Kaita City Life 海田市生活

次はどこ走ろうか

倉橋島「かず」の刺身定食- CARRERA NitroSL再デビューサイクリング -

台風一過、何とやら。倉橋島に刺身定食を食べに行くことにしました。いつもの道を通って大和ミュージアム前へ。

f:id:cycle_piyo:20170919063700j:plain

出発が遅く、呉で12:00過ぎていました。久し振りにアレイからす小島の港町珈琲店に寄り、フレンチトーストでお腹を持たせました。混んでいて出てくるの遅かった・・。

f:id:cycle_piyo:20170919062951j:plain

f:id:cycle_piyo:20170919063708j:plain

 この日は警固屋バイパスを通ることにしました。バイパスの分岐は自転車進入禁止です。警固屋ドック少し先の階段を上ってバイパスの歩道に出ます。

f:id:cycle_piyo:20170919062946j:plain

f:id:cycle_piyo:20170919063809j:plain

第二音戸大橋を通って倉橋島へ。

f:id:cycle_piyo:20170919063819j:plain

倉橋島の宇和木トンネルへの上りは長い坂です。サイクリングが8月上旬以来のエースはキツかったようです。宇和木トンネルからの景色はいつ見てもいいです。

f:id:cycle_piyo:20170919062957j:plain

やって来ました。桂浜の「かず」です。右がお寿司屋で左が喫茶店という作りですが中でつながっています。この日は「左からどうぞ」という事で喫茶店に入りました。

f:id:cycle_piyo:20170919063255j:plain

広島x阪神@甲子園。カープ1-0でリード。ビールグラスのお客さんは職場の優勝日予想でこの日に賭けていたそうです。「わし、今日勝てば数千円儲かるんじゃよ。」

f:id:cycle_piyo:20170919063858j:plain

「かず」の刺身定食。お刺身は日によって違います。ありえない1300円。CafeSLOWに比べると認知度がいまひとつだと思いますが、カレーとかハンバーガーじゃなくって、定食とかうどんが良いって言うんなら絶対お勧めです、「かず」。

f:id:cycle_piyo:20170919063906j:plain

 この日も綺麗だった倉橋の海。シーカヤックをしている人がいました。

f:id:cycle_piyo:20170919065559j:plain

海をちょっとだけ見て倉橋とお別れ。江田島経由で帰ります。

f:id:cycle_piyo:20170919063055j:plain

釣士田を抜けて早瀬大橋を目指しました。学校から離れたところにある明徳小学校のプール。このちょっと先の藤脇で安徳天皇が休んでいった、らしいです。祠があります。

f:id:cycle_piyo:20170919065805j:plain

あまり好きでない早瀬大橋を頑張って上ってきたエース。

f:id:cycle_piyo:20170919063050j:plain

 豆ヶ島の手前で「豆ヶ島でソフトクリーム食べようよ」と後ろから声を掛けてきたので寄ることにしました。ここは何遍も前を通っていますが、むき出しのリゾート感に馴染めず、寄ったことがありませんでした。エースにとっては前から寄ってみたかったところだそうです。16:00で営業終了のところに16:15着。諦めずにソフトクリームが食べられるか聞きに行くエース。

f:id:cycle_piyo:20170919063027j:plain

やったー。

f:id:cycle_piyo:20170919063042j:plain

 何時もの切串港ではなく、小用港へ。

f:id:cycle_piyo:20170919063433j:plain

なーんも時刻表を見ないでやって来ましたが、20分ほど前に船は出ていて、次は約一時間後。結局、何時もの切串港吹越桟橋へ。

f:id:cycle_piyo:20170919064103j:plain

吹越桟橋で呉ポー行きに乗船しました。

f:id:cycle_piyo:20170919063506j:plain

カープ優勝。緒方監督のインタビューをやっていたのでわかりました。

他所から来た阪神ファンのワタクシが思うに、広島の皆さんの緒方監督に対する評価はあんまり高くないです。黒田が復帰した年に4位になったのがまずかった。野村謙二郎に対しては好意的に思えます。カープを再建してくれた人って感じ。

去年の交流戦あたりからカープファンの意見は大体こんな感じ。

カープは本来強い。

勝って当然。

あいつ(緒方監督)が変な事をすると負ける。

TV見てる感じだと北別府なんかもあんまり評価していなそう。

今年についてはコレに尽きると思います。

黄金時代再来!!

