樹園が一杯あるだけあって、細かいアップダウンが続きます。エースはアレコレ試しながら黙々と上っていました。前より力を使わないで上れるようになってきたみたいです。

f:id:cycle_piyo:20200921232100j:plain

f:id:cycle_piyo:20200921232104j:plain

ふれあいロードの上りはココでお終いです。

f:id:cycle_piyo:20200921232137j:plain

少し南に下ってから県道52号線に出て、東に進み、世羅の中心部を目指します。さっきのふれあいロード沿いと違って水田ばっかです。稲刈りも終わってるし。

f:id:cycle_piyo:20200921232142j:plaincafe Aomizuの交差点で左折します。事前の調べでお休みポイントに考えていましたが、今回は通過。良さそうなお店だったので、そのうち寄ろうって事になりました。

f:id:cycle_piyo:20200922002346j:plain

美波羅川沿い、お地蔵さんの横で一休み。道の駅で売っていたおへそcafeのパンを食べていましたね。こんな事になるのなら、元々目を付けていたAomizuに寄ればよかったんじゃないかと思いましたが、黙っていました。

f:id:cycle_piyo:20200921232157j:plain

世羅の繁華街までやってまいりました。

f:id:cycle_piyo:20200921232226j:plain

梨、ワイン、駅伝です。

f:id:cycle_piyo:20200921232232j:plain

戻ってきたよぉー道の駅。Y4コース走破です、パチパチパチ。

f:id:cycle_piyo:20200921232250j:plain

世羅梨スムージーをいただいてお休みです。

f:id:cycle_piyo:20200921232314j:plain

エースはおへそのパンをもう一回買っていましたけど、既にほとんど売れていました。

玄米も買って車に積みました。

芦田湖コース Y-3

氷で頭が痛くなったところで、芦田湖コース(Y3)に出発。

f:id:cycle_piyo:20200921232321j:plain

ちょっとルートを外れておへそcafeへ。相変わらずの人気みたいでお客さんが一杯でした。世羅には古民家カフェを色々探していてココに来たのが最初です。

f:id:cycle_piyo:20200921232338j:plain

夢つり橋は二度目かな?

f:id:cycle_piyo:20200921232344j:plain

八田原ダムです。ダムカードの配布はコロナのため休止だとか、残念。

f:id:cycle_piyo:20200921232353j:plain

f:id:cycle_piyo:20200921232409j:plain

f:id:cycle_piyo:20200921232430j:plain

福塩線備後三川駅までやってきました。輪行すると面白いかなと思うんですけど、中国山中に向かって走る路線は、本数が少ないのでプランニングが難しいのです。

f:id:cycle_piyo:20200921232440j:plain

R432に出て南下すれば道の駅です。

f:id:cycle_piyo:20200921232501j:plain

三川ダム。

f:id:cycle_piyo:20200921232513j:plain最後の上りを頑張るエース。さすがに疲れてきたようでペースが上がりませんでした。

f:id:cycle_piyo:20200921232532j:plain

無事に道の駅に帰還です。80kmの道のりでした。

獲得標高は1260mだったのでエースは相当頑張りました。

f:id:cycle_piyo:20200922002104p:plain

速攻で自転車を車載します。

f:id:cycle_piyo:20200921232541j:plain

お風呂とラーメン

高野山わきのせら温泉で入浴です。

f:id:cycle_piyo:20200921232607j:plain

f:id:cycle_piyo:20200921232616j:plain

ちゃんぽん食べたいとか尾道ラーメン食べたいとか言って検索しましたが、尾道行かないとダメだったので、ラーメン屋に変更です。

八月にオープンしたとかいう一斗で味噌ラーメンと醬油ラーメンをいただきました。

f:id:cycle_piyo:20200921232640j:plain

f:id:cycle_piyo:20200921232648j:plain

世羅ICから松江道に乗り、尾道から山陽道に入って海田に帰りました。

岸田さんのお国入り

この連休で岸田さんはお国入りしていたみたいでイマナマに出てました。

 

f:id:cycle_piyo:20200922011018j:plain

で、まあこんなパネルも用意してあって、広島ですからね。案里が漢字ですね。

f:id:cycle_piyo:20200922011024j:plain河井家関連のニュースは本当に多くて、「河井さんが来て封筒置いていきました」ってゲロっちゃう人続出で凄かったです。「貰ったやつはOKなのかよ、おかしーぞ」って言うの正論だと思うんですけど、「工数的に無理なんじゃないの」って思うくらい沢山。

