Kaita City Life 海田市生活

次はどこ走ろうか

【しまなみ海道】大島・江越峠の前に「しまのダイニング」で腹ごしらえ

江越峠に4年ぶりに挑戦

大島に江越峠という峠があります。道が狭く通行しにくいのでメジャーではありませんが結構な坂です。今回はこの峠にチャレンジする事になりました。以前、食堂みつばちでランチした後に通りました。「食堂みつばちの前の道をそのまま行けば吉海いきいき館に出るよ」って何も知らずに。この時は、最後の急こう配でエースが自転車を放り出して道路わきに体育座りしてしまいました。

リベンジしたいそうです。エースの発案で盛港から大島に向かう事にしました。

そんなわけで忠海港で自転車作成。

f:id:cycle_piyo:20200706205103j:plain

f:id:cycle_piyo:20200706205504j:plain

大久野島で家族連れが下船します。5-60人かな?入国規制の影響で少ないです。

f:id:cycle_piyo:20200706205524j:plain

盛港着。

f:id:cycle_piyo:20200706205544j:plain

f:id:cycle_piyo:20200706205549j:plain

大三島を南下して伯方島に向かいます。

f:id:cycle_piyo:20200706205650j:plain

伯方SCで昼食にするか大島の「みやくぼしまのダイニング」にするか思案です。「みやくぼしまのダイニング」にTELすると「10:30開店ですが、ご飯を炊き忘れたので、少し遅くなるかも」って意味わからん。でも10-20分の待ちで済むだろうし、まだ15kmほどしか走っていないからって事で宮窪に向かう事にしました。

f:id:cycle_piyo:20200706205740j:plain

f:id:cycle_piyo:20200706205746j:plain

みやくぼしまのダイニング

ほぼ20km走って到着です。

この前、次はココに来たいんだってエースが行っていた店。

f:id:cycle_piyo:20200706205819j:plain

古民家とはちょっと違う古い建物・・・・はミカンのための納屋だったそうな。

安心してください!

入れますよ!

お手洗い新しくて綺麗です!!

f:id:cycle_piyo:20200706205841j:plain

1400円のランチメニュー一択でした。

デザートを遠慮すると100円引きだとか。

f:id:cycle_piyo:20200706205907j:plain

f:id:cycle_piyo:20200706205912j:plain

f:id:cycle_piyo:20200706205932j:plain

うーん、51Curry以来の感動。

 

cycle-piyo.hatenablog.com

店内にあった「しまなみ島走Book」によると、名駒峠の方が江越峠より緩やかという事でした。江越峠での余裕度によっては結の屋MITSUBACHIまで足を延ばし、名駒峠も越えてはどうかと提案しましたが、却下!

でも、先回2016年4月10日はそっちに行っていたんだよね。

f:id:cycle_piyo:20200706214356p:plain

「しまなみ島走Book」はプロフィールマップといって高低図が載っています。ウチにある「瀬戸内7海道サイクリングガイド」よりもしまなみ海道については役立ちそうです。今治から始まる本は初めて見た気がします。買おうかな?

次に来たいお店はココ魚蔵なんだとか。

f:id:cycle_piyo:20200706210321j:plain

食堂みつばち跡

f:id:cycle_piyo:20200706210241j:plain

さて、本日のメイン江越峠へ。

緑のトンネルの中を走っている様子を撮れとか相変わらずウルサイ。

f:id:cycle_piyo:20200706210349j:plain

f:id:cycle_piyo:20200706210354j:plain

着いたよぉー。

エースはまだ走っていて、すぐそこ。 

鏡の中に二人ともいるんだけど良く分からん。

f:id:cycle_piyo:20200706210420j:plain

エースは3回足を付いたそうですが、ちょっと息を入れてすぐ再出発したそうです。やっぱり、10%程度(多分)の坂になると、サドルにググッと体重が掛かってしまいます。本人によると坂が急になると逆回転しそうになるそうです。少し悔しそうでしたけど体育座りの前回よりは全然ましなので、とりあえず合格点で良いんじゃないかと思います。