緒方監督が名将と呼ばれる気配は今の所なし。

f:id:cycle_piyo:20170919063515j:plain

帰ってきました。正面に呉ポー。左に絵下山。

f:id:cycle_piyo:20170919063130j:plain

はためく鯉のぼり。

カープ優勝!おめでとう!!(ボクは阪神ファン

f:id:cycle_piyo:20170919063541j:plain

ここから約10キロを走って自宅へ。

また行こう、倉橋。

BRM910福山200 -鞆の浦から糸山いって亀老山のぼって福山城へ-

福山駅前でブリーフィング

今年三本目のブルベは、AJ近畿の福山200。福山発着で亀老山ヒルクライムつきのしまなみ海道往復です。

スタートが福山駅北口で時間も7:00なので割りと楽でした。朝5時に海田町を出て、6:15頃に福山駅前着。

 6:30ブリーフィング開始も事前にHP掲載の内容と変更無く再確認でした。

f:id:cycle_piyo:20170911220916j:plain

鞆の浦で通過チェック

福山駅を出発後は芦田川沿いを走り鞆の浦へ。通過チェックはカードと常夜燈。f:id:cycle_piyo:20170911220914j:plain

戸崎港からしまなみ海道

戸崎港までの道は初めてだったので他の人に着いて行きました。持っている地図データだとGARMINの表示は所々海上でした。ちょっとボクにはペースが速く、8:20頃に向島行きに乗船。200円はちょっと高い気もしましたが乗る人が少ないのかな。

f:id:cycle_piyo:20170911220924j:plain

これで向島に入ると知っている道ばっかり。ペースを落として進みました。

因島は最近では海沿いばっかり走っているのですが久しぶりにフラワーパークの前を走りました。生口島は普段だとお食事スポットなのですが今回のコースやトライアスロンの関係で素通りでした。ポッケからカロリーメイトを出してしのぎました。で、普段は寄らない多々羅の道の駅へ。

多々羅で通過チェック?

サイクリストの聖地の碑の方にブルベ参加者がいてオブジェに自転車を乗せて写真を撮っています。碑に自転車を立てかけて写真を撮っている人もいます。後からやってくる人も同様。急に不安になります。

通過チェックの写真って鞆の浦と亀老山だけじゃなかったっけ?

ブリーフィングで多々羅の事なんて言ってなかったよな?

不安になって、皆に倣って2枚写真を撮りました。もちろん認定には必要ありませんでした。マヌケな話です。

f:id:cycle_piyo:20170911220939j:plain

f:id:cycle_piyo:20170911220955j:plain

Wilier3兄妹、ローソンで補給

やっぱり多々羅は食べようと思うものが無かったので、伯方SC近くのローソンにおにぎりを買いに寄りました。コンビニの日陰で父娘の二人組みがお弁当を食べており、その2人の自転車がWilier!3台そろい踏みでパチリ。f:id:cycle_piyo:20170911221028j:plain

ここで食べておけば亀老山を上るころには力が出るはずです。亀老山までは、戸崎港までを急いだ分の回復に努めてゆっくり進みました。

亀老山ヒルクライム

亀老山は春に一度上っているので分かります。最後の駐車場手前で傾斜がきつくなるのでゆっくり進みました。止まりはしませんでしたがノロノロです。

 

cycle-piyo.hatenablog.com

途中でクロモリのおっちゃんに「こんなキツイ坂だと思わなかったよ」と言われながら抜かされましたが、ルートラボ等で確認していても実際に走って「えっ、何これ?」と思った人は多かったんじゃないかと思います。上に着いて直ぐにスポドリ一本買って飲み干しました。

亀老山が通過チェックになるって知った時は、駐車場脇の亀の写真になると思っていたので「展望台の地図とシューズを写真に」と言われた時は大ショック。

「えーっ、階段上りたくないよ、駐車場からの景色で十分だよ」

駐車場から展望台まで歩くのきつかったです。

f:id:cycle_piyo:20170911221006j:plain

時間がお昼前なので来島海峡大橋の写真はこんな感じ。パッとしません。4月に来た時は夕方だったので潮流で海の色が全然違っていて綺麗でした。また、夕方から気の早いカップルが夜景を見に集まり始めていました。今回は糸山で折り返して福山に戻らなくてはならないのでこの時間、仕方ないです。

f:id:cycle_piyo:20170911221012j:plain

亀老山を過ぎてしまうとコケたりしなければ走りきれます。

伯方SCで塩アイスを食べようか迷いましたが、迷っているうちに通り過ぎてしまいました。亀老山の前でボトルが空になっていたので水を買うためにコンビニへ。

ハチに刺される

水をボトルに移してから座って殿部のストレッチをしようとして、座り込んで靴を抱え込んだ途端に左薬指に激痛が走りました。途中でウエアに棘がつきそれに触れたからと思い、確認しますが何もありません。そもそも靴を掴んだ時に痛かったのだから棘は関係なかろうと思ってシューズを改めて確認するとベルクロとベルクロの間に蜂がいました。格好からして多分アシナガバチです。蜂に刺されるのは小学校以来です。刺された所を押してみましたが針は出てきません。FDの操作できるかなと心配になりましたが幸運にして10分ほどで痛みが引いてくれました。

