Kaita City Life 海田市生活

次はどこ走ろうか

Vプレミアリーグ2017/18山口大会

維新の国でバレー大会

メインアリーナでは東レが練習中、サブアリーナでJTが練習していました。

f:id:cycle_piyo:20171119155904j:plainf:id:cycle_piyo:20171119154201j:plain

 でロビーでは誠英高校の面々が弁当食べていました。林田とかジャスもいました。

両試合前に誠英出身選手に花束贈呈っていうのをやっていました。東レ中川(中京大)、JT奥村(嘉悦大)、日立栗原(三田尻女子!)が花束をもらっていました。

東レ3-2トヨタ車体

発売になってすぐに1階の席を買いました。本当にいい席が買えました。一列目!。

f:id:cycle_piyo:20171119154639j:plain

左から順に、はやしゆきなのあたま  審判  みねむらさきのあたま

ハイ、試合は見えませんでした。

ゆっきーなにもサキにも責任ありません。Vリーグ間抜けです。

川淵助けてくれ!

勝手に移動して台の上に座ったりとか。

f:id:cycle_piyo:20171119172621j:plain

別の指定席に座りました。

f:id:cycle_piyo:20171119172629j:plain

台の上は第一試合の1セット目から盛況。だって席からじゃ見えないんだもん。

川崎のとどろきアリーナは何回か行った事がありますがこんなことありません。

地域密着リーグとか考えているならこういう所からしっかりやれよ、嶋岡!、木村! 

ネリマンの活躍が目立ったのでトヨタ車体の方が押していたような印象を持ってしまったけど東レの競り勝ちでした。車体はポリーニがネリマンに替わっただけの外国人の大砲頼みのバレーでした。サイドは村永と中屋でしたがどちらもサーブカットがダメでした。去年のサクと小田の方が良かったですが、サクがベンチ外で小田がベンチでした。村永は打つ方でもパットせず「こんなだっけ?」という印象。もう少しスロットを変えたりしながら使った方が生きるんじゃないかなと思いました。

f:id:cycle_piyo:20171119154529j:plain

「フォロー」とか「いっぽーん」とかでっかい声出して、見てくれを気にしないでプレーするのがこの人のバレーだと思っていたので、お洒落な靴には驚きました。

すっごく可愛かったです、靴。

今気が付いたけどキャプテンになっている・・・。

トヨタ車体クインシーズ主将、比金桃子。セッター、青山学院大学出身。

f:id:cycle_piyo:20171119154857j:plainf:id:cycle_piyo:20171119160252j:plainf:id:cycle_piyo:20171119160315j:plainf:id:cycle_piyo:20171119160349j:plain

『みなみちゃん』が恵まれない攻撃陣を工夫して操っているのを見た直後だけに、もっと楽しいボール回しを見たいと思う次第です。学生時代、下級生に鍋谷や今村がいたから大エース中心のバレーが自然なのかな。

『みなみちゃん』=青山学院大学バレー部主将比金みなみ。

f:id:cycle_piyo:20171119224756j:plain

国体で「動き重すぎ」と思い、最初の頃の試合を見て「このサーブカットじゃ使えない」と思った黒後愛は打点も高くなり、インナー打ちも鋭くなり、サーブカットもましになっていました。鋭いサーブはそのままですっかり一流選手でした。スゲー。

世界選手権で古賀、黒後、長岡のトリプルエースが見られますように。

f:id:cycle_piyo:20171119160412j:plainf:id:cycle_piyo:20171119160422j:plain

車体では竹田、東レでは野村が守れるサイドってことでお助けで出ていました。

f:id:cycle_piyo:20171119225126j:plain

白井はクイックのトスが低くてバックアタックのトスが短かったけど大野が耐えたし堀川が当たっていたので助かったように見えました。f:id:cycle_piyo:20171119160335j:plainf:id:cycle_piyo:20171119154758j:plain

塚田しおりがデビューした事もあって、どうしても昔の事を思い出してしまいます。

川崎橘の塚田と中川智香をみて「上手だな」と感心して、大和南の白井を見て「・・・」と思った日の事を。

JT 3-0日立

日立については、国体で東北福祉大戦を見て「これはヤバイ」と思いましたがそのままです。完全に入れ替え戦候補です。単勝一番人気ナリタブライアン京都新聞杯状態です。競馬知らない人や最近始めた人向けに言うと、ブライアンの単勝馬券が売れ過ぎてオッズが1倍になったのに2着に敗れたレースがあって、京都新聞杯と言います。かなり堅いと思われる、でも勝負事だから分からないって意味です。

「銀行馬券やぁ」って言ってブライアンの単勝を何十万円も買った競馬ファンが沢山いたレースです。みんな死んでしまいました。

ボクはブライアンからスターマンとエアダブリンに流す2点勝負をして「そんなの博打じゃない」とか「セコイ」とか罵られました。

知り合いはスターマンの単勝を1000円だけ買って「このレースはケンだよー、観戦料1000円」と言っていて尊敬されました。

1994年京都新聞杯菊花賞トライアル)

