Kaita City Life 海田市生活

次はどこ走ろうか

北海道茅部郡森町のおすすめ「東光亭」「おおね田」

「東光亭」

森駅前のここで食べる様になってかれこれ20年経ちます。夏休みをこのあたりで過ごす事が多く森はお店が多いこともあり、買出しは森です。森町に買い物に来た両親が「お腹すいた、ラーメンで良いや、丁度駅前に店もあるし」といったノリで入ったのが最初です。両親に数日後れて北海道入りしたボクに「森駅前のラーメン屋さん美味しいよ」と教えてくれたので話半分で出かけて塩バターラーメンを注文しました。それ以来、鹿部に行く時は必ず東光亭でラーメンを食べます。塩バターとワンタンメンが特にお気に入りです。初めて行った時は店舗前の駐車場だけでしたが今は店舗脇にも駐車場が出来ており安心です。

ワンタン、野菜、塩バター

f:id:cycle_piyo:20170818055719j:plain

f:id:cycle_piyo:20170818055725j:plain

f:id:cycle_piyo:20170818055730j:plain

 

「鮨おおね田」

大ネタって事なのかなと思ったのですが大根田というお名前の様です。鹿部ロイヤルホテルのロビーの観光情報を眺めていたエースが「森にミシュランで一つ星のお鮨屋さんがあるよ、行こうよ」と言うので出かけたのが最初。当初は森町の飲食店街(御幸町かな?)に店を構えていたそうですが東光亭の脇の道を登った海の見える所に移っています。噴火湾の魚が基本、味の付いているものもあり色々楽しめます。日頃、回転寿司しか行かない身としては酢飯のふわっとした食感が快感であると共に驚き。ずーっと前に「美味しんぼ」で読んだ酢飯の握り方の講釈を思い出しました。ふわっとしているんだけど崩れたりはしない。おおね田さんは所作も美しく、鮨の見た目も綺麗で、美味しいのでついつい畏まってしまうのですが気さくな方です。広島から来たと言うと「広島は富久長って酒が旨いですよ」と教えて下さったので大威張りで「蔵に行ったこともあり、今田杜氏から手渡しで売ってもらった事もあります」と答えさせていただきました。「この辺りで手軽に買える物だと何がおススメですか」と伺った所「国稀です」との事だったので、それ以来、北海道にいる間は国稀の純米酒を飲んでいます。

f:id:cycle_piyo:20170818181347j:plain

「獺祭」については「最初飲んだ時は衝撃だった、今は落ちたので飲みません」との事でした。強力な援軍を得た気がして嬉しかったです。

 

海田市駐屯地の花火 2017.8.8

一日遅れの駐屯地のお祭り。

f:id:cycle_piyo:20170808224544j:plain

f:id:cycle_piyo:20170808224941j:plain

20:30から花火を上げて21:00終了でした。

f:id:cycle_piyo:20170808224947j:plain

f:id:cycle_piyo:20170808224952j:plain

f:id:cycle_piyo:20170808225032j:plain

f:id:cycle_piyo:20170808225042j:plain

f:id:cycle_piyo:20170808225043j:plain

f:id:cycle_piyo:20170808225053j:plain

また来年。

高根paradisoと弓削島しまでカフェ

高根paradisoでランチ

コース

須波港--忠海港-<フェリー>-大三島・盛港--生口島--高根島--因島・家老渡港-<フェリー>-弓削島・上弓削港--佐島--生名島・立石港-<フェリー>-因島・土生港--生口島・沢港-<フェリー>-須波港 82km

車のデポは須波港にしました。あれっ、店が開いているのにたこ焼き待ちの列が無い。千載一遇のチャンスか?と思ったら「10時からです」との事でした。まず竹原は忠海港に向かいました。

f:id:cycle_piyo:20170806175501j:plain

9:40の船に乗るために忠海へ。忠海港は先週を上回る人人人。そんなにウサギが見たいか?神奈川からウサギ見に来たんか?