行きは寄った多々羅の道の駅もお土産のお菓子ばっかりでパンとかオニギリが無い事が再認識できたので通過です。

皆さんご声援ありがとう

生口島は普段なら寄りたいところが一杯で迷うのですが今回は南側がルートなので黙々と走りました。途中で反対車線を走るおねーさんに「がんばれー」と声を掛けられました。タスキをしたりベストを着たりして走ってくる人がポツポツいるのを見てブルベだって分かったのでしょうね。

因島に入った所でおじさんの集団に抜かれます。「がんばれー」と声を掛けてくれるのですが大分疲れていて反応する元気なし。すると引き締まった体でよく日に焼けたおっちゃんに横に着けられてました。

「10時間切れそうか?」

「全然無理」

ボクは7:00スタート組、因島に入ったのが16:00頃なので17:00までに福山城ってありえません。

同じコンビニで休む事になり、あれこれ聞かれました。皆さんブルベだって分かって声かけてくれてました。でも、みんなの質問には、ボクじゃなくって「りょうちゃん」って札を自転車につけていたさっきのおっちゃんが答えてくれました。

「今日のは福山から往復」

「200なんだけど帰りに亀老山にのぼらにゃーいけんのよぉ」

「りょうちゃん」たちは楽しそうにガヤガヤして休んだ後、サーッと走っていきました。「りょうちゃん」にはそのうち中国地方のブルベで会う事があるかもしれません。「りょうちゃん」は良い体していて乗車姿勢も綺麗だったので、寄り道しすぎないで走れば10時間掛からないで200km走れるんだろうな。

 ようやく尾道

その後も一人で淡々と進んで17:20頃に向島の渡船乗り場にやって来ました。この時はもう着いた気になっていて、まさかここから1時間以上掛かるとは思っていませんでした。

 

f:id:cycle_piyo:20170911221038j:plain

 

福山城はいずこ?

 尾道に上陸して数km走った所で完全に終わってしまって最後の10km位はバタバタでした。「福山城福山城」とブツブツ言いながら視界に福山城が現れるのをひたすら待ちました。福山城を遠目に確認で来た時は、それはそれは嬉しかったです。毎回180km位で終わっちゃいます。学習能力無さすぎ。

ゴール、福山城湯殿

ゴールは福山城内、湯殿でカード提出です。

この日はブルベの後に福山でお風呂に入ってから帰る事にしていたので、知り合いに会ったり、ドライブしていたエースが福山城で待っていました。「18:00帰還は厳しいかもしれないけど19:00には戻るよ」と言って出かけたらしく、言った通りだとお褒め頂いたのですが、そんな事言ったっけ?

f:id:cycle_piyo:20170911221019j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20170911221033j:plain

お風呂に寄って海田へお帰り

駅前の駐車場までは自転車を押してエースと徒歩で向かいました。今日も一日付き合ってくれたGTRくんを車に積んで福山市内の「ぐらんの湯」に向いました。

f:id:cycle_piyo:20170913042451j:plain

ナビ君に妙に狭い道を通らされて「ぐらんの湯」に到着。

f:id:cycle_piyo:20170911221037j:plain

 

「ぐらんの湯」で一時間ゆっくりお風呂に入って、とんかつとから揚げを食べてホッとしました。食事中の話題は、ブルベの事でもエースのドライブの事でもなく、もっぱらまさゆめ(masayumex)さんの弱ペダサイクリングでした。

「まさゆめさんの走力をもってしても、あざみで真っ暗になる」という自分の予想をエースに説明してました。「あざみで夜になってみ、ほんっとーに真っ暗だから」「真っ暗ん中、崖みたいな坂下るの怖いぞぉー」とか何とか語っていました。

f:id:cycle_piyo:20170913042456j:plain

f:id:cycle_piyo:20170913042501j:plain

 

シッカリ食べた後は、海田までの道のりの半分までボクが運転して、残りをエースにお願いして帰宅しました。

 