ここからR317に戻るのですが、亀老山を登ってきたように見えるところが照れます。

MITSUBACHIは移転して宿に。

f:id:cycle_piyo:20200706210501j:plain

f:id:cycle_piyo:20200706210505j:plain

そのまま島の外周を走りバラ公園へ。

f:id:cycle_piyo:20200706210534j:plain

f:id:cycle_piyo:20200706210540j:plain

f:id:cycle_piyo:20200706210602j:plain

R317に戻り、石のcafeでお休み。

f:id:cycle_piyo:20200706210623j:plain

最近こういう宿が増えました。泊まりたいそうなのですが、ここは26000円と高杉君。

f:id:cycle_piyo:20200706210645j:plain

盛港に帰ってきました。68km。

f:id:cycle_piyo:20200706210711j:plain

f:id:cycle_piyo:20200706212441p:plain

やっぱり、エースには70kmでちょっと坂あり位が丁度良さそうです。

f:id:cycle_piyo:20200706210750j:plain

しまなみ海道を走って多々羅大橋来島海峡大橋も通行しなかったのは初めてです。この二橋に拘らなくともコース組めますね。

エースは、どうしても大三島一周がやりたいみたいなので、考えてみましょう。

お風呂と夕食

この後は賀茂川荘でお風呂。

f:id:cycle_piyo:20200706210813j:plain

海田に帰って辛部でつけ麺。

海田町広島市とは陸続きで隣接しています。「初上陸」って辛部は宇品港から海田町に船でやってきたのだろうか?

f:id:cycle_piyo:20200706210829j:plain

f:id:cycle_piyo:20200706210834j:plain

 熊本豪雨

7月6日の朝は町内放送があり、西日本豪雨で亡くなられた方に黙祷を捧げました。

海田町でも三迫の方が亡くなりました。避難時に瀬野川の支流の濁流に飲み込まれて流されてしまい、広島湾で見つかったそうです。もう何時間か早く非難していれば無事だったろうし、諦めて二階で雨が止むのを待っていても無事だったでしょう。幸いにして三迫は坂町小屋浦呉市天応の様にはなりませんでしたから。

自分は車通勤で「帰れる人は帰ろう」というメールが再三来たにもかかわらず退社が遅れて通勤路は渋滞。通常の3倍の時間をかけて帰宅。

翌日災害情報をチェックすると前夜通った道路は数か所で崩落しており通行不能となっていました。その道で死者が出たという話は無かったので、崩れたのは深夜で、命拾いした人は沢山という事の様です。長期の片側交互通行を経て、大抵の箇所は工事が終わりましたが、未だに工事をしている箇所もあります。

真備町では熊本への寄付の準備を進めているようでした。身近に支援物資を募っている所が無いか調べつつ、まずは「さとふる」で寄付か。

なーんて事を考えていたら広島も各地に避難指示が出る事態になってしまいました。

一昨年の教訓を生かさなくては。

江田島・幸ノ浦峠に再チャレンジ

この日は、エースが先月打ちのめされた幸ノ浦峠にもう一度挑戦です。

f:id:cycle_piyo:20200629171111p:plain

 

cycle-piyo.hatenablog.com

江田島オリーブファクトリー前の駐車場に車をデポして、幸ノ浦峠を走りつつザリガニの両方のハサミをぐるっと走ってやろうという事になりました。

オリーブファクトリー前で自転車を作って出発。

f:id:cycle_piyo:20200629120955j:plain

オリーブファクトリーの少し北にあるヒキシマの場所だけチェック。

さて本格的にスタート。

f:id:cycle_piyo:20200629121016j:plain

大柿高校前のMIKANマラソンのスタート地点まで出てきました。

f:id:cycle_piyo:20200629121020j:plain

これだと左のハサミに向かう事になります。

道が違いますね。江田島詳しいつもりなのに。

という事で右のハサミに向かうべく柿浦へ。

f:id:cycle_piyo:20200629121043j:plain

ヤギが気になるエース。

暫くヤギと戯れていました。

f:id:cycle_piyo:20200629121049j:plain

江田島自動車学校の横を北上です。

f:id:cycle_piyo:20200629121107j:plain

本日のミッションその1、幸ノ浦峠にアタック。足付きなしで行けるか?