と思ったら、翌8月6日の原爆の日に合わせて広島にやってきて、前日は観光って事みたいでした。みーんな大久野島で降りるので大久野-盛間はガッラッガラ。

f:id:cycle_piyo:20170806175515j:plain

 大三島・盛港から生口島瀬戸田サンセットビーチにやって来ました。暑さのせいか自転車が少なかったです。

f:id:cycle_piyo:20170806175525j:plain

滑り台、シーカヤック、ビキニの女性とすっかり夏、でも人は少なめかな。

f:id:cycle_piyo:20170806175549j:plain

売店の横の休憩コーナーには「ろんぐらいだぁす!」と「弱虫ペダル」がありました。「ろんぐらいだぁす!」の女の子たちはお世辞にも可愛いとは言えませんが話は面白そうなので読んでみます。

f:id:cycle_piyo:20170806175557j:plain

古民家カフェ高根paradiso

生口島から橋を渡って高根島にやって来ました。ここでランチするのが今日の目的。f:id:cycle_piyo:20170806175646j:plain

f:id:cycle_piyo:20170806175608j:plain

パスタ、カレー、ハンバーグがメインみたいです。塩レモンクリームパスタとしまししレモンカレーを注文しました。「しましし」って猪の事です。

f:id:cycle_piyo:20170806175621j:plain

枝豆の冷製スープは塩味が良かったです。

f:id:cycle_piyo:20170806175626j:plain

f:id:cycle_piyo:20170806175633j:plain

レモンクリームパスタはフェットチーネ。レモンいい香りがしてチーズもたっぷりで美味しかったです。野菜は種類の違うズッキーニが入っていて凝っていました。レモンはレモン汁と皮をピーリングしたものが加えてあるとの事でした。

f:id:cycle_piyo:20170806175638j:plain

カレーはスパイスが効いてピリっとしていましたが、野菜の味を引き立たせるもので、辛いだけのものとは大違いでした。しまししはルーに溶け込んでいて、ゴロっと猪クンがいるわけではないので大丈夫です。

f:id:cycle_piyo:20170806175653j:plain

食後はココの御夫婦と色々話しました。しおまち商店街の汐待亭とは付き合いがあるらしく、店舗探しというか古民家探しをしている時に見に行ったことがあるそうです。

弓削島へ

食後は因島に渡り、家老渡港に向かいました。14:00の船で弓削島へ。

f:id:cycle_piyo:20170806175701j:plain

この日、弓削港で花火大会があるようです。お店も沢山出るらしい。

f:id:cycle_piyo:20170806175707j:plain

上弓削港を降りてすぐのところにはお好み焼き屋。「鶴瓶の家族に乾杯」で鶴瓶が入ったお店ですね。

f:id:cycle_piyo:20170806175713j:plain

この島にある313kitchenが次のお目当てです。見つけましたが人の気配がありません。

f:id:cycle_piyo:20170806175718j:plain

あちゃー(´△`)お祭りに出店で今日はお休みです。

f:id:cycle_piyo:20170806175728j:plain

ここより賑やかな弓削港に向かいました。

弓削と佐島に架かる橋と佐島と生名に架かる橋です。

f:id:cycle_piyo:20170806175734j:plainf:id:cycle_piyo:20170806175737j:plain

弓削港のメイン会場ではバンドがリハーサル、お店の準備が進行中でした。牡蠣打ちしているお店もありました。この舞台の後ろ、海上に打ち上げ場所がありました。綺麗に見えるとことが沢山ありそう。20:30開始ということで用意のない今年は断念です。

f:id:cycle_piyo:20170806175742j:plain

「しまでカフェ」でアイス食べられるかな?と思って覗くと弓削島の塩が効いたアイスがあるとのこと。とっても暑かったのでしばらく休ませてもらいました。

f:id:cycle_piyo:20170806175750j:plain

去年誕生した上島町ゆるキャラ、「かみりん」です。しまでカフェで買いました。

f:id:cycle_piyo:20170806175804j:plainf:id:cycle_piyo:20170806175928j:plain

弓削大橋の上から弓削港を望む。右下の船が商船高専の実習船です。

f:id:cycle_piyo:20170806175809j:plain

佐島を走るのはほんのわずかの間。生名橋を渡って生名島へ。

f:id:cycle_piyo:20170806175821j:plain

 生名島の立石港にやって来ました。ここも鶴瓶がウロウロしていたところですね。16:00のフェリーで因島に戻りました。 

f:id:cycle_piyo:20170806175904j:plain     f:id:cycle_piyo:20170806175856j:plain

沢港からデポ地須波

因島から生口島に戻り、時計回りに島の南側を走って沢港へ。多々羅大橋を過ぎました。もう少しで瀬戸田、沢エリアです。

f:id:cycle_piyo:20170806175910j:plain

17:40の船で須波に戻りました。ちょうど造船所?で働く人たちの退勤時間に重なったようでした。

f:id:cycle_piyo:20170806175915j:plain

高根島のカフェも良かったし、かみりんも買ってこられて良かったです。

  f:id:cycle_piyo:20170806175923j:plain

 