1-スターマン

2-ナリタブライアン

3-エアダブリン

単勝:スターマン 15.5倍

馬番連勝:スターマン-ブライアン 4.7倍

その頃まだ生まれていなかったり保育園だった人達。

間橋香織1996年生、芳賀舞波1993年生、佐藤美弥1990年生。

f:id:cycle_piyo:20171119225939j:plain

この頃の成徳の選手では一番活躍している芳賀舞波

f:id:cycle_piyo:20171119230000j:plain

間橋と長内のスタメンで、サーブレシーブは目も当てられなかったです。間橋を遠井に替えて、最後は栗原が後ろの時に斎藤に替えて、長内をカットから外してというところまでやっていました。

栗原は打つ方は合格で去年より良いのでは?という位でした。そういえば去年も前半は良くて後半落ちたっけ。膝が悪いから長丁場では仕方ないですね。現時点ではかなりレベルが高いです。

f:id:cycle_piyo:20171119230122j:plain

f:id:cycle_piyo:20171119230200j:plain

f:id:cycle_piyo:20171119230220j:plain

f:id:cycle_piyo:20171119232254j:plain

残念だったのは橘井友香の怪我。栗原が凄いの決めたー、でも止まって下見ている、と思ったら橘井が倒れておき上がれません。2月に松山でファイナル6を見て以来、期待していたのでショック。今期は誠英の岡村、東海の横田そして橘井と3人も負傷交代する選手を目にすることになり辛いです。膝じゃないと良いんだけどなあ。

f:id:cycle_piyo:20171119232447j:plain

田中美咲は、ミハイロビッチにずーっと「私に上げろ」って言われ続けていました。芥川の速さも引き出せていました。

f:id:cycle_piyo:20171119232553j:plain

f:id:cycle_piyo:20171119232606j:plain

f:id:cycle_piyo:20171119232616j:plain

サーブカットもやる事になった田中瑞稀。想像するに「守れる選手」になるって事に対するモチベーションは相当高いと思います。

f:id:cycle_piyo:20171119232645j:plain

吉原は今年も井上琴絵をピンサ&レシーバーで起用。

f:id:cycle_piyo:20171119232225j:plainf:id:cycle_piyo:20171119232704j:plain

f:id:cycle_piyo:20171119232737j:plainf:id:cycle_piyo:20171119232739j:plain

 今や全国区の人気を誇るリバーレ応援団は演目をAKBだか乃木坂のとポカリのCMの曲にしてきました。去年のダサカッコイイ、ランニングマンとパーフェクトヒューマンの方がインパクトありました。

f:id:cycle_piyo:20171120204507j:plain

f:id:cycle_piyo:20171120204512j:plain

帰りも山陽道、下松のSAであかもく5パック見つけて買い占めました。

祝!World Wing広島OPEN o(^▽^)o - 広島で初動負荷トレーニング

人間ドックの後、しゃぶしゃぶ屋でドカ食いして帰る道すがらエースが「初動負荷トレーニングって書いてあるよ」と教えてくれました。

全然気づいてなかった。8月にオープンしていたらしいです。

エース大手柄です。泥酔状態で押しかけて有料体験トレーニングの予約しました。 

f:id:cycle_piyo:20171115230723j:plain

f:id:cycle_piyo:20171115230722j:plain

転勤で泣く泣くWWギオンを退会して・・・・年。

www.worldwing-gion.com

ついに広島に・・・・。

デサント製の初代ビモロシューズ捨てないで良かった。

f:id:cycle_piyo:20171115230805j:plain

ギオンさんより狭いけど新型マシンばっかり。

worldwing-refine.com

HOXTONと瀑雪の滝

<コース>

竹原港--HOXTON--須波港--新高山城址--瀑雪の滝--忠海--竹原港 69km

本日のコース設計はウチのエース。HOXTONで食事して空港のほうまで上って行って竹原・忠海方面に下りてくるってコースです。

まず海田から竹原へ。道の駅にデポしようと思っていましたが駐車待ちだったので竹原港へ。

竹原は「たまゆら」ですが「この世界の・・」の様な影響力無し。前日、広島福屋で「この世界の片隅に」の原画展があって行って来ました。

f:id:cycle_piyo:20171115084247j:plain

f:id:cycle_piyo:20171115085129j:plain

わずか6km走って最初のポイントHOXTONへ。

ランチです。以前からエースは寄りたいって言っていたのですが11:00という開店時間のためタイミングが合わず入ったことがありませんでした。

海沿いの景色の良い所にある店なので景観で売っている店だろうと思っていて、ボクとしては興味なかったのですが、エースが是非という事で寄りました。結構お高い車が停まっていましたが一応バイクスタンドもあって自転車乗りどうぞってスタンスです。

f:id:cycle_piyo:20171115084214j:plainf:id:cycle_piyo:20171115084221j:plainf:id:cycle_piyo:20171115084227j:plain