皇后杯2017 -中国ブロックラウンドの結果と宮下遥さんの近況-

皇后杯中国ブロックラウンド初日

広島県立総合体育館にやって来ました。競技開始12:00で6試合を一面でやるってありえない気がするけど組み合わせを見ると「そうかな」という気もします。

海田から広島バスセンター行きのバスで市内へ。鎌倉パスタで豆腐パスタを食べて総合体育館へ。

f:id:cycle_piyo:20170908205602p:plain

三試合目の広大戦から観戦です。

広大は西日本インカレで決勝まで進むようなチームなので見たいし、誠英は去年PFUをアオリまくっていたので今年はどんなチームだろうかというのが気になります。

広大のバレー部は気にかけた事が無かったのですが西日本インカレでパンフを見てみると、強豪高校の卒業生が一杯いました。チームがタイトル取ったり、自身が優秀選手に選ばれたような選手が数人。ボクは古賀紗理那を追っかけて熊本信愛の試合はそこそこ見たのですが「いーぞ、いーぞ玲奈」の津口玲奈がいてビックリ。「そーか、君西条にいたのか、今度『満天』で奢るよ」と独り言。バレー部の子は教育学部第四類健康スポーツ系にいる様です。やっぱり広島高等師範のブランドは凄いのですね。

岡山シーガルスと大野石油は今季チャレンジで争うって事で見ておきたいですね。特に松本、高本の両輪が抜けた大野石油がチームになっているのかは気になるって言うのを通り越して心配です。

順当に行くと岡山シーガルズなのは明白です。

広島大 2-0 安来高校

津口(3年-熊本信愛)はキレ抜群でした。良く笑う選手です。

f:id:cycle_piyo:20170911212131j:plain

誠英の監督がこんな所で観戦。広大がシーガルズに勝たないと広大-誠英は無かったので、チームのチェックというより浴田の応援?

f:id:cycle_piyo:20170911224220j:plain

セッターは坂梨(3年-熊本信愛)。古賀紗理那の同期。南関東総体、千駄ヶ谷で応援しました。

f:id:cycle_piyo:20170911224247j:plain

キャプテンでエースは浴田沙織(4年-誠英)。「えきーだ、えきだ、えきだー、HuHu」ってやつはこの日もやってました。

f:id:cycle_piyo:20170911212153j:plainf:id:cycle_piyo:20170911212234j:plain

浴田の対角は廣瀬愛(2年-金蘭会)、結構パワーあります。

f:id:cycle_piyo:20170911212909j:plain

センターの一方は高良美祐(4年-東龍)でした。比金みなみ、熊本比奈とインターハイ勝ちましたよね。ボクの斜め前に鼻筋の通ったスマートな女性が座っていました。横顔がそっくりだったので高良の母上って事にしてあります。

ボクは広島で沖縄料理屋に行く場合、西条の「おもろ殿内」か流川の「うちなー」なんだけれど高良は何処に行くのかな?

f:id:cycle_piyo:20170911212221j:plain

 もう一枚のセンターは駒田愛実(2年-九文)。東レの中島と福岡大セッター馬場が同期。

f:id:cycle_piyo:20170911212248j:plain

一年生が伊藤侑夏(1年-京橘)たった一人なのですがポジションとって頑張っています。来年4-5人取らないと後が大変ですね。

f:id:cycle_piyo:20170911212848j:plain

 

誠英高校 2-0 ENJOUE

ENJOUEは読み方が分からないのですが、8人!しかいませんでした。普段どうやって練習しているんでしょうか?

通路に立ってこの試合の写真を撮っていたのですが、横で浴田沙織が股割してました。

誠英は昨年の皇后杯ではPFUからセットを取っていました。その時のメンバーも残っているんだろうな、と思ってみていると、ヤッパリいました。1林田愛佳は打点が高かったです。

f:id:cycle_piyo:20170911213047j:plain

4ヒックマンジャスティスはさすがに高校女子バレー特有の刈上げにはしてませんでしたが短くしてピタピタにまとめていました。国体も楽しみです。

f:id:cycle_piyo:20170911213059j:plain

岡山シーガルズ 2-0 至誠館

練習が始まるとイケメンがゾロゾロ出てきてビシバシ強打です。いつのまにやらwithBが3人も!!岡山といえば河本おじさんが一人で仕切るのが定番でしたが変わったみたい。