2017年7月のジョギングのまとめ

月初に風邪をひいて走れませんでしたが以降はマメにジョギングしました。極力、土や芝の上を走るようにしたので足は楽です。8月は北海道で大沼を一周走ってみようかと思います。

夏休みになったせいか瀬野川では広島国際学院の長距離選手と一緒になる機会があります。高校生選手の練習は夕方のようです。4-5人のグループに分かれて決まったペースで走った後、ダッシュとウオーキングの繰り返しをやっています。

他にマネージャーが時間を計りながらバービーとレストの繰り返しなども行っています。多分タバタトレーニングでしょう。

年寄りが体調管理の為に走っているのと部活では全然違います。県内では強豪みたい。

       f:id:cycle_piyo:20170804092402p:plain

ボクはバービーは高校時代以外一度もやった事がありません。キツイし見た目が滑稽だから大嫌いです。    

             f:id:cycle_piyo:20170802125530p:plain

自転車は346kmで今年2000km突破。8月下旬のブルベ、徳島の300kmは遠いので諦めました。

TIOGAスパイダーツインテールのパチモン、460円のVERTUクモの巣サドルを試してみました

TIOGAのパチモン買いました

 キワモノについに手を出してみました。TIOGAスパイダーツインテールのパチモンです。460円なのでした。念のため、何のため?2個買いました。

  

f:id:cycle_piyo:20170801093541p:plain

AMAZONでは無地でしたけど、届いた品はVERTUの文字とシールが貼ってありました。とりあえず重量を測ってみると183g。本家は140gらしいのでレールが安物って事なのでしょうが460円で200gを切るサドルが手に入るなら凄いです。

サドルとして使えればの話ですけれど。

f:id:cycle_piyo:20170731231031j:plain

新宿のy'sで本家をプニプニした事があるのですが記憶に残る感触と比較してパチモン君は相当柔らかいです。シートポストのやぐらに底付きするんじゃないかと不安になるくらい柔らかいです。・・・・しませんでしたけど。ちなみにウチのシートポストはTHOMSON Eliteです。

今はVELOのVL-1220というサドルを使っていて、こいつはぺたっとした平らなサドルです。形状的にselle ITALIAのパクリですよね。amazonで6800円で買いました。219gとまずまず軽量です。これはクッションは薄めでベースが結構しなります。コイツを使ってみてベースのしなり加減が坐骨の痛みにとって重要なパラメータなんだって気が付きました。160km乗っても何とも無くって、初めての「当たった」というサドルです。こいつのお陰で200kmのブルベに出てみようって踏ん切りが付きました。300km座るのはしんどそうですけど。

f:id:cycle_piyo:20170731232541j:plain

このぺったりしたVL-1220と比べて横にも縦にもカーブが大きいです。

f:id:cycle_piyo:20170731232738j:plain

f:id:cycle_piyo:20170731232747j:plain

付けてみた、乗ってみた

面白半分でこれを買っている人は結構多いようですがキチンと固定できないというインプレも見かけます。ウチのはしっかり固定できました。シートポストのトムソンが偉いのか個体差で精度の高いものがあたったかは不明です。また前述のように底付きはしませんでした。

物凄く柔らかいので最初は結構違和感があります。人によってはペダリングしにくいかもしれません。坐骨との接地面が広いのが実感できます。

角度調整で30km走って、そのセッティングで170kmと80kmのライドに出掛けました。全然お尻が痛くなりません。300kmまで痛くならないで行けるかもと期待してしまいました。

 

<ご参考>比較対象の皆さん

まあ、あのー変なパチモンを安さに惹かれて適当にとっかえひっかえしてるってわけじゃなくって普通のサドル経験者です。

完成車付属から離れて一番最初に買ったのはロールス。wiggleでだいたい8000円でした。376gって凄いね。

f:id:cycle_piyo:20170731232512j:plain

その次がコンコール。wiggleでだいたい8000円でした。ちょっと角度を間違えると拷問椅子って事はなかったのでコンコールとコンコールライトは大分違うんだと思います。

f:id:cycle_piyo:20170731232519j:plain

スペシャのROMIN COMP EVO。厚木のスペシャを扱っているお店でふかふかマットの上に座って寸法を調べてからテストサドルを借りました。100kmほど走ってみて購入を決断しました。 13000円位だった気がします。溝の効果は偉大でしたが坐骨周りは 100km位から違和感が出てきて130kmで「もういいや」って感じ。160km走るとなると最後の1時間くらいはきつかったですね。

f:id:cycle_piyo:20170731232535j:plain

テストサドルって事ですとfizikの3兄弟(アリオネ、アリアンテ、アンタレス)は一通り試しましたけど全然ダメでした。

selleSMPもcompositとformaの両方を試しました。悪くは無いんだけど2.5万出してもいいよって程の事は無かったです。一週間のレンタルだとそこまで追い込めないだけかもしれませんけど。坐骨に座面をどう当てるかがポイントだって事が分かったのは良かったです。