街の声も紹介されていて、「これからも一生懸命やって実力をつけて総理を目指してください」みたいな感じでした。

子供の頃に三角大福中を見てきて、ぶーちゃんの「自民党戦国史」を読んだ身としては岸田さんは無いかなと思います。岸田さんじゃあダメって事じゃなくって、結果としてはそういう形で終わると思います。

 

BRM905近畿200km倉敷

4月25日の予定だったAJ近畿のブルベです。岡山の内陸部は走ったことがありませんでしたのでエントリーしました。

コロナで日程がグッチャグチャになって大変な様で、京都チームのブルベが三本同時開催です。頑張って面倒みていただけてありがたいです。

f:id:cycle_piyo:20200908154527p:plain

今回のは、「岡山が誇る機動戦士を巡るシリーズ第二弾」と言われても何のことやら分からず、出発前から置いてけぼり感に包まれます。

今年は一度も自転車で100km走っていません。

昨今は最早ジョガー。

8月も170km走りました。

f:id:cycle_piyo:20200907102416p:plain

5kmだろうが20kmだろうがトコトコ走るのみ。

ルートラボが無くなったのでRWGPSのファイルをDL。カシミールでポイント数を半分に減らして、PCを追加してetrex30xに転送です。ルートを呼び出すと、ルートとPCが無事表示されて一安心。7:00スタートの200kmなので、ずっと明るいはずです。方向音痴でも大丈夫。

金曜夕方に倉敷に向かいました。お宿はドーミーインです。

倉敷くらい早起きして行けよって所ですが、今週もGoTo使わないと。

GoToと言えば、菅官房長官自民党総裁になりそうですね。

昨年、河井あんり議員の応援に来ていたのを本通りで野次馬しました。

f:id:cycle_piyo:20200907210142p:plain

 

県内で猛然とお金をバラまいた河井家ですが、海田町では使わなかった模様です。

さて、ドーミーインに自転車持ち込み可か電話で確認したところ、「エレベーターに乗れば」という事でしたので室内に持ち込み。一応タイヤは拭いて、ひっくり返して保管です。これなら部屋を汚すことも無いでしょう。

f:id:cycle_piyo:20200907102448j:plain

ドーミーインと言えば夜泣きそば。

f:id:cycle_piyo:20200907102553j:plain

浴場も内風呂と露天風呂とあって良かったです。お風呂とこれが目当ての宿泊でした。

翌朝は5:30に起きてサッと風呂に入り、ヨーグルトやバナナを食べて倉敷駅の北口へ向かいました。残念ながらホテルの朝食は6:30からで、その時間からブリーフィング開始でした。

f:id:cycle_piyo:20200907195434j:plain

このブルべ以前に倉敷に来たのは内田光子のピアノリサイタルの時です。ついでにジーンズショップ巡りをした時に小銭入れを買ったのですが出番がありませんでした。最近やっと使い道を発見しました。サイクリングの時に小銭とカードを入れるのに丁度いいです。今回は手前のポッケにレシートを入れました。

f:id:cycle_piyo:20200907103228j:plain

今回は久々のWボトル体制です。二本にしたのってだいぶ前に実家から箱根峠まで走った時以来じゃないかな。入れるのは麦茶とOS1です。OS1は所さんのCMを見ながら「大した事ねえだろ、こんなん」と思って相手にしていませんでした。

ですが西日本豪雨の災害ボランティアで社協の人に勧められて飲んでから評価一変!「これ凄い、疲れ方が全然違う。」暑い中でボトル一本の水を飲んだ後にやってくる特有のダルさ、それが全然ありませんでした。35℃になりそうな今回は出番です。

f:id:cycle_piyo:20200907103240j:plain

丁度ブリーフィングのタイミングで倉敷駅北口着。

駅の北側にあったチボリパークはアウトレットに変わりました。Arioも出来ていますね。時計塔と被ると何となく立派。

f:id:cycle_piyo:20200907102700j:plain

7:00に出発。

この後もしばらく倉敷駅近辺にいたエースによると8:00頃にベストを着た自転車乗りが二人現れたそうです。道路が混んでいて遅れたのかな?