f:id:cycle_piyo:20170911213239j:plain

センターは川嶋と居村でスタートして、大楠と田口に代わりました。ボクはシーガルズにあまりと言うかほとんど興味が無いのですが、何故か川嶋は好きです。速攻をびしっと決める所を見られて良かった。

f:id:cycle_piyo:20170911213400j:plain

この相手でも佐々木が出るんだ、ふーん、と思って観戦。ヤッパリ全然格が違って至誠館は全く対応できていませんでした。

f:id:cycle_piyo:20170911213412j:plain

佐々木の対角が吉岡美晴。力強いスパイクで圧倒していました。

金田はベンチ、川畑愛希はボク達の近くにいました。

f:id:cycle_piyo:20170911213607j:plain

セッターは最初は宇賀神、交替で高田が上げていました。

f:id:cycle_piyo:20170911213411j:plain

西日本インカレで「何か凄いでっかい人がいるよ」とエースに言われて思い出したのがこの人です。この日も「あの辺に凄くおっきい人がいるよ選手じゃない」とエースがその存在に気づいていました。棒シンムイこと張シンムイは今は至誠館にいます。共栄の頃に比べると不貞腐れる事が少なくなっているように感じられました。森川幸のトスじゃなくても打てるようになったみたいです。

f:id:cycle_piyo:20170911213302j:plain

さて、あの人はというと

女子コートでは中国学園と大野石油の試合中でしたが、男子の試合が先に終わり隣のコートが空きました。と、この人たちがやって来てトスの練習をしようかなーって所で役員の人かなんかがやって来て追っ払われていました。これは退散する所です。

f:id:cycle_piyo:20170911213420j:plain

大野石油 2-1 中国学園大学

川畑と菱川が打ちまくって1セット目は大野を追い詰めて、2セット目は奪取。でも3セット目はバテてしまって大野に振り切られてしまいました。

f:id:cycle_piyo:20170911213717j:plain

f:id:cycle_piyo:20170911213737j:plain

セッターは長谷川侑南で、新体制から間もない事を思うとマズマズでは。

f:id:cycle_piyo:20170911214004j:plain

WSは吉里遥が前の時は良いのですが、彼女が下がって前衛が2枚になるスロットが全然回りませんでした。

f:id:cycle_piyo:20170911214016j:plain

中国ブロック代表は岡山シーガルズ

9/10は岡山-広大、誠英-大野石油からスタート。

この日はBRM910福山200に参加して自転車漕いでました。

準決勝

岡山シーガルズ2-1広島大

誠英2-0大野石油

決勝

岡山シーガルズ2-0誠英

という事で中国ブロック代表は岡山シーガルズです。

広大残念、誠英やるね!

広大の最後の試合は全日本インカレになりました。関東の学校ばっかりに気をとられてないで隣町の西条のチームも応援しないと。

 

八幡高原聖湖マラソン大会でアシスト任務遂行

北広島町で行われた聖湖マラソンでハーフマラソンを走ってきました。唐突に自分もハーフマラソンを走ると言い出したエースを引いて21km。残り1キロで「おしまい」の花火の音を聞きながらもスタート地点に無事戻ってきて2時間36分でゴールしました。もう計測終了していたので記録証もなし。でもエースは充実感一杯だったのでアシスト任務は合格点です。

標高が1000m高く、湖畔の木陰を走るので暑くないですし、アップダウンもそれなりにあるので速い人もそうでない人も楽しめるコースだと思います。

賑わうやわたハイランド191リゾートへ

やわたハイランド191リゾートは自宅から90kmの彼方。なんだけど海田大橋から広島都市高速に乗れば、戸河内ICで降りるまでずーっと高速。戸河内から先は信号がほとんど無いのでスイスイ走れるだろうから一時間半かなって思っていたら本当に一時間半でつきました。