460円サドル、今までで一番です。300km行けそうな気がします。暫く付き合ってみます。割れませんように。

TIOGAの本物って何処だったら確実に買えるのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海田市駐屯地の夏祭りは(2017年)8月7日

最近、60周年記念行事で去年やった海田町きん祭よりん祭」の記事が検索されていた。もしやと思って広報海田を確認すると海田市駐屯地のお祭りのスケジュールが出ていた。

雨天時は8/8(火)に順延。->駐屯地に確認した所8/8順延。

      f:id:cycle_piyo:20170802143349j:plain

きっと東京に行っている時なんだろうなと諦めて調べていなかった。

良かった、13音楽隊を聴いて花火見てこよう。

f:id:cycle_piyo:20161001234017j:plain

 

cycle-piyo.hatenablog.com

 

cycle-piyo.hatenablog.com

超短縮版-とびしまなみ

とびしま海道+大三島で超短縮版とびしまなみ

【コース】

海田--音戸--阿賀--竹原道の駅--忠海港--大三島盛港--大三島宗方港--岡村港--上蒲刈島であいの館--呉--天応--海田、170km

とびしまなみに再挑戦

去年、とびしま海道を全線走破して、岡村港から今治港に渡り、しまなみ海道を走破し尾道か三原から輪行という計画を立てました。岡村港を9:35に出るフェリーに乗るべく出発したものの上蒲刈島で土砂崩れによる通行止めに行く手を阻まれて断念しました。ルートを変えると乗ろうとしていた便には間に合いませんし、9:35の次の岡村-今治便は13:30でした。帰ってから「ひろしま道路ナビ」で島の南側は通行止めが無かった事を知りガッカリ。

今年は事前に通行止め情報をチェックした所、問題なし。

輪行がなんとなく面倒臭くなりルートを変更しました。ポイントっていうか動機はこんな所です。

尾道-三原ルートは道狭く車多いので神経使うから走りたくない

向島-因島ルートがさして好きではない

輪行したくない

そういうわけで、しまなみは真ん中だけを走ることにしてルートを考えました。

これが今年のルート

海田--呉--休山トンネル--阿賀--岡村港--大三島宗方港--生口島沢港--須波港--安浦-海田

170km

とびしまなみ短縮版。10:05岡村港発の宗方港行きに乗ります。多々羅大橋を走れるし、生口島の「まきの」、「汐待ち亭」、大三島の「よし川」がランチ候補に上がって来るルートです。「とびしまなみ」って言い切るには少し寂しいですが短縮版って事でこれで行く事にしました。一応、瀬戸田、沢から須波、三原へのフェリーの時刻表と忠海から盛港へのフェリーの時刻表も持って、ルート変更を検討できるようにしました。

ガラケー+タブレット派なのでこういう時はパウチした時刻表とガラケーで出動です。

快調に呉を通り過ぎて音戸へ、音戸?

 乗りたい船が岡村港10:05なので7:00前に出発です。起床は6:00頃が目標。前日飲まなかった事が良かったようで6:00前に目覚めました。簡単に朝食を済ませて6:45に出発しました。唯一混雑する矢野-坂エリアもスイスイ。快調に大和ミュージアム前を過ぎ、アレイからす小島も通過。日新製鋼の横を通り抜け音戸までやってきた所で気が付きました。「あれ、何で音戸にいるんだろう。」「休山トンネル抜けて阿賀に行く予定なのに。」そうです、大和ミュージアムを過ぎたら左折して休山トンネル方面に行かなくては行けないのに右折して音戸に向ってしまいました。10kmチョット岡村港までの道のりが遠くなります。ここから頑張っても、多分、フェリーに間に合わないでしょう。それに暑い中100マイル以上走るので朝からダッシュは掛けたくありません。仕方ない、忠海から大三島に向うか須波から生口島に向うかに変更です。この日は蒸し暑かったものの10:00頃まではガスっていたので比較的楽でした。

