Kaita City Life 海田市生活

次はどこ走ろうか

善福寺川公園・和田堀第二競技場を走ってみた

 善福寺川公園

護岸工事がずーっと続いていますが魅力的なコースではあります。

いろんなレベルの人が走っています。

ランナー以外にも魅力的な公園です。

野鳥を追っている人達。侵入規制がなされる事もあります。 

f:id:cycle_piyo:20210320044906j:plain
多分、オオタカを見に来た人たちなのだと思います。

つぼみはまだ硬い。f:id:cycle_piyo:20210320044924j:plain

この三日後くらいに靖國神社は開花しました。

和田堀第二競技場

初めてやってきました。トラックは封鎖されていましたが、ガチの人たちが沢山来ていました。外周のアスファルトコースを走る人、土の上でバウンディングをやっている人、器具で腹筋をする人、色々な練習が出来るようです。

f:id:cycle_piyo:20210320045725j:plain

この眺めが田舎じゃあり得ない。

f:id:cycle_piyo:20210320044821j:plain

行きは、テニスコートの横の小径を抜けて郷土博物館の前に出てから競技場へ。

f:id:cycle_piyo:20210320045038j:plain

帰りは済美橋に出て、善福寺川コースに復帰しました。

f:id:cycle_piyo:20210320045053j:plain

善福寺川プラス和田堀第二競技場で20km位までは飽きないコースが組めそうです。

この日は13km走りました。

f:id:cycle_piyo:20210320051353p:plain

並じゃない杉並

今回は首都圏の緊急事態宣言でずーっと故郷に戻れなかったエースのお供で東京にやってきました。エースの実家に新年の挨拶もしていませんでしたので同行です。

小池緑が暗躍して首都圏の緊急事態宣言は延長になりましたが、気にしなくて良いでしょう。飲み屋に行くわけでもカラオケ屋に行くわけでもありません。小池緑の目的が何かは分かりませんけど黒岩キャスターに内幕をばらされたりして大変ですね。

都民は安全になっても安心できるまでステイホームなのかな?

小池緑、キャスター黒岩、青春森田って凄いメンツですね。

広島はアッカを作った湯崎だから大丈夫だろうと思っていたら「大規模PCR」などと言い始めて焦りました。結局トーンダウンして「状況見て判断」に落ち着きました。

当方は昨年のGWにも新幹線で広島から静岡に移動したような人間なので、現状はストレスなく旅行できます。皆さんマスクして話さないですから。

久々の杉並なので色々散策。

高円寺

日大の田中さんちです。

f:id:cycle_piyo:20210320044514j:plain

例の一件の頃は、行きつけのパチ屋でも姿を見ないって噂だったそうな。

アメフトのタックルの事です、念のため。

純情商店街、パル商店街、ルック商店街を散策。

今年の夏は阿波踊り出来るかな?

f:id:cycle_piyo:20210320044538j:plain

f:id:cycle_piyo:20210320044546j:plain

f:id:cycle_piyo:20210320044555j:plain

良いパン屋見つけた!しげくに屋55。

対面にアキダイ。

f:id:cycle_piyo:20210320044618j:plain

阿佐ヶ谷

テレビで紹介されてから行列らしい店。

f:id:cycle_piyo:20210320044638j:plain

パールセンターを散策。

アキダイ!

TVに出てくるのはココじゃあないです。

f:id:cycle_piyo:20210320044707j:plain

やの志んでランチ。

日本酒の酔鯨を注文したのですが、無くなりかけだったので、全部飲んでいいよって事になりました。ほぼ二杯分ありました。

f:id:cycle_piyo:20210320044728j:plain

f:id:cycle_piyo:20210320044735j:plain

荻窪でも飲食したかったのですが今回は僕は一泊だったので断念しました。

夕方、エースを東京に残して一足先に帰広。

エースは翌日、経堂の墓地へ友人のお墓参り。

カズレーザーも経堂でおりたそうな。

エースは、22:00頃にのぞみで広島着。

今年最初の里帰りが終わりました。

次はいつかな?