今回はジョギングと同じ調子で走る事にしました。ゆっくり走って休憩少なめ。

予報では35℃程度になりそうだったので、PC1までは休憩なしで涼しいうちに先に進む予定でした。くめなんの道の駅が50km辺りにあったのですが通過。津山市に向かいながらカロリーメイトをもぐもぐ。残念ながらB'zの稲葉さんの実家のイナバ化粧品店の近くは通りません。

PC1ポプラ久米宮尾、68.7km。

SAVAS飲み干して麦茶をチャージ。

ガンダムいました。

f:id:cycle_piyo:20200907105612j:plain

ガンダムはド世代なのですが、全く詳しくないです。ガンダムで印象深いのは頭のいい子に人気のあった事ですね。日頃、我々のTV番組の話を「あんなの何が面白いの」「マンガなんかを見ているの」等と白い目で見ていた子が、ガンダムになると話に加わってきたのが印象に残っています。特に女子にもファンが居たのが驚きでした。あと幻魔大戦だな、デキル子が好きだったのは。

ドラッグストアが見えたところでOS1を補給しようってんで、PC2の手前のドラッグコスモスでOS1を購入しました。会計が現金でビックリ。こんな大規模なチェーンのドラッグストアでクレジットNGとは、しかも205円もしました。うちの近所のwantsなら188円だぞ。

すぐ先のPC2、ローソン中国勝山店、91.6km。

暑くって、たった20km進む間に麦茶を飲み切っちゃいました。伊藤園のむぎ茶とトマトジュースとマルチビタミンとまたしてもプロテイン

f:id:cycle_piyo:20200907110814j:plain

このコンビニは日影が無くって、全然落ち着きませんでした。さっさと進むことにして、最後に煽ってプロテインを飲んだところ妙な脈動がしました。

ゆっくり進めばすぐ元に戻るだろ、と簡単に考えていたのですが、ドックンドックンおかしな脈動がおさまりません。今になってみると、ここでしばらく座って様子を見ればよかったです。

新見までの川沿いの道はナカナカ良い雰囲気なのですが、暑くってかないません。当初の予定通り4/25だったら爽やかで気持ち良かったのではないかと思います。

坂は大した事ないのですが、気温と直射日光がシャレになりません。

不調がおさまらず、ついに諦めてトンネルの手前で停車。f:id:cycle_piyo:20200907113604p:plainGARMINで脈拍を確認するととんでもない事になってます。

f:id:cycle_piyo:20200907200040j:plain

f:id:cycle_piyo:20200907200049j:plain

しばらくおとなしくするのですが心拍数が150をナカナカ切りません。でも、この程度なら誤魔化せるか?と進み始めると140台に低下して一安心です。

この後は、なるべく惰性で進むように心がけて回復を待ちました。

PC3セブンイレブン新見高尾店、130.3km。

本日初のミネラルウォーター。後は、痙攣対策でマルチミネラルのゼリー。

f:id:cycle_piyo:20200907114251j:plain

ここで、シューズを脱いで足を延ばして休んだところ、一気に回復。さっきもシューズ脱いで休めばよかった。このsanticの安靴、合ってないんかなぁ。

伯備線沿いに下るルートになると日も陰り楽になりました。

カロリーメイトをもぐもぐしながら下ります。

絹掛の滝まで来ました。

この滝は反対側の車線からの方が綺麗に見えたのですけど、電線が被ってしまうので進路側から撮りました。これじゃあ何の写真だか分かんないな。

f:id:cycle_piyo:20200907114259j:plain

PC4ポプラ高梁木野山店、162.1km。

ちょっと気分を変えて緑茶。そして本日二本目のトマトジュース。水を飲むのを避けるとともに、少しドロッとしたものを飲むようにしていたのですが、良かったように思います。沢山の水やスポドリを摂取した後のベターっとしたダルさとは無縁でした。

前日にコンビニで買ってサドルバッグに入れておいたバナナを一本食べて補給。

f:id:cycle_piyo:20200907114324j:plain

残り、20kmになった所で観光中のエースにLINEしました。何処を観光しているか分かりませんけれど、1時間くらいあれば倉敷駅に着くでしょう。

舟に乗ったり玩具博物館に入ったりしていたそうです。

f:id:cycle_piyo:20200907185729j:plain

前の週に江の川沿いを三次に向かって下ったのですが、同じような雰囲気で、走っていてとても落ち着きます。

f:id:cycle_piyo:20200907114331j:plain

津山から新見に至るルートと高梁川沿いを下るルートは可部線沿いに太田川を遡るルートや江の川沿いに雰囲気が似ていて良いルートでした。暑くなきゃ言う事なかったのですが、高梁川沿いを下っている途中でも33℃の表示でした。

こんな感じで帰還。

f:id:cycle_piyo:20200907214001j:plain

一足先にエースが観光から戻っていました。

自転車を車載した後は蔵のゆへ。

f:id:cycle_piyo:20200907121242j:plain

玉島インターの手前で食事です。

無難に知っている店にしようってんで、長崎ちゃんめんにしました。呉のお店にたまに行きます。皿うどんは、リンガーハットよりこっちだと思います。

f:id:cycle_piyo:20200907121250j:plain

f:id:cycle_piyo:20200907121318j:plain

玉島から山陽道に乗りましたが、食べすぎたせいか段々眠くなりました。福山SAでエースに交替してもらって、小谷SA辺りまで爆睡しました。他愛のない話をしながら海田町に帰着。この日は酒飲まないでおとなしく寝ました。

翌朝は10kmジョギングして体調を確認。

よし、異常なし! 