AV7.1%、距離2kmです。

f:id:cycle_piyo:20200629121111j:plain

残念ながら足つきしてしまいましたが、押しは入らなかった。

先回より早く上がって来て救出に行く必要はなかったです。

切串目指して一気に下ります。

f:id:cycle_piyo:20200629121131j:plain

f:id:cycle_piyo:20200629121148j:plain

この前は無かったポーク&チキンさんの幟。

再開したようです。

f:id:cycle_piyo:20200629121153j:plain

江田島造船所を見ながら小用港目指して走ります。

f:id:cycle_piyo:20200629121209j:plain

f:id:cycle_piyo:20200629121215j:plain

ここで秋月方面へ進みます。

目指すはしびれ峠。

f:id:cycle_piyo:20200629121230j:plain

軍艦榛名霧島戦没者留魂碑。

f:id:cycle_piyo:20200629121248j:plain

やってきました、しびれ峠。

cycle island project@江田島の時はココまで上がってこれませんでした。

ミッションその2完了です。

正面左が灰が峰、奥に見えるのが野呂山

f:id:cycle_piyo:20200629121253j:plain

対岸の街が天応。くっきり2本、土砂崩れの跡が見えます。

f:id:cycle_piyo:20200629121324j:plain

秋月トンネルを抜け、新鮮市場を目指します。

f:id:cycle_piyo:20200629121352j:plain

ほいさ、出てきた。

新鮮市場あとちょっと。

f:id:cycle_piyo:20200629121409j:plain

海辺の新鮮市場にやってきました。

ミッションその3、W定食。

カキフライと刺身でW。

f:id:cycle_piyo:20200629121424j:plain

中町港前ローソンで食後のコーヒー。

高田港までやってきました。

f:id:cycle_piyo:20200629121447j:plain

f:id:cycle_piyo:20200629121518j:plain

厳島

f:id:cycle_piyo:20200629121555j:plain

三高港のターミナルが新しくなります。

f:id:cycle_piyo:20200629121602j:plain

f:id:cycle_piyo:20200629121623j:plain

美能の先を上っていくと大きな崩落個所がありました。

元の道路は完全に崩れてしまい、内陸側に新設しています。

乗用車は通れます。

f:id:cycle_piyo:20200629121631j:plain

広島道路ナビによれば大型車通行止めです。

f:id:cycle_piyo:20200629135300p:plainエースはおそらく初めてのETTA JAZZ CAFE。

「西村キャンプ場」で長野久義選手が来てすぐに自粛祭り。

f:id:cycle_piyo:20200629121658j:plain

f:id:cycle_piyo:20200629142142p:plain

海岸線に向かって下ります。

ヒロシマMIKANマラソンの折り返し地点、沖美のウミノス。

f:id:cycle_piyo:20200629121706j:plain

f:id:cycle_piyo:20200629121725j:plain

MIKANマラソンの復路コースで大柿高校前に向かいます。

f:id:cycle_piyo:20200629121754j:plain

才越峠を越えるので、鹿川ターミナルの原油タンク群は通りません。

次回のお楽しみ。

f:id:cycle_piyo:20200629121802j:plain

戻ってきた、MIKANマラソンスタート地点。

ミッションその4、ヒロシマMIKANマラソンルート走破完了。

f:id:cycle_piyo:20200629121825j:plain

f:id:cycle_piyo:20200629121831j:plain

ザリガニのハサミを両方なぞって駐車場に戻ってきました。

ミッションその5終了です。

f:id:cycle_piyo:20200629121849j:plain

f:id:cycle_piyo:20200630052437p:plain

自転車を車載して出発。

早瀬大橋を渡って倉橋島を南下します。

f:id:cycle_piyo:20200629121910j:plain

ミッションその6は桂浜温泉館入浴。

お客さんはほぼ戻っているように思えます。

コロナ対策でドライヤーがありません。

f:id:cycle_piyo:20200629121915j:plain

もう一度早瀬大橋の横を通って呉市街地へ。

f:id:cycle_piyo:20200629121956j:plain

西日のまぶしい中、海田町へ。

f:id:cycle_piyo:20200629122002j:plain

65kmほどのサイクリングでした。

エースは、幸ノ浦峠で足つきした以外はスイスイ走っていました。

また機会があれば幸ノ浦峠挑戦ですね。
































 

呉市のNALIPOへZONDAを履いて

NAPOLIが好きな。

NARIMOTOさんのお店。

NALIPOでピザ食べてきました。

我が家ではこの日からホイールをローテしました。

wiggleで注文して1週間ほどでカンパのEurusが届きました。早速装着です。ZONDAにGP4000SⅡを付けてエースに渡して、RS21にはホームトレーナーを付けて3本ローラー用にしました。