ランチメニューでカキのスパゲティとタコのスパゲティをそれぞれ注文しました。

タコとオリーブのトマトソース

f:id:cycle_piyo:20171115084233j:plain

カキ

f:id:cycle_piyo:20171115084240j:plain

景観で売っているとか失礼言ってすいませんでした。

旨かったです。

カキは焼き牡蠣のように中がグシュッとしていて暖かく丁度いい加減に調理してありました。タコもやわらかく仕上げてあり食べやすかったです。

タコが旨かったものでつい「一応、須波港も覗いてたこ焼きあるか見て行こうか」と提案しました。エース、即乗り気。須波港を目指しました。

f:id:cycle_piyo:20171115085053j:plain

三原のマンホールはやっさ踊りです。f:id:cycle_piyo:20171115085024j:plain

須波のたこ焼きも一度も食べた事がありませんでした。営業時間が10:00-16:00だと始まるの遅いし、終わるの早すぎです。TVで取り上げられるたびに客が増え、今では観光バスが止まって、バス客が大量に買っていくのを目にする事もあります。朝10:00から売るのですがその前から順番待ちして手書きの整理券をもらって待っています。

今日は12:00過ぎに着くのでもしかすると行列もなく少し待てば食べられるかもしれません。10-15分の待ちだったら食べてみようという事で寄りました。

f:id:cycle_piyo:20171115085021j:plain

f:id:cycle_piyo:20171115085046j:plain

じゃーん、待ち時間0で買えました。4個入り280円。

f:id:cycle_piyo:20171115085035j:plain

お客は断続的にやって来ていました。

須波港を後にして海沿いを東へ、県立大学の所で海沿いから離れました。

この後は沼田川沿いを空港方面に向って上ります。少し前にエースに「川沿いは坂が緩やかだから」みたいな事を言ったらしく、エースには目からウロコだったそうです。そこで空港方面まで川沿いです。滝があるなら行ってみて、順調なら空港でお茶飲んでR432で竹原に下ろうかというプランでした。

沼田川はさびれているほうが良いって理由で右岸を行きました。

f:id:cycle_piyo:20171115085010j:plain

利根川サイクリングロードみたいな感じでした。

f:id:cycle_piyo:20171115084955j:plainf:id:cycle_piyo:20171115084917j:plain

小原橋。

f:id:cycle_piyo:20171115084850j:plain

ヒロシマコープのジュース工場を過ぎ、新幹線の線路を潜って進むと新高山城址の案内。小早川隆景の居城だったそうです。

f:id:cycle_piyo:20171115084546j:plain

直ぐ先に沼田本郷の天然水。火野正平がTommasiniのフレームでcampagnoloのコンポで組んだ自転車をがに股で漕ぐ番組も来たとか。水を汲みに来るご近所さんが絶えませんでした。エースは試飲コーナーを使ってボトルの水を補給、ボクはコップ一杯飲みました。

f:id:cycle_piyo:20171115084544j:plain

ここの駐車場にはお城の想像図が、そして川の対岸の山が高山城のあった山だそうです。こんな山の上に住む所作られてもなぁ。

f:id:cycle_piyo:20171115084537j:plainf:id:cycle_piyo:20171115084832j:plain

地図を眺めて「瀑雪の滝が・・・」と二人で話していると水を汲みに来ていた奥さんが「この道真っ直ぐで瀑雪の滝ですよ」と教えてくれました。

川沿いを進むと今度は山陽道が見えてきました。

f:id:cycle_piyo:20171115084541j:plain

山陽道を超えた所で右岸は行き止まり。左岸に出ました。

f:id:cycle_piyo:20171115084518j:plainf:id:cycle_piyo:20171115084456j:plain

フライトロードが見えてきました。少し大きな建物が見え観光バスらしき車両も見えました。多分あそこが滝の駐車場だろうと・・・・。

f:id:cycle_piyo:20171115084444j:plain

予想通り滝の入り口でした。ちょっと急な坂を数百メートル歩いて滝へ。

f:id:cycle_piyo:20171115084443j:plain

広島空港内のカフェに寄れたら寄ろうってプランでしたが、空港の南に下りて再度上らなくてはならないようだったので諦めました。

K59で忠海に下りるかR432で竹原に下りるか相談しK59を選択しましたがエースにとっては苦い決断となりました。途中少し急な坂が続いたのですが完全に参ってしまい下りて押すことになりました。「待ってー」という声に振り返り押している事に気が付き停車しました。ボクの所まで押してきて道路にひっくり返ってしまいました。この地点から200-300mで下りに入るところだったのでもう一息でしたね。富士イチの時と同じパターンです。ここまでが4kmほどのアップダウンだったので3km地点辺りで一度停まって休めばよかったです。

f:id:cycle_piyo:20171115131719p:plain

回復するのを待って忠海まで下りました。忠海までが下り、そこから竹原がほぼ平坦だったので、この先は楽でした。

夕焼けの中を走って竹原港へ。ライトが必要になる前に帰ってこれました。

f:id:cycle_piyo:20171115084436j:plainf:id:cycle_piyo:20171115084358j:plainf:id:cycle_piyo:20171115084351j:plain