中国山河満喫コース(Y-9)を走ってみた

広島県のHPには、広島と島根のサイクリングコースがいくつか紹介されています。

中国山中のサイクリングコースについては島根県のHPとも連携しています。

www.pref.hiroshima.lg.jp

www.kankou-shimane.com

なかなか面白そうなコースが多く、スキルのある人にコースを設定してもらったことがうかがえます。その中で中国山河満喫コース(Y-9)を走ってみました。このコースは広島、島根両県のHPで紹介されています。広島県HPではゆめランド布野起点の時計回り、島根県HPでは、赤来高原起点の時計回り。今回は、エースがヘタれない様に上りが緩くなる、ゆめらんど布野起点の反時計回りで走りました。

f:id:cycle_piyo:20200831104243p:plain

下図の矢印の様にゆめランド布野を起点に上りからスタートするルートです。気温が上がる前にゆめらんど布野から赤来高原までの上りを済ませてしまう作戦です。

f:id:cycle_piyo:20200828100508p:plain

三次くらい早起きして行けよって話ですが、前泊です。 お風呂は庄原かんぽの宿

個々の浴槽はゆったり、露天も気持ちよかった。700円は安い!

f:id:cycle_piyo:20200831222501j:plain

f:id:cycle_piyo:20200831222507j:plain

夕食はドライブインミッキー。

f:id:cycle_piyo:20200831222527j:plain

くすのきカントリーマラソンのTシャツだったりします。

f:id:cycle_piyo:20200901005217j:plain

海田町と違って山間部は夕立があるようです。

スーパーで買い出し中に大雨に。

f:id:cycle_piyo:20200901005301j:plainそして、GOTOトラベルで三次に宿泊です。

6:00に家出れば十分なのですが、GOTO使わないと。

6:30からホテルでガッツリ朝食です。久々にカレー食って8:00過ぎに布野へ。

f:id:cycle_piyo:20200831222606j:plain

f:id:cycle_piyo:20200831222626j:plain

自転車作って8:40に出発です。

 急がないでゆっくりと上ります。出発してすぐ道草です。おそらく近所では相当知られたお宅だと思います。f:id:cycle_piyo:20200831222646j:plain

f:id:cycle_piyo:20200901005417j:plain

日に当たると暑い。時々反対車線の日陰へ。

f:id:cycle_piyo:20200831222714j:plain

木造の建物で多分元学校。安く上げとけばよかった?

f:id:cycle_piyo:20200831222721j:plain

気温はまだ28℃。

f:id:cycle_piyo:20200831222731j:plain

もうすぐ赤名トンネルです。

表示が出るくらいですから、Ave=5%が一番きついって事ですね。

f:id:cycle_piyo:20200831222749j:plain

赤名トンネル、544mまで上ってきました。

エースにとっては最高点かな?