エースが張り切って「大三島を一周する!」と高らかに宣言です。「無理、止めといた方が良いよ」となだめて、まあまあの坂がある70kmほどのコースを考えました。

エースにちょうどいい距離は70kmほどで、10%とかの坂は押しが入ります。そこまでいかない坂という事で呉越峠と海保の前の吉浦に抜ける坂をコースに入れる事にしました。今までも越えられた峠ですからホイールの違いを感じるには丁度良さそう。

f:id:cycle_piyo:20200619154704p:plain

 R31を下って呉へ向かいます。

吉浦駅の先でR31を離れて海上保安大学校方面へ。

f:id:cycle_piyo:20200622021018j:plain

一つ目の坂をクリア。

坂を上り切って海上保安大学校横の坂を下ります。

下りの加速はどうでしょうか?

f:id:cycle_piyo:20200622021036j:plain

呉市街にやってきました。

丁度学生さん(というか隊員か)が帰るタイミングでした。

f:id:cycle_piyo:20200622021127j:plain

この世界の片隅に」の下士官集会所としてすっかり有名になりました。ここから本通りを北上して呉越峠に向かいます。

f:id:cycle_piyo:20200622021133j:plain

本通りを北上して呉越峠へ向かいます。呉越峠はロードバイクで越えるには大した峠ではありません。しかし、昔は路面電車が通っていたというのはヨソモノにはちょっとした驚きです。

ここを左折すると灰が峰。野呂山に比べると上る自転車乗りが少ないです。

f:id:cycle_piyo:20200622021159j:plain

2つ目の坂も余裕で通過。阿賀野を抜けて広に入ります。

広交差点で右折して海沿いに向かいます。この日のサイクリングのハイライトの一つ。この先の海岸線が去年見つけたちょっとイイ感じの道です。

f:id:cycle_piyo:20200622021224j:plain

この坂を越えると海が見えてきます。

f:id:cycle_piyo:20200622021239j:plain

島走感いっぱい。

f:id:cycle_piyo:20200622021243j:plain

f:id:cycle_piyo:20200622021300j:plain

川尻と下蒲刈島を結ぶ安芸灘大橋

f:id:cycle_piyo:20200622021321j:plain

海岸線の終着点、仁方桟橋までやってきました。ここまで大体38km。ここからはR185に出て、呉市街地に戻る予定でした。ところがエースが「この道の方がいいよ」という意見でしたので、来た道を戻ることにしました。

f:id:cycle_piyo:20200622021333j:plain

左手は下蒲刈島です。

f:id:cycle_piyo:20200622021354j:plain

磯神社。

f:id:cycle_piyo:20200622021403j:plain

f:id:cycle_piyo:20200622021421j:plain

小坪小学校は一階にcafeが出来ていました。ここは廃校になって広南小学校に統合されたのだと思います。体育館はスポーツしていました。ランナーを何人か見かけたのですが、ここに車をデポして海岸線を走るのも良いかもしれません。

f:id:cycle_piyo:20200622021511j:plain

広に戻って、帰りは休山トンネルの予定でした。もう一度呉越峠を越えたいというエースの希望で峠越えで呉市街を目指します。

f:id:cycle_piyo:20200622021545j:plain

天然ラドン温泉鶴乃湯。

この風呂屋は一度来てみたいのですが、あまり駐車場が大きくなく、いつも駐車場が一杯です。どこか良い駐車場が無いものか?

f:id:cycle_piyo:20200622021554j:plain

f:id:cycle_piyo:20200622021611j:plain

呉の市街地が見えてきました。昼食のピザ屋さんNALIPOを探します。

f:id:cycle_piyo:20200622021621j:plain

万惣のちょっと西にお目当てのNALIPOがあるはずです。万惣の駐車場わきで三つ蔵を撮っていると「呉の方ですか?」と声を掛けられました。呉の人は自転車で三つ蔵まで来ないんじゃないのかな?