自転車を積んで竹原港で鯛ちくわを買って海田へ帰りました。

f:id:cycle_piyo:20171115084327j:plain

わずか69kmの道のりでしたがルートがとても良くって楽しかったです。

PAC3をどかしてくれ

中国五県をカバーする陸自の第13旅団の他の駐屯地では例年通り秋祭りが行われたが海田市駐屯地の秋祭りは無くなってしまった。自衛隊的には記念行事らしいが地域住民にとっては秋祭りである。グラウンドで戦車走らせたりするのがメインイベントなんだけどグラウンドにはPAC3が配備されていて使えない。

f:id:cycle_piyo:20171107131854p:plainf:id:cycle_piyo:20171109002254j:plain

ヤツのせい。

不細工な手法でアニキ暗殺したり、それでも懲りずにアニキのせがれ付狙ったり、性質悪すぎ。 

花見まで中止にしないだろうなあ。花見はミサイル置いてあるグラウンドからは一番離れた正門の辺りだから問題ないだろ。 

cycle-piyo.hatenablog.com

 

cycle-piyo.hatenablog.com

三次に行って来い

10月はバレーツアーで大忙しでした。愛媛、萩、神奈川への「遠征」で終わったので自転車にはほとんど乗りませんでした。12月も全日本インカレと皇后杯大田区体育館(蒲田)とか東京体育館(千駄ヶ谷)に出かけるので11月にサイクリングしないと今年が終わっちゃいます。

東京に自転車があると信州や房総に行けるので何とかしたいところです。

秋も深まってきたので志和・八本松から三次に走ることにしました。志和ICの少し先のローソン東広島志和インター店の駐車場から出発です。海田からここまでのR2の上りは道幅が狭い箇所もありトラックが多いので精神衛生上良くありません。広島市内に行くエースに運んでもらいました。ここからR375に出て福富経由で三次を目指しました。

f:id:cycle_piyo:20171105110619j:plain

 家具屋って事なのでちょっとのぞいてみようかと思ったのですが休みのようでした。

f:id:cycle_piyo:20171105110708j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171105110722j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171105110753j:plain

 「豊栄くらす」は喫茶店とレンタサイクルがあるようです。広島県は最近、内陸にも自転車乗りを引っ張ろうって試みが盛んになってきています。

レンタサイクルにはCOLNAGOもあるし、DURAのホイールのレンタルもあるそうです。この先が坂だから今度借りて走ってみようかな。

f:id:cycle_piyo:20171105112458j:plain

沼田川ってなんだろと思ったら三原で瀬戸内海に注ぐ川です。

f:id:cycle_piyo:20171105110730j:plain

  ウチのエースがカフェ好きなので入らないけど一応写真撮って「こんな店があったよ」と帰ってから報告するために立ち止まりました。入り口に木彫りの猫があるって事に帰宅して写真をみせたら直ぐに気づいていました。写真撮った本人は何も気が付いていませんでした。

f:id:cycle_piyo:20171105110822j:plain

 庭先にイチョウを植えてある家がぽつぽつありました。広島県の内陸の方の田園地帯って結構好きです。広島に来るまでは瀬戸内海のイメージしかありませんでしたが山陽道より北ってこんな所ばっかりです。

f:id:cycle_piyo:20171105110845j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171107230246j:plain

 この川沿いは来春桜見に来ようと思っています。

f:id:cycle_piyo:20171105110839j:plain

この地図はコンビニの駐車場にあったのですがここを過ぎてから時折雨が強くなり、向かい風もきつかったので走りにくかったです。

 11/5が広島県高校駅伝大会だったので駅伝関連の案内や表示が沢山ありました。

f:id:cycle_piyo:20171105110828j:plain

  忠海から三次に上ってくるルートが主要な街道だったのですか。忠海から河内に出て更に三次までってルートでしょうか?

f:id:cycle_piyo:20171105110849j:plain

 風土記の丘まで来ました。もうすぐワイナリー、更に少し先が三次駅です。無教養な人間なので社会のテストで風土記って単語を四角に埋めた事はあるのですが、結局何なのかよく知らないので、有難みもわかりません。

f:id:cycle_piyo:20171105110941j:plain

試走中の高校生。この子は盈進高校でした。

f:id:cycle_piyo:20171105111039j:plain

三次ワイナリー着。

f:id:cycle_piyo:20171105111030j:plain

時期が時期とあって建物の外でもワインを飲んでいるグループがありました。

f:id:cycle_piyo:20171105111041j:plain

さすがにワインの試飲に手を出すわけにはいきませんでしたがこの隣のぶどうジュースは3-4杯飲みました。

f:id:cycle_piyo:20171105111109j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171105111113j:plain