鹿屋体育大学2020全カレ制覇おめでとう

見に行けなかったのでアップしてませんでした。

今更ですが、卒業祝いという事で・・・・。

いた!

f:id:cycle_piyo:20201207045904p:plain

DAZNで視聴した限り、歌は歌っていなかった模様。

エースが言うには「歌のお兄さんは、あなたの事分かっているわよ」だとか。

今年はどこかで会うかな?

準決勝も決勝もDAZNで2回見た。

特に準決勝は燃えた。

準決勝と決勝で出場して、見た事がある選手達。

1 金本彩花(4・広島市立沼田)

f:id:cycle_piyo:20201208131238j:plain

f:id:cycle_piyo:20201208133741j:plain

4 中島咲愛(3・宮崎日大

f:id:cycle_piyo:20201208131300j:plain

f:id:cycle_piyo:20201208134110j:plain

5 諸石真衣(3・聖和女子)

メチャクチャかっこよかった、痺れた。

f:id:cycle_piyo:20201208131321j:plain

f:id:cycle_piyo:20201208131340j:plain

6 吉田萌子(3・就実)

f:id:cycle_piyo:20201208133814j:plain

7 東美奈(3・宮崎日大

f:id:cycle_piyo:20201208133843j:plain

f:id:cycle_piyo:20201208133849j:plain

つまりは白澤と中山を載せたかったのです。それと横山がいるやつを探しました。

9 有村涼美(3・鹿児島女子)

f:id:cycle_piyo:20201208131402j:plain

f:id:cycle_piyo:20201208133926j:plain

10 横山真奈(2・宮崎日大

f:id:cycle_piyo:20201208133953j:plain

f:id:cycle_piyo:20201208134003j:plain

11 大工園彩夏(2・鹿児島南)

f:id:cycle_piyo:20201208134031j:plain

ミドルの一年の子は知らない子でした。

日女、筑波、東海を連破。関東リーグ勢を完全制圧。

勝戦解説の山口かなめが東海のことを「ウチ」と言っているのが好感持てました。

鹿屋の今の三年生が一年生の時に西カレで活躍するのを見て「もしかして」と思いましたが三年生で勝っちゃった。

筑波大学の四年生は「黄金世代」だったと思います。

それに勝つのは凄い。

おい、九州学連、2021はリーグやれよ。

注射して福岡の試合は見に行くからよ。

 

海老名市国分北「魚彦」

この人のダンスの発表会が日曜午前に都内であるという事で、土曜日に広島から東上して参りました。

f:id:cycle_piyo:20210301225020p:plain

f2.8、70-200mmのレンズ持参、ガチです。

お泊りは海老名市。

横浜線小田急と乗り継いで海老名到着。

まずは蕎麦屋へ。

国分寺そば

予想していたけど実際に沢山の人が店外で待っているのを見ると残念。

f:id:cycle_piyo:20210301223326j:plain

ランチ営業の始まる11:00に来ればいいのは分かっていたし、海老名に住んでいる時はそうしていたけど広島からだと六時台の新幹線に乗らないと無理。

17:00からの夜営業に来ようかとも思ったものの、この日は風が強く寒かったので次の機会を待つ事にしました。

魚彦

そのまま246方面に北上して足繁く通っていた魚屋へ。普段使いした魚屋では、ここが人生で断トツの一位。夕食の調達完了です。

近頃はお弁当にも力を入れているようで、大人気らしい。

f:id:cycle_piyo:20210301223354j:plain

富山ブラック

蕎麦がダメになったので昼食はラーメンに変更しました。

たまに食べたくなって食べていたお店。

ここの並びのラーメン屋の中では必ずしも流行っている方ではありません。

f:id:cycle_piyo:20210301223413j:plain

驚いたことに、だし道楽の自販機が対面にありました。

海老名の人意味わかっているかな?