f:id:cycle_piyo:20200831222759j:plain

赤来高原目指してのどかな農村を下っていきます。

f:id:cycle_piyo:20200901005532j:plain

穂は既に頭をもたげていて、収穫の済んだ田んぼもあり、海田町とは大分違います。稲を見る限りは秋に入っています。

f:id:cycle_piyo:20200831222844j:plain

10:00前に赤来高原に到着。

比較的涼しいうちにメインの上りを終えられて一安心です。

f:id:cycle_piyo:20200831222926j:plain

赤来高原の道の駅はマスク着用の入場制限がありました。

ホテルでガッツリ食べたので水分補給のみ。

スマホであれこれ検索して、昼食は浜原の先の「そら豆」にしました。

店は20km先で着く頃には11:00を回るでしょうから丁度いい。

この先、K55からk166に入りました。K166はずっと下り。50km走ってから35℃の中、ここを登るのは到底無理そうでした。逆回りに変更してよかった。

f:id:cycle_piyo:20200901000155j:plain

f:id:cycle_piyo:20200901005607j:plain

f:id:cycle_piyo:20200901000205j:plain

f:id:cycle_piyo:20200901000236j:plain

三江線沢谷駅だった。

バス停は三江線営業時より増えているのではないかと思います。ここはボッコですけど、新しい待合小屋を沢山見ました。

f:id:cycle_piyo:20200901005646j:plain

こういう看板の地図には線路が描かれています。全線乗車、全線走破した事があるので、線路が描いてあった方が分かりやすい。

f:id:cycle_piyo:20200901005656j:plain

ゆるり創菜料理がちょっと気になりましたが通過。

浜原ダムも久しぶりに見ます。

f:id:cycle_piyo:20200901000330j:plain

R375を横切って江の川沿いの道へ出て浜原駅前に出ました。

f:id:cycle_piyo:20200901000110j:plain

2017年に三次からここまで三江線で来て、ここで自転車を作って江津に向かった懐かしの駅です。

  

cycle-piyo.hatenablog.com

防災公園の前を通って、そら豆へ。

お休み!ガーン!!

f:id:cycle_piyo:20200901000415j:plain

昼飯が・・・・。

エースは道の駅大和まで走れると言うものの、傍目には無理です

なんとか説得してローソン・ポプラ美郷町柏淵店へ。

ここまで来て、ローソン・ポプラっていうのも寂しいですが仕方ありません。

産直みさと市でカボチャのコロッケ買って、ローソン・ポプラでおにぎり買って一休みです。f:id:cycle_piyo:20200901005729j:plainこのエリアは学校、役所を集中させて栄えたエリアを頑張って作っている感じがします。柏淵駅跡から役場までの道に商店が並んでいます。

f:id:cycle_piyo:20200901000454j:plain

一休みした後は道の駅大和に向かいます。

役場前の温度計は35℃を表示しています。

f:id:cycle_piyo:20200901000636j:plain

f:id:cycle_piyo:20200901000648j:plain

トンネルの方が幾分涼しかろうという事で、折り返したのちはR375を進みました。

f:id:cycle_piyo:20200901213019p:plain

このルートは走ったことがあります。

 

cycle-piyo.hatenablog.com

三日谷トンネル前後の上りはエースにはきつかったみたいです。

浜原の貯水池の方を回れば良かったかもしれません。

桜が綺麗な事で有名な潮駅の通り。

温泉施設が建設中でした。

f:id:cycle_piyo:20200901000719j:plain

f:id:cycle_piyo:20200901000752j:plain

f:id:cycle_piyo:20200901000804j:plain

暑さにやられつつ道の駅大和に。

カレーとかラーメンがメニューに並びますが、さっき補給したのでもう食べられません。コーヒーを飲んでくつろぎました。

先ほどの温泉施設の話になり、一旦休止したものが建て替えて来年オープンするとの事でした。タイミング悪くないか?大丈夫かな?

www.misato-kankou.com

涼しい所でゆっくりしてから再び下ります。宇都井駅跡への分岐にやってきました。この向こうが宇都井駅跡です。今日はそのままR375を進みます。f:id:cycle_piyo:20200901000837j:plain

空が暗くなり道路にある温度計の表示も28℃に。夕立がやってくると大変な事になりますが降らないのなら、暑さが和らいで助かります。

川の駅常清まで来ました。

ブッポウソウもマスクをしています。

f:id:cycle_piyo:20200901000904j:plain

常清を過ぎると22-23kmなのですが、エースは一杯一杯になってきまして、失速してしまう自分が情けないと悔しがることしきり。

f:id:cycle_piyo:20200901001055j:plain

我々は遊びに来ているんだからお腹が空いたら、道路脇に停まって、補給食を食べればよいし、足が重くなってきたら、少し休んで屈伸でもすれば良いのです。

なーんて調子で何とかなだめて先へ進みます。

R375とR54の交差点が見えてきました。

左折して少し上ればゆめらんど布野です。

f:id:cycle_piyo:20200901001155j:plain

ゆめらんど布野の数百メートル前で雨が降り始めました。ダッシュで駆け込みます。

f:id:cycle_piyo:20200901001230j:plain

f:id:cycle_piyo:20200901001244j:plain

幸い、雨は強くならず、自転車を積み込んだ後で売店をのぞいたりのんびり。

やがて夕立が本降りになり、三次IC目指して出発。

f:id:cycle_piyo:20200901002302j:plain

中国道広島高速と乗りついで海田町へ。

f:id:cycle_piyo:20200901002353j:plain

17:00前にゆうゆう海田町に帰着です。

中国山河満喫コースプラスαの95kmほどを何とかエースが走り切ってくれました。

やっぱり、逆回りにして、上りを先に済ませたのが大きかったです。

f:id:cycle_piyo:20200901213058p:plain

エースは、当初、同じシリーズの中で帝釈峡ヒバゴンコース(Y-7)を走りたいと言っておりました。これは86kmで獲得標高が1150mにもなるコースです。さすがにこれは厳しすぎます。走行距離の1%が獲得標高の目安だという事を説明して納得してもらいました。