 トレッタみよしも大賑わい。レストランで食べるのは諦めて、この店舗で巻き寿司を買って外のベンチに腰掛けて食べました。ビミョーに寒かったです。

f:id:cycle_piyo:20171105111148j:plain

ワイナリー、トレッタみよしを後にして最初の駅は志和地

f:id:cycle_piyo:20171105111137j:plain

追い風が強いのは良いんだけど雨もつれてこられたので吉田口駅舎で休憩。

f:id:cycle_piyo:20171105111244j:plain

駅舎は半分お好み焼やさんです。この裏は集会所みたいになっています。

f:id:cycle_piyo:20171105111215j:plain

 こっち側にもこういうのがありました。375では分水嶺、こっちでは分水界です。

f:id:cycle_piyo:20171105111250j:plain

向原駅の脇まで着たら「電車来ます」ってアナウンスが聞こえたので駅前へ。

f:id:cycle_piyo:20171105111246j:plain

 これも単にカフェの写真撮っただけです。ちょうど佐川のおっきい車がやって来てボクが渡ろうとしていると勘違いして止まってくれたので合図して進んでもらいました。

f:id:cycle_piyo:20171105111240j:plain

お巡りさん人形が立つ東広島市広島市安佐北区の境。何となく気になっている所。

f:id:cycle_piyo:20171105111331j:plain

 廃業した酒蔵、千代の春まで戻ってきた。数年前までやっていたそうです。飲んだ覚えないです。そういえば2-3年前に西条の賀茂輝も廃業していました。

f:id:cycle_piyo:20171105111345j:plain

 古民家カフェの「一葉」です。色々美味しいのですがユーリンチーは特におススメ。混むので予約したほうが無難です。おばちゃんがバスに乗って団体で来る事があります。

f:id:cycle_piyo:20171105111408j:plain

 八本松まで戻ってきました。八本に米軍があるって知りませんでした。

f:id:cycle_piyo:20171105111410j:plain

 八本松駅に戻ってきて終了。志和方面が混んでいるって話だったので熊野から一貫田に抜けて帰りました。

f:id:cycle_piyo:20171105111337j:plain

結局、三連休の中では一番天気の悪い日にサイクリングとなりました。でも豊栄の辺りの上りを走って久しぶりに息も上がって汗もかいたので良かったです。

次はエースと海沿いの平らな所を80-100km走ろうかと思っています。坂は絶対に嫌みたいなので・・・・・。

 

関東大学バレー2017秋季リーグ最終週、最終日

いよいよ最終日。優勝はMermaidsに決まったものの、4年生は最後のリーグ戦だしインカレのシードがかかるとあって各チームとも気合入ってました。

Bコート:国士舘3-0早稲田、宇都宮3-2順天堂、青山学院3-1松蔭大

早稲田の中川知香

ボクが初めて中川知香を見たのはインハイの神奈川予選。中川は川崎市立橘高校二年生でリベロでした。セッターは三年生の塚田しおり(筑波大->NEC)。塚田の卒業後は中川がセッターで北川きすみとか大辻あやかとか柴麻美と一緒にプレーしていました。高校時代の中川はレシーブも凄かったしトスも綺麗でした。4年ぶりに見た中川はWSでした。山なりのアタックを相手コートに入れてプッシュフェイントで何とかポイントを取ろうと苦闘していました。

早稲田は全敗で入れ替え戦に向いましたが、フルセットで勝利して一部残留。

f:id:cycle_piyo:20171105102443j:plain

f:id:cycle_piyo:20171105102504j:plain

f:id:cycle_piyo:20171105102511j:plain

東女体3-1東海大

全勝かぁーと思われた東海大が敗戦。壮絶な叩き合いでしたが横田真未が負傷交替したところで東女体で決まりかなと思いました。東女体の連中に良い体勢で打たせすぎでした。

この結果に焦ったのが日体大関係者。「次3-0で勝たないと、シードが無い」とインカレでシードに入れるかを心配していました。

小林奏瑛も悪くはなかったと思います。

f:id:cycle_piyo:20171102223355j:plain

 ミドルの小松愛里。

f:id:cycle_piyo:20171105102624j:plain

 当然マークがきつかったけどほとんど問題にしていなかった杉郁香。

どこが採るのか?

f:id:cycle_piyo:20171102223408j:plain

 綺麗な顔立ちのまま強打を放っていた佐々木千紘。

f:id:cycle_piyo:20171102223458j:plain

 こっちサイドは水守久美子。この人も強烈なスパイクでした。

f:id:cycle_piyo:20171102223518j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171102224124j:plain

 ベストリベロ賞だった目加田莉央。

f:id:cycle_piyo:20171102223541j:plain

 伊勢彩可も良いリベロでした。

f:id:cycle_piyo:20171102223540j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171102223643j:plain