f:id:cycle_piyo:20210301223432j:plain

新星堂や楽器屋、三省堂をウロウロしているうちに三時になったのでチェックイン。

新星堂いきものがかり推しは相変わらず。

メッセージノートも続いていました。

f:id:cycle_piyo:20210301223456j:plain

f:id:cycle_piyo:20210301223502j:plain

目久尻川

着替えて目久尻川をジョギング13km。

相模三川公園の方がよさそうですけど、西口に出るのが面倒くさくって目久尻川にしました。厚木街道って境川CRに出るときに使っていたので懐かしいってのもあります。

f:id:cycle_piyo:20210301223539p:plain

厚木基地から立て続けに飛行機が飛び立っていきました。目久尻川ウオーキングの人ばかりでしたが、日が落ちてからはジョギングの人がポツポツ。綾瀬市がサイクリングロードって看板を沢山設置していたけどサイクリングロードは無理だな。そっちは引地川と境川にまかせてウオーキングコースとして整備した方が良いでしょう。

魚彦の刺身

ホテルでシャワーを浴びた後は魚彦の刺身で一杯、じゃなくってガブ飲み。

〆鯖

f:id:cycle_piyo:20210301223604j:plain

ほたて

f:id:cycle_piyo:20210301223622j:plain

大トロ

f:id:cycle_piyo:20210301223643j:plain

ブツ200g

f:id:cycle_piyo:20210301223713j:plain

ブツを買うところが魚彦通。これで税込み2800円ほどでした。

開けて日曜日は発表会。

会場はスポーツ祭東京2013でバレーボール少年女子の会場になった体育館。熊本県チームのエースだった高校二年の紗理那を見に二日間通いました。思い出の場所です。

少し前にはバドミントンの大会があり、桃田とか松友が来たそうな。

席を取ってくれた妹夫婦に挨拶して、体育館内を散策。女子ばっかりのイベントで貸し切りなので男子更衣室はガラガラ。シャワーも出ました。発表会を見た後は、ここを起点にして恩田川を走るのが無難だなと思うものの桜の季節でもないし、前日川沿いを走っているという事で、前々から興味のあった新横に行ってみる事にしました。

コロナ対策で発表会は班分けしての入れ替え制でした。妹夫婦と入場して観覧席に。

皆衣装と髪型が同じだから、見分けがつかない!!

取り敢えずアチコチを撮影して信じるのみ。

発表会の出番は20分ほどで終了。

妹夫婦に挨拶して早々に会場を後にしました。

新横浜公園

横浜線で新横へ。

新横のランニングコースは首都圏ではすっごく有名みたいなので覗いてみたかったのです。スケボー、バスケ、テニス、ランナーと人の多さにビックリ。

こりゃロッカーなんて空いてないだろうと思うものの一応確認するとガラガラ。

そうか、チームで練習するから皆で荷物をまとめておいて、ロッカーは使わないんだなと納得です。遠慮せずに2か所使わせてもらって、セーターやコートといった嵩張る衣類とトラベルバッグを別々に収納してジョギングスタート。適当にあっちに行ったりこっちに行ったりしながら13km。

f:id:cycle_piyo:20210301223742p:plain

しっかり汗を拭いてから着替えて新横浜駅へ。

途中のファミマでサラダ、サンドイッチと酒を調達して15:10広島行きに乗車。

これで、酔って寝ても大丈夫。

実際、小田原の次が姫路でした。

エースに海田市駅まで迎えに来てもらって19:30前に帰宅。

20分のために広島から出かけましたが、ジョギングと魚彦をくっつけたので、まあまあ充実でした。

三迫から赤穂峠を目指して彷徨

今日の予定は三迫-赤穂峠-金ケ燈篭山-串掛林道-道祖園というルートです。

予習してきたのと、写真の画質重視って事でスマホは家においてCanonのデジカメ持参です。Garminのforeathlete45があるのでログは取れます。

(etrex30かedge800、せめてスマホ)

今回はハイキングの格好じゃなくってジョギングの格好です。

三迫の坂は急だけど頑張ってジョグで行くぞ!

f:id:cycle_piyo:20210220233918j:plain

串掛の案内板の前を通過。

f:id:cycle_piyo:20210220233925j:plain

三迫登山口の表示です。

f:id:cycle_piyo:20210220233936j:plain

あれ、安芸区スタイルだと、ここに右に行くとなんちゃら、左に行くとなんちゃらって案内が出ていたんだけど、のっぺらぼうだな。

cbastyle.exblog.jp

ストリートビューでも案内が貼ってあったんだけどな?