f:id:cycle_piyo:20200622021646j:plain

暫くウロウロしてNALIPO発見。もみじ銀行の前だったので、それを知っていれば見つけるのは簡単でした。ちょっと準備が甘かったな。

f:id:cycle_piyo:20200622124353p:plain

NALIPOは地元のTV番組で紹介されていてエースが興味を持ったお店です。営業日を確認したところ前日の6/19から営業再開だったそうです。12:30に着いたのですが、店の外で2組待っていました。TAKEOUTのお客さんもやってきていました。

f:id:cycle_piyo:20200622021654j:plain

f:id:cycle_piyo:20200622021710j:plain

NAPOLIが好きな。

NARIMOTOさんのお店。

NALIPOです。

久々に当てた!って感じで、とても良かったです。

「焼たてが一番おいしいので、まず一切れ食べてください」と言われたのですが、「まず」ではなく「一気に」食べてしまいました。

奥のピザの真ん中に載っているのは半熟卵です。エースはこいつをチーズに絡めて美味しそうに食べていました。

f:id:cycle_piyo:20200622021717j:plain

満足したところで海田町に戻ります。日が差してきて暑くなってきました。

二河川から海を望みます。f:id:cycle_piyo:20200622021746j:plain

もう一回、海上保安大学校前の坂にチャレンジ。

f:id:cycle_piyo:20200622021817j:plain

吉浦に下って、・・・うみねこベーカリーが今日は開いてた。いつもは店の前でエースの買い物を待ちますがこの日は初めて店内に入りました。シンプルなつくりの綺麗なお店でした。三種類ほどパンを買って出発です。

f:id:cycle_piyo:20200622021826j:plain

だし道楽の前まで戻ってきました。

f:id:cycle_piyo:20200622021849j:plain

小屋浦

「坂うめじろう」と言うそうです。

f:id:cycle_piyo:20200622021902j:plain

往復79kmで海田町に戻りました。

エースに仁方の海岸線を気に入ってもらえたし、NALIPOは抜群でした。

f:id:cycle_piyo:20200622041324p:plain

いつもより積極的に坂を走ったエースでしたが、ZONDAはだいぶ気に入ったようです。下りがいつものRS21よりスピードが乗って気持ちよかったそうです。何時もは平地だと25km/hで千切れてしまうのですが、この日は付いてきていました。ZONDAなのかplaceboなのか、いずれにしても良い事です。しばらくはZONDAとGP4000SⅡの組み合わせで頑張ってもらいます。

NAPOLIが好きな。

NARIMOTOさんのお店。

NALIPOでした。

 