  脚を痛めて交替してしまった横田。

f:id:cycle_piyo:20171102223735j:plain

 貞包里穂。f:id:cycle_piyo:20171102223649j:plain

 松本愛季穂。トップと振り切った後が特にカッコいい。

f:id:cycle_piyo:20171102223746j:plain

貞包と松本に見劣りしない 平林真織。

f:id:cycle_piyo:20171102224056j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171102224216j:plain

伸びやかなフォームから強打炸裂。成徳出身の市川玲奈。

f:id:cycle_piyo:20171102224159j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171102224214j:plain

 セッター岡村真衣も成徳出身なのでウチのエースは東女体応援。

f:id:cycle_piyo:20171102224231j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171105102745j:plain

東女体がぶっ叩き合いでMermaidsに勝ちました。

岡村真衣は感涙。凄くシッカリした、綺麗な体格の東女体の面々。貞包、松本より高く、横田、小松よりパワーがありました。市川、佐々木、平林はまだ2年生。一ヶ月で変わる可能性があると思います。

f:id:cycle_piyo:20171102224246j:plain

日女体3-2日体大

この日は雨でした。淵野辺の改札を我々の少し前に通った数人はグレーのウエア。このうちの一人が振り返りました。目黒でした。この人達と離れて、桜美林の先のコンビニに寄って出てくると次の日体大の一団と一緒になりました。辻村、史苑、柳沼、伊藤、櫻井などの3年生集団でした。3年生集団の直ぐ前を歩いて青学に入りました。

日体大は3-0で勝つどころか敗戦。

立石はメガホンを手に上からずーっと「ゆうか、ゆうか」って応援していました。JTにいた山本健史が居るので何だろうと思ったのですが、彼は日体大男子の監督で男子が一週早く終わっているから女子の応援に来ていたのですね。データ入力している学生に「ショートサーブが上手く行っているから、前に出てくるまではショートを続けさせろ」って言ってました。ベンチの野中コーチはノートパソコン持ってイヤホンをしていました。大学リーグもパソコンでリアルタイムでデータ処理しつつ通信してるんですね。

日体大はノーシードで全日本インカレでは一回戦勝っても二回戦で筑波大学。筑波大は春リーグと東日本インカレ優勝、秋リーグ三位。日体大はそれぞれの試合で筑波に敗れています。

ボクは全日本インカレは金曜日の準々決勝から観戦予定なので日体大は見られないかもしれない。

この試合もS鎌田、OP山本がスタメン。

f:id:cycle_piyo:20171102224305j:plain

 日体大のカットは、花井、池谷、目黒。この面子だと目黒に集まる。

f:id:cycle_piyo:20171102224315j:plain

近くに座っていた何処かの学生さんがベタホメだった池谷優佳。

f:id:cycle_piyo:20171102224545j:plain

評価が高い松井は初めてちゃんと見ましたけど不思議なノリの選手です。

f:id:cycle_piyo:20171102224558j:plain

苦戦する日体大

櫻井登場。

f:id:cycle_piyo:20171102224608j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171102224628j:plain

櫻井美樹。

f:id:cycle_piyo:20171102224652j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171102224740j:plain

  鶴田佳菜は相原高校。相原は神奈川県では大和南と川崎橘に次ぐ位の存在。

f:id:cycle_piyo:20171105104234j:plain

 小牧、櫻井、鶴田。

f:id:cycle_piyo:20171102224809j:plain

 お昼に青学のシマの近くでオニギリを食べていたら少し後ろに青学の下級生が座って日体大のセッターについて話し始めました。

「29番(鎌田)も上手いと思うんだけど11番(櫻井)は上手いだけじゃなくって、凄く丁寧なのが良いと思う」という櫻井評でした。

f:id:cycle_piyo:20171102224827j:plain

 小泉春葵はちょっとモンチッチに似ていた。

f:id:cycle_piyo:20171102224854j:plain

 花井と飯塚澪莉。花井はよーく見えている選手なのでナカナカ捕まらない。

でも決めきれる所まで行かない。

f:id:cycle_piyo:20171102224921j:plain

山本ひかるは前日の様な爆発が見られず中野に交替。

f:id:cycle_piyo:20171102224944j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171102224953j:plain

 ムードは日女体。

f:id:cycle_piyo:20171102225035j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171102225045j:plain