剝がしたのかな?

行けないからなのかな?(気付けよ)

f:id:cycle_piyo:20210220233941j:plain

三迫三丁目バス停。ふれあいバスはここでUターンします。

f:id:cycle_piyo:20210220233954j:plain

その後も全然案内板は出てきません。しかし、方向は合っているはずなので気にせずに進みました。(だから気付け)

綺麗な舗装はココで終了。

直ぐ左手で農家の人が休んでいました。

f:id:cycle_piyo:20210220233959j:plain

直ぐに、どっちに進めば良いの?という状態になってしまいました。

それでもリボン発見、こっちだ。

f:id:cycle_piyo:20210220234010j:plain

なんじゃ、こりゃ。

でも多分左の石垣の上に上がっていけばいいんだろうなあ。

f:id:cycle_piyo:20210220234015j:plain

さっきよりましだけど、歩きにくい。

でもリボンが見えたので合ってるって事だな。

f:id:cycle_piyo:20210220234034j:plain

とりあえず道っぽい所を歩くのですが、全然リボンを目にしなくなりました。

上の方が明るくなってきました。

あそこ迄出れば歩きやすい道がるだろう。

f:id:cycle_piyo:20210220234056j:plain

ありゃ、一応通れるようにはなっているけど、思ったより見通し良くないな。

大分期待外れでした。

f:id:cycle_piyo:20210220234102j:plain

道を塞がれると少し下に下りて、それからまた戻ってと繰り返しました。戻ろうとしたところでズルズル滑り落ちてため息。

気分転換にひと休み。

f:id:cycle_piyo:20210220234119j:plain

またしても崩れて行き止まり。

何だか、時間ばっかり掛かりそうだから戻るか。同じ道を戻れそうにはないけど、大体の方向は分かるから、時間掛かるかもしれないけど三迫には行けるだろう。

f:id:cycle_piyo:20210220234134j:plain

林のずっと向こうに住宅街が見えました。安芸中野方面じゃないかな?

f:id:cycle_piyo:20210220234149j:plain

鉄塔のある所に出ました。鉄塔の周りには道が出来ているだろうと思ったのですが、最初は倒木、次に倒竹で道なんかなくなります。

やたら時間がかかります。全然進まない。

でも、さっき住宅街が見えて、大体の方向が分かったので、とにかく下りました。

渓流に出れば何とかなるだろうって事で水の音にも耳を澄ませました。

f:id:cycle_piyo:20210220234205j:plain

倒れた竹に苦戦しながら竹林を下りました。

真剣に歩いていたので写真撮ってません。

「あと30分位下れば、小屋とか棚田のある所に出るんじゃないのかなあ」と根拠の無い予想をしながら周りを見回すと、数m上にトタンの柵が見えました。

「おっ人工物じゃんか、ついに出たかな?」

期待に胸を膨らませて登りました。

f:id:cycle_piyo:20210220234222j:plain

上がっていくと墓地が見えました。

綺麗です。

手入れされているって事は、普段から人が来ているという事なのでもう大丈夫でしょう。

f:id:cycle_piyo:20210220234238j:plain

お墓の前に出てみると、何処にいるのかようやくわかりました。おっ、さっき登ってきた所が見える。棚田の脇をゼーゼー言ってジョギングしていましたよ。

f:id:cycle_piyo:20210220234251j:plain

反対側に下りても大丈夫。

f:id:cycle_piyo:20210220234303j:plain

まあ、分かっている方に下りることにしました。

f:id:cycle_piyo:20210220234309j:plain

行き登ってきた道に戻りました。

f:id:cycle_piyo:20210220234325j:plain

うーん、どこ通れば良かったのかなあ?