竹原・忠海でルート再検討

竹原では「幻」の中尾酒造の前を通って東へ。日が出てくると一気にキツくなったので、家から約75kmの竹原道の駅で涼みつつおにぎりを食べてルートの再検討をすることにしました。

f:id:cycle_piyo:20170731222149j:plain

早めのお昼なら大三島の「よし川」で海鮮丼も良いかな?と思っていたので誤算です。とびしま海道経由で大山祇神社に向うと同じ様に75kmなのです。選択肢は2つ。須波港11:50発の沢(瀬戸田))港行きか忠海港12:00発の盛港行きかです。どちらかでしまなみ海道に移って宗方港14:35発の岡村港行きでとびしま海道に移れば短縮版とびしまなみになります。忠海を選択するとしまなみ海道大三島だけになってしまいます。竹原の道の駅について直ぐフェリーの時刻表を確認すればよかったのですが涼んでゆっくりしてからだったので須波に行くには全力走が必要だし忠海だと港で暇だしという時間になってしまいました。結局、乗り遅れるとルート検討のやり直しになるので忠海港から大三島盛港というルートを選択しました。

ウサギ島経由で大三島

忠海からの船は大久野島経由で盛港に向います。いまや瀬戸内海で最も有名になった感のある大久野島。初めて行ったのは2014年だった様に思います。毒ガス島に行ってみようかという事で出掛けました。忠海港の待合所はボロボロで警備会社のおっちゃんが一人。「車って何処止めたらいいでしょう?」と聞くと待合所横の狭いスペースを示してくれました。船を待つ客はヒスパニックのカップルのみ。フェリーではなく、ボートに乗り込んで大久野島に向いました。シャトルバスをウサギが追ってくる様子を見てたいそう驚いたものです。結局、行ったのはその時だけ。SNSで世界的に注目されるようになってから激変。待合所は立て替えられ、土産物屋ができ、駐車場も大きな第二駐車場が出来ました。

f:id:cycle_piyo:20170731221548j:plain

休みの時はR185沿いに臨時駐車場が設けられる事もあります。船もフェリーばっかりみたいです。もっと驚いたのが連休なんかだと忠海だけでは捌けなくって竹原港から大久野島行きが出ることもあるそうです。インスタ恐るべし。変わり果てた忠海で中華圏の人々とフェリーを待ました。話それますけど、第二駐車場の先にアオハタの体験施設があって結構面白いと思います。

愛媛国体ロードレース開催コース大三島

 さて、大三島です。生口島を走らない分、大三島をシッカリ走ってみる事にしました。この島は北側半分や井口港から大山祇神社に抜ける道は走ったことがありますが、南側は走った事がありません。このエリアのアップダウンがキツイという評判を良く目にするので盛港から時計回りに島を周回して宗方港に向う事にしました。多々羅大橋の下のコンビニでバナナを買って進みました。キツイと評判の島の南側、すばらしいコースでした。景色良し、道綺麗、車来ない。高速をくぐる辺りから宗方港まで一台も車に合いませんでした。アップダウンは真夏のクソ暑い時期の昼以外なら大丈夫かと思います。ボクがすれ違ったレンタサイクルの方々は相当へばってました。大三島一周、おススメです。真夏以外。

f:id:cycle_piyo:20170731221629j:plain

f:id:cycle_piyo:20170731221700j:plain

瀬戸内の島々にありがちな廃校になった校舎を転用した憩いの家を過ぎて宗方港着。f:id:cycle_piyo:20170731221807j:plainここでも30分以上待ち時間がありましたが扇風機にあたって14:35の便を待ちました。f:id:cycle_piyo:20170731221815j:plain

f:id:cycle_piyo:20170731221821j:plain

ようやくとびしま海道

岡村港に15:00前にやっと着きました。予定では朝10:05にここからフェリーに乗る予定だったのです。すっかり夏とあって「まるせきカフェ」にも氷の幟が出てました。

f:id:cycle_piyo:20170731221953j:plain

何時ものように豊島の伊藤本店の前で一息つきました。

f:id:cycle_piyo:20170731222014j:plain

上蒲刈島のであいの館に久しぶりに立ち寄り大三島で買ったバナナを食べて一休み。

f:id:cycle_piyo:20170731222033j:plain

f:id:cycle_piyo:20170731222053j:plain

呉は花火大会の日だった様で浴衣の女性が一杯でした。

R185、R31と走って海田町に帰りました。

 

結局とびしま+大三島

結局こういうルートでした。 

 170km

11:00頃に竹原道の駅に着いてから14:58に岡村港に着くまでフェリーの待ち時間やフェリー乗船で休んでばっかりでしたが32-33℃まで気温が上がっていたので良かったかもしれません。

先月は浜田往復で200km走りましたし、今月も170km走りました。100マイルは割りと普通に走れるようになったので楽しいルートを見つけて8月も走ります。