f:id:cycle_piyo:20170904204223j:plain

八時半の段階でお店は、ほぼready。食べ物一杯あって賑やか。スポーツ店まで出店していて、asicsとMIZUNOが大幅割引だったので、衝動買いてしまいました。

f:id:cycle_piyo:20170904203936j:plain

f:id:cycle_piyo:20170904203954j:plain

太鼓を披露する女子学生チームはピリピリムードでチームミーティング中でした。

f:id:cycle_piyo:20170904204200j:plain

 参加者にはスキー場のセンターハウスが開放されていて多くの人が敷物で場所取りしてくつろいでいました。

f:id:cycle_piyo:20170904204808j:plain

我々もレジャーシートを敷いて、その後で受付してTシャツとゼッケンと山菜弁当引換券を受け取りました。Tシャツなかなか良いです。

f:id:cycle_piyo:20170904204024j:plain

スタート、ほぼ最後尾を走行

ストレッチしたり鉄板焼きを食べたりトイレに行ったりして10:30のスタート時間を待ちました。どうせゆっくり行くので最後尾付近でスタート。

スタートして直ぐは日差しが厳しいかなと思ったのですが、すぐに森の中に入り、涼しい中を走りました。

f:id:cycle_piyo:20170904204516j:plain

8.5km位まで来た所で折り返してきた先頭ランナーとすれ違いました。

途中、トイレつきの給水所は二箇所。同じルートを往復するので都合4箇所でした。二つ目のトイレでボクとエースで順番にトイレを使用。ここで大分時間がかかってしまいました。折り返し地点に80分以内に到達しないと回収されて車でお帰りとなってしまいます。ずーっと7分30秒位のペースで走っていましたが、折り返しまでの残りの1キロは6分30秒にペースアップ。残り約1分で折り返し通過しました。エースは折り返しの所にいたおじさんに愛想を振りまいていましたが「ペースアップ、ペースアップ、間に合わないよ」と急かされました。まあ、実際その通りになりましたが。f:id:cycle_piyo:20170904204523j:plain

折り返してからも淡々と進み、時折エースが歩きそうになるとペースを落として、とにかく歩かないで進みました。復路は歩いている人が沢山いたので、その人たちを抜かして先に進みました。歩いている人の半数以上、ザックリ7割程度はasicsのnewyorkみたいでした。

何とか帰還、でもタイムオーバー

残り1キロ半位の所でカメラマンがいたのですが、手を振るエースに「あと4分だから厳しいかもしれないよ」と教えてくれました。分かってます、4分で1.5キロなんて走れません。残り1キロで花火の音が聞こえました。2時間半経過って事です。それでも、すぐそこがゴールですから走り続けました、ゆっくりだけど。ハイランドリゾートに入る直前ではカラーコーンの片づけが始まっていました。ゴールゲートのある広場も何だか人がごった返してわけわかんなくなっていましたが一応ゲートをくぐってゴール。GARMINを止めて時間を確認すると2時間36分でした。ゴール直後にもらったスポドリを一気に飲み干しました。山菜弁当も頂きました。

f:id:cycle_piyo:20170904204426j:plain

エースは先週の土曜に道後山クロスカントリーパークで走った15kmが人生最長走行距離でした。高校時代にマラソン大会で20km程度の距離を走らされた人は多いんじゃないかと思います。ボクもそうでした。でもエースの母校にはそういうのは無いんだそうです。先週が人生初の15kmで今回が人生初の20km。そんなかんなを考えると、まあ良く6分遅れで辿り着いたモンです。

ほっとしてゴールを振り向くと既にロープが張られてゲートが通れなくなっていました。歩かないでよかったです。ゴールゲートの有り無しは気分が違います。ちょっと後にゴールしたおじさんがプリンターの並んだデスクに向うも、係りの人に「二時間半の時点で計測は終了したので、もう完走証のプリントアウトは出来ないんですよ」となだめられておりました。「用紙なら差し上げられますよ」と用紙を手渡されて撤収してました。

片づけが始まる中、制限時間に間に合わないゴールでしたが、無事に走って帰ってこれてアシスト任務完遂です。

次は江田島

この次のランニングイベントは江田島で行われるヒロシマMIKANマラソンです。

ゲストランナーは加納由理さんって人で世界陸上の代表経験があってサロマ湖ウルトラマラソンの優勝者なんだとか。去年のゲストランナーは箱根区間賞の日体大主将秋山くんでした。で、世羅高出身のJFEの選手にちぎられていました。今年も実業団の選手がやってきて、上位は凄い走りをするんじゃないかと思います。

味平海田店が9月18日で閉店

タイトルの通り9/18閉店です。残念ですね。

f:id:cycle_piyo:20170904203729j:plain

f:id:cycle_piyo:20170904203744j:plain

2017年8月のジョギングのまとめ

今月は123.7km走った。

            f:id:cycle_piyo:20170901133526p:plain

11日から21日まで夏休みをとり、静岡、東京、北海道と転々としたけど、ランニングシューズを携行して5回走った。実家に帰った時は、早起きしてメイが寝ている間に走り、その後、沼津の千本浜に一緒に泳ぎに行ったので、この日は結構疲れた。