そら豆が開いていて、涼しい中でゆっくり食事が出来たら後半ももう少しへばらないで走れたように思います。こういう所が中国山中のサイクリングの難しい所。江田島しまなみ海道の様には行きません。グルメライダーのエースも一つ経験値が上がったのではないかと思います。

次週は岡山県を走る予定です。

 

安芸阿賀Cafe工房

35°の猛暑が続くのでサイクリングどころじゃないと思うのですが、エースは「日曜は曇りだよ」と主張。「どーせ晴れるだろう」と思っていたのですが、本当に曇りだったので出撃。

灰が峰の登り口まで行って、どこかで食事して帰ってくることにしました。

8:00過ぎに自宅を出発です。

R31はランニングしている人が多い通りです。コンパクトなザックを背負って走っている人も多く、ジョギングコースとして愛されているみたいです。この通りでは結構な頻度でサンダル履きのランナーを見ます。

この日は3人組のランナー発見。この人たちはアディダスみたい。

坂町の駅舎に向かっていきました。

f:id:cycle_piyo:20200824111744j:plain

道路はガラガラ。

f:id:cycle_piyo:20200824111752j:plain

ベイサイドビーチ坂の沖には相変わらずPEACEBOAT

f:id:cycle_piyo:20200824111824j:plain

しばらく前に辻本清美が自民党本部に二階俊博を訪ねて行ったという話をどこかで読みました。それによるとPEACEBOATの件なのだそうです。世界一周クルーズの船が、呉ー江田島フェリーより稼いでいないわけですから強烈です。

さて、灰が峰の登り口まで来たのでちょっとだけ上がってみることにしました。

少し上がるだけで呉の町が良く見渡せて楽しいのです。

f:id:cycle_piyo:20200824111855j:plain

市街地からのアクセスが良いせいか、何人かのサイクリストに会いました。ミニベロだったりポロシャツだったり、近所の人が登りに来ているって雰囲気の人ばっかり。唯一ジャージ来ていた人は「クレ・ポタリングクラブ」って入っていました。だからやっぱり地元の自転車乗り。

今のエースには灰が峰は無理なのでGARMINが示す200mまで登ってお終いにしました。涼しくなったら何処まで上がれるかチャレンジするのも良いかもしれません。

灰が峰は、呉に遊びに来たときはいつも見上げている山だし、上からの景色もきれいですから、挑戦するにはもってこいです。

f:id:cycle_piyo:20200824111919j:plain

下りる前に、そういえば阿賀にcafe工房があるんだよねって話になって、コーヒー飲みに行くことになりました。安浦の本店に初めて行ったのは、もう10年以上前だな。安浦の店では、パスタセットかホットサンドセットかサラダパンセットを食べていました。かぼちゃのクリームパスタがお気に入りだったのですが、何時の間にか無くなってしまいました。それで足が遠のいたかな。

この日、阿賀店ではサラダパンを注文。

f:id:cycle_piyo:20200824111946j:plain

家から往復50km程度なので、朝出てお昼過ぎまでのサイクリングに良いかも。

さて、帰ろうかと思ったところで、エースが仁方まで行きたいとか安芸灘大橋がどうこうって言うので、もう少し東へ。

通り道なので、寳剱酒造に久しぶりに立ち寄りました。

f:id:cycle_piyo:20200824112019j:plain

この少し奥には雨後の月の相原酒造があります。残念ながらどちらも蔵での販売はしていません。道路が狭いから近所の手前、無理なのかな。寳剱は好きな酒なのですが本格的な酒屋じゃないと買えず、入手性は高くありません。