f:id:cycle_piyo:20210220234330j:plain

三迫三丁目のバス停まで下りてきました。

f:id:cycle_piyo:20210220234347j:plain

ここまで来ると、生活圏って感じですね。

めったに来ないけど。

f:id:cycle_piyo:20210220234351j:plain

帰宅しました。

アディダスのシューズもワークマンのタイツも靴下もドロドロ。

ナイキのウインドブレーカーの袖が破れちゃった。

f:id:cycle_piyo:20210220234407j:plain

やっと休めます。

お風呂を入れてゆっくりしました。

お風呂から出て体を拭いている時に用事で出掛けていたエースが帰宅しました。

「何していたの、どっか行った?」

「遭難してた」

さて、ガーミンのデータを確認です。

結局、赤穂峠の遥か手前でウロウロしていました。

f:id:cycle_piyo:20210220235107p:plain

引き返した辺りで、黄色のマルで示した様に串掛林道の近くを通っていました。

大きな石を見て諦めて引き返しましたが、あのポイントで右に数10m下っていれば串掛林道だったのです。

f:id:cycle_piyo:20210220234902p:plain

f:id:cycle_piyo:20210221003421p:plain

イカン、次からはちゃんと電子地図が見られる体制で出掛けよう。

 

 

お手製輪行袋買いました

かの有名なお手製輪行袋を買いました。暖かくなるまでに色々準備しておこうって思っています。

2020年11月の販売の時にアクセスしたのですが、開始30分後には輪行袋は売り切れでした。そのため、肩紐のみ注文しました。こんな激戦なのかとビックリ。

今回、2021年2月の販売では、21時になると同時にアクセス。三分後には注文を終えました。無事、【縦型185g】耐久軽量輪行袋と【ロード用】両輪ホイールバッグを注文できました。

【縦型185g】耐久軽量輪行袋:3500円

【ロード用】両輪ホイールバッグ:3000円

送料:230円

専門じゃないので、なんていう生地か分かりません。この前、ユザワヤで外袋用の生地を買いましたが、それはカイト用みたいです。それとは違います。薄いです。

重さは、ほぼカタログ通りでした。

f:id:cycle_piyo:20210218222452j:plain

薄さのもう一つの理由は、Ostrichなどがサドルとエンドプロテクター部分に使っている厚手の補強材が無いことです。絵も描いてないので、矢印で示した肩ひもを通す穴を目印にして、そちら側にエンド金具が来るように自転車を置きます。

f:id:cycle_piyo:20210218222541j:plain

確かに耐久性についてある程度割り切って、携行性を取るのは輪行の多い人にとっては合理的な選択です。

530mmのWillierに乗っていますが、サイズ的には十分です。

f:id:cycle_piyo:20210218222657j:plain

本来これで十分なのですが、ホイールバッグも注文しました。

f:id:cycle_piyo:20210218222801j:plain

ホイールバッグは、中仕切りが二枚。もう一回り大きい方が収納が楽かと思いますが、慣れれば簡単に出来るようになるのかな?何べんか練習してみます。

f:id:cycle_piyo:20210218222728j:plain

ちょっとタイヤが見えすぎかな。

f:id:cycle_piyo:20210218222733j:plain

こいつを使うとフレームカバーと紐が要らなくなるので、外袋への収納はむしろ簡単になります。もちろんOstrichのL100やロード220の外袋でもサクッと入ります。お手製輪行袋に変えただけで収納性は格段に向上するのでエンド金具のコンパクト化は必要なさそうです。