f:id:cycle_piyo:20170902000658j:plain

北海道は20℃程度だったので割と気分良く走れました。走った後、近所の温泉に出かけて汗を流しました。鹿の湯、亀の湯と南茅部保養センター南茅部保養センターは森のすし屋、おおね田さんに教わりました。特に亀の湯が面白くって、イマドキ番台付き。体重計も何時の時代からあるんだってヤツでした。 

      f:id:cycle_piyo:20170904205201j:plain

                                               f:id:cycle_piyo:20170902000815j:plain

                                               f:id:cycle_piyo:20170902000833j:plain

                                               f:id:cycle_piyo:20170902000844j:plain

 道南は良いお風呂が沢山有ります。今年入ったのは、上記の他だと湯の川温泉の雨宮館と久々に八雲の銀婚湯。その代わりって言うのも変ですが函館の漁火館には寄れませんでした。

広島に戻ってからは聖湖マラソン対策って事で道後山クロカンパークにお出かけ。男子高校生2チーム、女子大2チームの合宿に混じってトコトコジョギング。のろくってもコースが広いので気にしなくて大丈夫。お喋りに夢中になりながら走る女子大生にぶっちぎられながら走りました。

                                   f:id:cycle_piyo:20170902000935j:plain

f:id:cycle_piyo:20170902001559j:plain

f:id:cycle_piyo:20170902001646j:plain

2時間ほど走ってからお風呂に入り、食堂で夕食。先回同様に塩焼きそばを頼み、初めてアジフライを注文。塩焼きそばは、ヤッパリ美味しく、アジフライは表面の衣がサクサクで中の魚はフワフワ。ここの食堂のおばちゃんは取り立てて愛想が言い訳でもなく、さりとて無愛想なわけでもない。それで調理は早くて美味しいからポイント高い。今度来た時は鳥のから揚げとかも頼んで腰据えてビール飲もうかな?やたらな飲み屋さんより美味しいし安い。塩焼きそば500円で、アジフライ400円だったかな。問題はここから海田町の自宅まで120kmあって2時間ちょっとかかる事。走った後に飲まないエース一人で帰り道を運転するのはちょっとキツイ。

広島を離れた期間が長くて、最後の週は風邪引きそうになったので、自転車には一日しか乗らなかった。9月はブルベ2回なので楽しみ。台風を避けられます様に。

エースのロードバイク(6) クロモリクロスバイクの11sドロップハンドル化で変速調整

ケーブルテンション調整の巻

一通り、配線したので張りを調整します。

 

FD取り付け

FDの取り付け位置はいじりません。稼動域はチェーンをつけた後に再確認です。ワイヤー交換でFD側のみインラインアジャスターを挿入しました。

FDの高さはFDに付いてくるシールに従って決め、チェーンリングとの平行はFDのプレートにアーレンキーを当てて行うというごく普通のやり方です。

コダスポは3x7sの構成だったため、2x9sにする際にFDはM-191から手持ちのFD-3400に変更しました。これだとエースにとってはFDが重いということだったのでFD-5800に変更したという経緯があります。FDの位置は軽さ重視で高めにしたつもりです。高くすると軽くなる反面、反応は遅くなります。また高すぎるとチェーン落ちしやすくなりますがチェーン落ちはこれまで起きていません。FD-5800(6800)はてこ比の関係で前世代より軽いですし、テンション調整も容易です。

RD取り付け

RD取り付け後、ワイヤーもチェーンも張っていない状態でアジャスターボルトで稼動域を調整しました。ロー側へはディレーラーを手で押して動かしました。

チェーン取り付け

11sのチェーンカッターはBIRZMANを使っています。icetoolzの11s用はカンパ向けしか出ていません。ロードバイクに乗り始めた頃はクランクブラザーズの携帯ツールセットのチェーンカッターを使っていたのですが房総の先っぽの方でアウタープレートが一枚外れかかっているのを見て焦ったのがきっかけで、専用品を買いました。SHIMANOの純正品は一度も使った事が無いのですが、店頭でみると安っぽい感じなので、性能、特に精度はイマイチなんじゃないかなと思っています。HOZANのC371は6-11sらしいのでそのうち買換えたいです。

f:id:cycle_piyo:20170518011354j:plain

チェーンはCN-5800です。Wiggleから買ったら見慣れた紙の箱なしでビニール袋に入っただけのものが届きました。片側だけ刻印があるので表裏があるタイプなのだと思います。コネクトピンは最初からアウタープレートに差してありました。

f:id:cycle_piyo:20170518013455j:plain

114リンクでした。今まで買ったやつって116リンクだったような気がするのですが・・・。まあ、110にするか112にするかって所なので構いませんけれど。

長さはアウタートップで決めました。X-toolsのチェーンフッカーもあるのですが個人的には靴紐の方がいいです。f:id:cycle_piyo:20170518011615j:plain