f:id:cycle_piyo:20200824112051j:plain

安芸灘大橋の真ん中位まで行って戻ろうかと思ったのですが、1-2時間前に「灰が峰を登りきる自信がある」と豪語していたエースが橋へのアプローチでギブアップ。

橋には向かわず引き返して、すっかりお気に入りになった仁方桟橋に寄ってから、仁方の海岸線を走って、呉市街に戻りました。

f:id:cycle_piyo:20200824112124j:plain

f:id:cycle_piyo:20200824112130j:plain

休山トンネル、R31と走って帰宅。80kmちょっとでエース的には丁度良かったみたいです。振り返ってみると、今年は一度も100km走っていない。

f:id:cycle_piyo:20200824112651p:plain

 次は中国山中をのんびり走ろうかと思っています。

清水魚市場・みやもと

清水市、じゃあなくって静岡市清水区の清水魚市場にまぐろを食いにやってきました。

f:id:cycle_piyo:20200813142329j:plain

いちば館は魚販売と食堂、まぐろ館は食堂です。

f:id:cycle_piyo:20200813142334j:plain

いちば館はこの日は空いていました。

一時は年末の買い出しはココにしていて、蟹を買ったりしていました。

f:id:cycle_piyo:20200813142348j:plain

こっちはまぐろ館。

こっちで食べたことはありません。

f:id:cycle_piyo:20200813142404j:plain

いつもは「のっけ家」なんです。

f:id:cycle_piyo:20200813142423j:plain

エースの希望で「みやもと」に初挑戦。

f:id:cycle_piyo:20200813142431j:plain

店内はエスパルスの選手のサインが多かったです。岡崎慎司23とか。

でもお店の方はピエール瀧を猛プッシュ!

f:id:cycle_piyo:20200813142519j:plain

ピエール瀧の「しょんないTV」は広島でもやってました。静岡の商店街で変なゲームをやったり富士スピードウエイで自転車レースしたりする番組でした。ピエール瀧とコンビを組むのは局アナの広瀬麻知子。緩さが面白かったです。広瀬が局アナだからちゃんと仕切るのかっていうとそうでもなくって、元気なだけ。企画によってはピエール瀧に笑わされているだけ。「水曜どうでしょう」ほどではないにせよ他県でも結構流れていたみたいなので打ち切りは残念です。麻薬じゃ仕方ないですけど。

という事で・・・・本まぐろ丼にしました。

美味そうに撮れたかな? 

f:id:cycle_piyo:20200813142455j:plain

 まぐろの後はすきみ(ネギトロ)と由比町しらす購入です。

えーと静岡市清水区由比町か?

今や蒲原も静岡市だからね。

でも、一番ムカつくのは戸田村沼津市なったことかな。

f:id:cycle_piyo:20200813142753j:plain

魚市場の後は久能山東照宮に出掛けました。

しらすは傷まないように車中に残さず氷と一緒に携行しましたよ。

家康殿と初対面。
f:id:cycle_piyo:20200813142528j:plain

 で、晩飯はしらすネギトロ丼。f:id:cycle_piyo:20200813142758j:plain

f:id:cycle_piyo:20200814172653j:plain

年末にまた清水行こ。

 

ブロガーバトン

 実家に帰ってうな重食べたり、まぐろ丼食べたりしてダラダラしていたらラスコ(rasko)さんからブロガーバトンが回ってきました。

rasko.hatenablog.jp

ラスコさんのブログはランニングや釣りの記事から読むようになりました。

瀬戸内をサイクリングしていると釣り人をたくさん見ます。釣りは出来ないのですが、多島海と釣り人っていう情景とその中を自転車で走り抜ける爽快感が好きです。

日頃ランニングは、息の上がらないペースで走る事にしています。インターバルとか目の前が白くなる様なトレーニングは高校時代の事を思い出すからやりません。

そういった付き合い方をしているので、ラスコさんの自分の体の声を聞きながらじっくりと取り組む姿勢は参考にしています。

という事でブローガーバトンです。

f:id:cycle_piyo:20200817013645j:plain

内容について簡単に説明します。

このブログのアイコンはメイなのですが、中三になりました、早いものです。

ラソン大会の記事はレースの様子より次に参加する時のために、交通とか更衣室や手荷物預かりの対応等について書いておく事にしています。

ラソン大会参加の目途は全く立たなくなってしまったのに、在宅勤務の影響で150(km/月)も走っている今日この頃です。

バレーボールの記事は、うっかり選手の悪口を書かない様に気を付けています。

東京オリンピック女子バレー準々決勝第4試合のチケットが当たったので、何とか東京オリンピックが開催されて、日本が第4試合に登場してくれないものかと祈っています。

今年は兎に角コロナで大変だったし、この先も油断ならないので、いろいろ情報収集して日頃の行動にも落とし込んで、生き延びていかねばなりません。

最初の記事はこちらです。

 

cycle-piyo.hatenablog.com

有明海一周のブルべに参加した時の記事です。

この年にサドルを新調して、130kmほど走っても尻が痛くならなかったので、「多分コレなら200km走れる」と判断してブルべにエントリーしました。ブルべについては、ロードバイクに乗り始めた時から興味がありましたが、最短で200kmというのがネックでした。アタリのサドルに巡り合って参加を決意しました。今は樹脂のメッシュのサドルで、これは200kmまで問題なし。ただし夜間走行を数時間することには抵抗があるので300km以上のブルべは今後もエントリーしないと思います。