一人の時は、輪行袋+ホイールバッグで準備の時間を減らそうと思います。

ホイールバッグを買ったもう一つの理由は二人で輪行する場合の対策です。

二人で輪行するときは、こういう体制です。

180cmの自分がカーボンフレーム+EURUS。

153cmのエースがスチールフレーム+ZONDA。

大きくて力がある方が、軽いっていうのも気の毒です。なので、エースと二人の時は、下記のようにエースにはフレームだけ運んでもらおうと思います。

輪行袋A:フレーム。

ホイールバッグ:ホイール、輪行袋B:フレーム&ホイール。

フレーム一つ持つだけならエースもそんなに大変じゃあ無いと思います。

もしかすると「命がけの証言」は海田町どころか安芸郡には置いてない

著者の清水ともみさんが自著が書店で平積みになっている様子を自身のTwitterに上げているので、海田町はどうなん?と町内の本屋へ。
f:id:cycle_piyo:20210216053517j:image

フタバ図書、沢井書店、中川書店どこにもなし。

隣町の坂町ならってんでTSUTAYA坂店へ。

ありませんでした。

どこで売れているんだ?

東京と横浜か?

 その昔買っていた写真雑誌にポル・ポトの特集があり、ガイコツ一杯見せられて衝撃でした。以来、現代の虐殺王のポジションはポル・ポトでした。

ヒトラーとかスターリンは昔の人の認識。)

ユン・チアンの「マオ」を読んだときは、殺した国民の数が桁でポル・ポトと違うってことにビックリ。

この本は、子供の頃からフレーズだけは知っていても、何のことだかサッパリわからなかった事がクリアになっていくので、興奮して上下巻で一週間かけないで読破した覚えがあります。

文化大革命って言葉はよく聞いたのですが、父親に聞いても何だかわからず「良く分からないけど壮大な事業だって新聞に書いてある」みたいな答えでした。

ちなみに父は熱心な朝日読者でした。本多勝一先生の名作、「中国の旅」も真剣に読んでました。さわやか朝日新聞

後年ジョン・ローンの映画を見た時に「反文明闘争で知識人の迫害してたんだ」と疑問が少し解けました。

林彪の飛行機事故も色々解って興味深かったです。

劉少奇とか周恩来を吊るし上げるシーンも印象深く、後年、事業仕分けで青筋立てて張り切る蓮舫を見た時にも妙に納得が行ったものです。

スズメを皆で捕まえて飢饉になった話は、金日成の命令で山をトウモロコシ畑にして、大雨でトウモロコシ畑と下の農地とセットでダメにした話に通じるものがあって、笑っちゃいけないんだけど、大笑いしながら読みました。

ポンコツの炉でいい加減な材料で製鉄して、使いみちが無い屑鉄を国中で生産した話なんかも、技術移管の仕事で接した中国人技術者とおんなじ発想。知っておいて良かったです。

まがいモンの原料を見つけてきては「こっちの方が安い」、色々教えて約束した製法を守らないでデタラメに作って検査で落ちると「検査基準を緩めれば良い」だったからなあ。

「これじゃあ客先で不良が出て、取引停止になっちゃうよ」って言っても意味わかってなかったからなあ。ちょっと前に、はてなのランニングカテでランシューのいい加減な作りに怒っている記事を見た時も「ああ、仕様守らないで作って、出荷検査サボったやつだ」って思いました。解決策は、インドネシアとかベトナムに工場移すしかないんですよね。

中国人技術者の名誉のために書いておくと、北米で学んだり働いた経験のある人は違いました。

さてさて、そんな衝撃の「マオ」は、調べてみると2006年に読んでいますね。

「命がけの証言」はkindle版を読みました。かわいらしいタッチの漫画なのでサッと読めるのかと思ったのですが、全然進まなくって、「マオ」と同じくらい時間がかかりました。笑っちゃいけないけど笑える話も、後年、役に立ちそうな話も一切無し。

清水さん的にはグロなシーンを描くのは避け、言葉にしたようですが、十分グロ。

清水さんのtwitterを見る限り、本はすごい勢いで売れているみたいですが、途中で止まっている人が多いんじゃないかな。

モンゴルとチベットを合わせて三部作になるのかな?

特色ある社会主義は、毛沢東主義と並ぶ謎。