フロントアウター、リアトップでガイドプーリーとテンションプーリーを結んだ線が床に垂直になる長さを基準にしました。結果112リンクで9sの時と同じです。f:id:cycle_piyo:20170518011727j:plain

f:id:cycle_piyo:20170518011718j:plain

FD調整

FD調整もえふえふてんちょー先生について行きます。

フロントディレイラー調整 簡易セッティング 大幅更新 : えふえふぶろぐ

クランクを回しながらFDのアームを押したり離したりしてプレートを動かし、内外でチェーン落ちなく変速できる事を確認します。

FDにケーブルを張る場合、インナーからアウターに変速できるだけの張力でケーブルを張るのはナカナカ難しいと思います。ボクはペンチで引っ張りながらケーブルを張って、それでも変速できないので、インラインアジャスターで張力を上げてインナーからアウターに変速できるようにする、というやり方をしていました。で、アウター側でトリムが働かなくてやり直しというパターンに陥る事が多かったです。FDは位置調整もさることながらケーブルを張るのが大変だったので調整に結構な時間を要していました。

・アジャスターを張力を高める側、緩める側の両方に動かせる所にしておく。

STIの小さいレバーを操作してインナーに落ちる状態にしておく。

・FDのアームを手で押してプレートをアウター側に移動させる。

・アームを押したままケーブルを張る。

STI操作でインナーからアウターに変速できるか確認。

(アウターに乗らない時は張りなおし)

・アジャスターで微調整。

メンテスタンドでここまでやって三本ローラーでチェックします。メンテナンススタント上では変速しましたが、三本ローラー上で自転車をこぐとガラガラ言うだけでアウターには上がりません。アウターに上がるまでアジャスターで張力を高めて一区切りとしました。こういう事があるので三本ローラーは助かります。

アジャスターに全てを託してケーブルの張力を高めるのではなく、大体の張力はアームをどの位押すかで決めて、アジャスターを微調整に使えます。インナー、アウターとそれぞれのトリム位置の都合4箇所が出せました。

f:id:cycle_piyo:20170521102950j:plain

ほぼ一回目の固定で張力を調整できます。FD-3400など前の世代のてこ比の小さいFDだと指が痛くなるのを我慢してアームを押さないといけませんがFD-5800とFD-6800はアームが長いのでたいした力をかけなくてもプレートがアウター側に動きます。ちなみにFD-5600はアームを押しても指が痛くなるだけでプレートが動きませんでした。

f:id:cycle_piyo:20170521105607j:plain

えふえふてんちょーの講座はWilierを組むときに知ったのですが、今回も大いに役立ちました。つい先日お礼のコメントをブログに書かせていただきました。

 RD調整

RDはRD直付のアジャスターボルトで事足りるのでインラインアジャスターは無しです。美意識上許せない人もいるかもしれませんが、ボクは気になりません。エースはインラインアジャスターが何か知りませんから黙っていれば大丈夫です。このブログの事は知っていますが写真しか見てません。

RDの張力調整もえふえふてんちょー方式です。

リアディレイラー調整 (初級まとめ) 簡単変速調整 : えふえふぶろぐ

・RDを手で押しながらクランクを回し、トップからN枚目の歯にチェーンを掛ける。

(ボクは3-4枚目です)

f:id:cycle_piyo:20170521140701j:plain

 ・シフトインナーケーブルを張る。

・クランクを回してトップまでチェーンが落ちてくるか確認する。

(トップまでチェーンが落ちない時はN-1枚目の歯でやり直し。)

・トップまで落ちたらアジャスターボルトで音鳴りを無くして行く。

FD同様にアジャスターボルトは微調整の段階で初めて触る事になります。 

バーテープを残して一応終わりました。

ステム、STI、ハンドル向きを調整していくのでバーテープはまだです。ハンドルは煽り気味の方が今の所は怖くないようです。怖くない事と手や肩が痛くならない事を優先して行きます。

エースはSTIが初めてなので3本ローラーで変速の練習をしてから瀬野川で試走です。

f:id:cycle_piyo:20170520151748j:plain

f:id:cycle_piyo:20170520152134j:plain

前傾姿勢にも慣れないといけないのでとびしま海道とか江の川沿いみたいな安全な所でデビューですかね。