 連続失点があっても落ちない、決まるとこのノリ。

f:id:cycle_piyo:20171102225114j:plain

 

f:id:cycle_piyo:20171102225118j:plain

ダイナミックなフォームからの強打が魅力の中野祐希。

f:id:cycle_piyo:20171102225148j:plain

相変わらず力強い綿引菜都美。

f:id:cycle_piyo:20171102225159j:plain

 懸命のプレーが続いたけど振り切れない。

f:id:cycle_piyo:20171102225210j:plain

サーブレシーブ賞の森田茉莉。

f:id:cycle_piyo:20171102225355j:plain

綿引の対角は小牧香織。元気一杯だった。今の3年生までの神奈川県の高校出身者、特に大和南と橘の子は相模原や藤沢の市民体育館で見ているのでつい応援してしまう。

f:id:cycle_piyo:20171102225407j:plain

 バックアタックも打ったけれど・・・・。

f:id:cycle_piyo:20171102225418j:plain

伊藤麻耶、松井珠己、目黒優佳。

f:id:cycle_piyo:20171102225436j:plain

 日女体の勝利。インカレの9-16シードを取りました。ですが、1回戦中京大です。

綿引頑張れ。

f:id:cycle_piyo:20171102225458j:plain

 

筑波大3-2嘉悦大

壮絶な試合でした。

5セット目は嘉悦が出だしから走ってタイムを取って流れを変えようとしても上手くいかず10-3まで来ましたが、そこから筑波が猛追撃でした。

須田美南が一試合守り通しました。

f:id:cycle_piyo:20171102225601j:plain

嘉悦では小室の気迫が凄かったです。

f:id:cycle_piyo:20171102225627j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102225639j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102225653j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102225706j:plain

一枚で川上雛菜をシャットアウト。

f:id:cycle_piyo:20171102225733j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102225821j:plain

ずーっとボールを呼んでいた小室。

f:id:cycle_piyo:20171102225827j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102225845j:plain

メンバーに恵まれているチームの間では二枚替えが常識。筑波は万代真奈美->山城愛心、丸尾遥香->横田実穂。東龍の二人が入ってくる。山城はやっぱスゴイです。

f:id:cycle_piyo:20171102225856j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102225915j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102225949j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102230000j:plain

うちのエースは途中で美人談義。「小室さんも窪田さんも美人なんだけど、私は小室さんの方が好き」なんだとか。ハイハイって感じ。

 

f:id:cycle_piyo:20171102230013j:plain

ここのブロックは割れてばっかりで丸尾にぶっ叩かれて抜かれまくっていました。

f:id:cycle_piyo:20171102230028j:plain

井上が前日と別人。普段冷静にストレートからインナーまでコースを打ち分けていくのに、この試合では行ける時は叩きつけていました。

この試合の井上亜里沙はスゴイというのを通り越して怖かったですね。やっぱ完全に別格です。

f:id:cycle_piyo:20171103064157j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102230040j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102230053j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102230105j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102230120j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102230139j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102230154j:plain

f:id:cycle_piyo:20171106234358j:plain

普段クールな筑波大学の選手たちがノリノリになって、高校バレーのようにコート内を駆け巡り始めました。

f:id:cycle_piyo:20171102230206j:plain

筑波が嘉悦をねじ伏せて最終戦勝利。セット率で上回って嘉悦2位、筑波3位。

f:id:cycle_piyo:20171102230210j:plain


1位 東海大学
2位 嘉悦大学
3位 筑波大学
4位 青山学院大学
5位 東京女子体育大学
6位 日本女子体育大学
7位 国士舘大学
8位 日本体育大学 
9位 順天堂大学
10位 松蔭大学 
11位 宇都宮大学 
12位 早稲田大学

 

最優秀選手賞 小林奏瑛 東海

敢闘選手賞 高橋愛未 嘉悦

ベストスコアラー 井上愛里沙 筑波

スパイク賞・ブロック賞 甲萌香 筑波

サーブ賞 杉郁香 東女体

レシーブ賞 窪田美侑 嘉悦

セッター賞 菊池杏菜 東海

サーブレシーブ賞 森田茉莉 日女体

リベロ賞 目加田莉央 東海

 

バレーツアーは一旦終了、次はインカレと皇后杯です。

関東学連のツイッター見ていたら日体大と嘉悦大の試合を見ている所が写っていた。

f:id:cycle_piyo:20171106194349j:plain

関東大学バレー2017秋季リーグ最終週

GW以来の関東大学バレーボールリーグ観戦でした。最終週でやっと観戦できました。LCCの中国春秋航空と1000円の高速バスを乗り継いで東京です。

ここまでで、東海が全勝、嘉悦が1敗、筑波が2敗でした。

 

Aコート:東女体3-0国士舘、宇都宮3-2早稲田、日女体3-0松蔭大

東海大3-0順天堂大

春にMermaidsを見た時は練成不足だなと思いました。いっつも応援に来ているオジサンが何人かいるのですが、そういう人が敗戦後に「ガラッと変わっちゃったから仕方ないんだよ」と誰にともなく、だけど周りの人たちに聞こえるように言いながら会場を後にしてました。