お気に入りの記事は、敢えて挙げるならばコレです。

 

cycle-piyo.hatenablog.com

Wilierは今でも乗っています。通販の安売りのタイミングに合わせてZONDA、EURUSとホイールを交換してきましたが、フレームを変える予定はありません。というよりBB乱立とかDISC化の波の関係で、次を見つける自信がありません。

さて、ブランクのテンプレートを貼って誰かに回すのが作法だとか。

でも、回り始めて大分経っているし、複数のブロガーを指名された方も多いようなので、どなたにお願いすれば良いか判らん!

という事で頂いたバトンは自転車の横に立て掛けておく事にします。

駿東郡清水町伏見「うな繁」

コロナ禍の自粛嵐の中、実家に帰ってきました。

GW、7月の連休につづいて三度目です。

楽寿園小浜池

小浜池が水一杯でニュースなのだそうです。

f:id:cycle_piyo:20200813123010j:plain

今回は鰻を食べに行くことにしていました。うなぎは好きなんですが広島では食べません。他所ではなく、帰った時に食べるものに分類されています。

ここ最近地元でうなぎを食べるとしたら三島市広小路の「桜屋」か清水町の「うな繁」です。このエリアで地元の人が行くうなぎ屋って言うと下記四店じゃないかと思います。

本町「すみの房」

その昔、今の様にスマホで食事処を検索できなかった頃は、三島でうなぎというと「本町うなよし」でした。今の「すみの房」ですね。おそらく昭文社のガイドブックに載っていた影響だと思います。

「この前、伊豆に行ってさ、帰りにうなぎ食ったよ『うなよし』が一番なんだろう?」というのは沢山の人に言われました。「俺はいつも『桜屋』なんだ」と言っても「ガイドブックには載っていなかった」でオシマイ。

「すみの房」は二度入りました。窮屈な席に通されたので「桜屋の方がゆったりして良いや」って事になって以来行っていません。

f:id:cycle_piyo:20200813121928j:plain

緑町「元祖うなよし」

緑町には「元祖うなよし」があります。

こちらは駐車場が広いので便利です。本町と緑町は、良くあるパータンで、バッグのkitamuraとか信三郎帆布なんかと似たようなものです。本町の「うなよし」が「すみの房」に名前を変えました。

緑町の「元祖うなよし」は、二-三年前に一度くらい行ってみようと思ったときに定休日で食べそびれました。

広小路「桜屋

自分の小遣いでうなぎを食べるようになった大学時代以降、うなぎと言えば「桜屋」でした。鰻そのものだけでなく、座敷やテーブル席の雰囲気も好きです。

桜屋」は平成の始めは、今ほど混む店ではなく、店内のテーブル席でお茶を頂いて十五分程度待てば席に案内されました。いつの間にかお店の外で三十分以上待つ店になってしまいました。TVとネットの影響じゃないかなと思います。このため、最近は足が遠のいています。三石神社の参道とかベンチで時間潰すの辛いです。

f:id:cycle_piyo:20200814172946j:plain

f:id:cycle_piyo:20200813122014j:plain

清水町伏見「うな繁」

で、最近はもっぱら「うな繁」です。ここは元々母親の友達に「桜屋よりこちらの方が好き」と言っている人がいるという話を聞いて出かけたのが切っ掛けです。

味は「桜屋」よりあっさりめです。「桜屋」ほど待たないのと母親もこっちの方がさっぱりしていて好みだという事なので「うな繁」にしています。

f:id:cycle_piyo:20200813122038j:plain

f:id:cycle_piyo:20200813122122j:plain

店内には鰻がらみの浮世絵や釣り具が飾られていて面白いです。

f:id:cycle_piyo:20200813122147j:plain

f:id:cycle_piyo:20200813122154j:plain

f:id:cycle_piyo:20200813122210j:plain

「うな繁」で唯一引っかかる所は、清水町ってところです。「本町うなよし」と「桜屋」の前を通って清水町の鰻屋に行くっていうのは、ちょっとアレです。

一応、三島エリアで鰻は名物って事になっているのですが、母親の友達には三島エリアの鰻は食べないって人もいます。この方は鰻を食べる時は浜松近辺まで出かけるそうです。浜松近辺では蒸さない鰻を食べられるそうです。

そのうち一度行ってみようかと思います。