春リーグは試合では結果が出ないものの、個々の選手は強烈なスパイクを打ったり、いいレシーブしたりと見所がありました。秋になったら強いぞMermaidsと思っていたところ、東日本インカレで既にチーム力が格段に向上していて4強入り。この分だと秋には・・・・と思っていたのですが、やっぱり全勝。

f:id:cycle_piyo:20171102082141j:plain

 Mermaidsの今年の主将は八王子実践出の小林奏瑛。

f:id:cycle_piyo:20171102083234j:plainf:id:cycle_piyo:20171102082258j:plain

たまに怪物っぽいプレーをする横田。

f:id:cycle_piyo:20171102082228j:plain

貞包と松本はパワフルで安定感があり守りも頑張る。

f:id:cycle_piyo:20171102082215j:plain

今のMermaidsでは松本が一番ワクワクします。まだ2年生。f:id:cycle_piyo:20171102082153j:plain

はまるとスゴイ当たりを打つ小松。菊池も先輩とすっかり息が合ってきた。

f:id:cycle_piyo:20171102082254j:plain

青野加奈。

f:id:cycle_piyo:20171102082334j:plain

青野と小林がネットを挟んで対峙。金杉もJTで頑張っている。

f:id:cycle_piyo:20171102082330j:plain

島田美紅。

f:id:cycle_piyo:20171102082333j:plain

志摩美古都。

f:id:cycle_piyo:20171102082317j:plain

守りも安定し何処のポジションからも強打が飛んでくる東海がストレート勝ち。

青山学院大3-0筑波大

どっちも関心の無いチーム。目の前の二人が熱心に筑波大学を応援していたのですが、その後ろで順番に筑波と青学の悪口をエースに語っていました。

試合後、活躍した川上雛菜がその二人の所にやって来ました。川上さんの親族でした、あちゃー。

f:id:cycle_piyo:20171102082611j:plain

この試合では青学に拾われてあまり決まらなかった井上愛里沙。こんな日もある。 

f:id:cycle_piyo:20171102082552j:plain

当然サーブが沢山飛んできますが堅実に捌いていました。

f:id:cycle_piyo:20171102082618j:plain

春に青学を見た時は、比金と山野辺が両方とも中途半端な形で起用されていて、東日本インカレでは比金はブロック強化目的での起用でした。

「こんな起用するなら東龍と成徳から同時にセッター採ったりすんなよ、勿体ねえなぁ」と思ったものです。今回は比金がスタメンで山野辺は二枚替えでの起用でした。どっちが上げても速攻がバッチリ。山野辺と一緒に入るのは目黒安希。戦術的にとても有効に機能していました。

f:id:cycle_piyo:20171102082637j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102082641j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102082655j:plain

1年の目黒安希は線は細いもののアタックは力強かったです。f:id:cycle_piyo:20171102082539j:plain

及川真夢は春は弱々しいスパイクばかりでしたが、すっかり変わってしまって叩けていました。ブロックも流れないで跳んでいました。これにはビックリ。やはり年が年なので半年あれば相当変わるって事みたいです。ひ弱なお人形さんみたいに思っていましたが、来年の今頃は結構な選手になっているかもしれません。

f:id:cycle_piyo:20171102082709j:plain

日体大3-1嘉悦大

本日のメインイベント。

抜群のボディバランスと体の強さを備えた万能プレーヤーの日体大目黒主将、嘉悦大窪田主将が見られる試合です。

f:id:cycle_piyo:20171102082820j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102082904j:plain

嘉悦は優勝の目があるので3-0で勝ちたいところです。

日体大のセッターは1年の鎌田咲希で、櫻井美樹はベンチ。春リーグで球捌きを見て以来、櫻井ゾッコンだったのでちょっと残念。

f:id:cycle_piyo:20171102082756j:plain

またライトには1年のサウスポー山本ひかるが起用されました。

櫻井と中野のスタメンを予想していたのでお手並み拝見です。

f:id:cycle_piyo:20171102082723j:plain

 山本の活躍で日体大有利に展開。苦戦する嘉悦は、小室が内野に、須田が石井に、岩本が浅利にそれぞれ交替となりました。交替した選手は頑張っていました。

f:id:cycle_piyo:20171102084352j:plainf:id:cycle_piyo:20171102082931j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102082806j:plain

f:id:cycle_piyo:20171106080554j:plain

 目黒優佳はこの日も攻守に奮闘。窪田はフェイントや緩いボールで揺さぶりを掛けても日体大に対応されてしまっていました。

f:id:cycle_piyo:20171102082839j:plain

f:id:cycle_piyo:20171102082846j:plainf:id:cycle_piyo:20171102082742j:plain

高橋はこの試合も頑張っていましたけど、正直高橋に集めすぎだと思いました。1セット目と4セット目で明らかにパフォーマンスに差が見られ、高橋とセッターが前衛の時にもう少し負担を減らしてあげないとシンドイです。

f:id:cycle_piyo:20171102082919j:plain

山本ひかるの起用が大当たりで日体大勝利。嘉悦が2敗となり、東海大の秋リーグ制覇が決まりました。春リーグ8位からのリーグ制覇です。

Mermaidsおめでとう。 f:id:cycle_piyo:20171102082432j:plain