【しまなみ海道】生口島・沢港-糸山サイクルターミナル

しまなみ海道はバスが無くなっちゃったからねぇー」と当分行かないかのように先週言っていたくせに走りに来るヤツ。

須波港からフェリーで生口島に行き、糸山サイクルターミナルまで行って帰ってくることにしました。

食事は伯方島の三和でラーメン。

最初は大三島のよし川にしようと思ったのですが営業の確認が取れなかったのです。

三和は電話が繋がって「11時開店です」という事だったので三和にしました。

f:id:cycle_piyo:20200607044837j:plain

生口島の沢港に到着です。

フェリーで一緒になったご夫婦の奥様のクロモリバイクがカッコ良かったです。

f:id:cycle_piyo:20200607044844j:plain

しおまち商店街。

f:id:cycle_piyo:20200607044854j:plain

THE生口島

生口島って言うと頭に浮かぶのは耕三寺エリアの食堂とこの道。

みんなが大好きなジェラート屋には入ったことがありません。

f:id:cycle_piyo:20200607044858j:plain

通るたびにココで写真を撮るサルです。

日頃、瀬戸田レモンや大長レモンをウオッカに加えて炭酸で割って飲んでいます。

f:id:cycle_piyo:20200607044919j:plain

お久しぶりです愛媛県

広島県海田町民です。

f:id:cycle_piyo:20200607044923j:plain

f:id:cycle_piyo:20200607044942j:plain

11:00過ぎに三和到着です。

われわれのラーメンが出てきた後から混み始めました。待たないで店内に入れたので、ちょっと心配したんですけどね。

最近ってお気に入りの店が生き残っているとホッとしますよね。

自粛列島の間は、というかあとひと月は在宅勤務なのですが、昼食は町内のお気に入りの店でグルグル回しました。

「潰してなるものか!」

お好み焼き800円とか定食1300円で微力ですけどね。

f:id:cycle_piyo:20200607044959j:plain

今回は初めてこく旨を注文。病みつきになるかもしれません。

f:id:cycle_piyo:20200607045007j:plain

三和があるのは木浦地区だと思います。

f:id:cycle_piyo:20200607045025j:plain

伯方大島大橋を渡って大島へ。

f:id:cycle_piyo:20200607045036j:plain

伯方SCのイルカが跳ねる様子が見えました。

f:id:cycle_piyo:20200607045051j:plain

大島の宮窪。

この日は潮流が激しい時間帯でした。

f:id:cycle_piyo:20200607045109j:plain

吉海生き生き館への下り。

ココから見る来島海峡大橋が好きなのですが、電線がね、うっとおしい。

f:id:cycle_piyo:20200607045130j:plain

この後は、糸山サイクリングターミナルでコーヒー休憩の予定です。

もうちょっとだ、頑張れエース。

f:id:cycle_piyo:20200607045136j:plain

沢港から50km走って糸山サイクルターミナル。

ここもsocial distance。

ホテルも休業でした。

f:id:cycle_piyo:20200607045153j:plain

一時間前に塩ラーメンを食べたばかりなのにマルゲリータ

f:id:cycle_piyo:20200607045209j:plain

よし戻るぜ!次の休憩は伯方SC。

f:id:cycle_piyo:20200607045215j:plain

いやぁ今日は本当に潮が・・・・。

橋の上からしばし観潮です。

f:id:cycle_piyo:20200607045228j:plain

吉海生き生き館は海鮮焼きの営業していました。

お客さんの入りはもう一つ。

f:id:cycle_piyo:20200607045238j:plain

宮窪峠にはいつの間にか可愛らしい椅子が。

エースが登ってくるのを待って一緒に下りました。

下りで追い抜かれてエースが「???」、二人とも漕いでいないのに。

なんでこんなに違うの?

それはね・・・・。

f:id:cycle_piyo:20200607045304j:plain

こちらも今回初めて見た伯方大島大橋のアプローチにある応援の人形。

下のお宅の方が作製された模様。

皆さんマスクをしていました。

f:id:cycle_piyo:20200607045315j:plain

休憩ポイントの伯方SCに到着。

f:id:cycle_piyo:20200607045322j:plain

アイス食べて、お腹下して、出発遅れる。

f:id:cycle_piyo:20200607045336j:plain

大三島橋まで戻ってきたよ。

f:id:cycle_piyo:20200607045401j:plain

もう一回、多々羅。

f:id:cycle_piyo:20200607045429j:plain

さよなら愛媛県

お久しぶりです広島県

海田町民戻りました。

f:id:cycle_piyo:20200607045435j:plain

しおまち商店街をサーっと走りました。ホテル建設中でした。

何年か前に瀬戸田港前のホテルが廃業していましたが新しいのができます。

f:id:cycle_piyo:20200607045455j:plain

観光案内所にはこういうものが・・・・。

エースはこういうのが大好きなので、何枚か写真を撮らされました。

f:id:cycle_piyo:20200607045500j:plain

もうすぐ沢港。

今週はフェリー代金あるよ!ってか今回は往復切符買いました。

f:id:cycle_piyo:20200607045513j:plain

93kmのサイクリング終了。

フェリー来た!

f:id:cycle_piyo:20200607045531j:plain

造船所の仕事を終えて帰る皆と須波港に到着。

f:id:cycle_piyo:20200607045541j:plain

車に自転車積んで山陽道海田町へ。

スーパーで惣菜買って家に着いたらすぐ風呂。

食事の時に坂の下りの話になりました。

エースは、下りのスピードが違うのは何かコツがあるのかと思っているようでしたので「ホイールの違い」と説明しました。

「ZONDAとRS21だとZONDAの方が抵抗が少ないし、軽いから上りも楽だよ。」

「だから一緒の時は履いてて良いって言っていたでしょ。」

「えー、それなら私ZONDAで走ってみたい」

で、wiggleにアクセスしてこんな風に色々あるのだよと説明していると・・・・・EURUSが4.4万円で出ているではないですか。

衝動買いしてしまいました。

良いよね?イタリア大変だから、給付金使って支援しても問題ないよね。

中国に持ってかれないように自由主義陣営が助けないとダメだよね。

ちゃんと海田町でも飲食しているから許されるよね、外国製品に使っても。

わーん、EURUS楽しみだよぉー。

【追記】

6月6日注文。

6月10日梱包終了のメール。

6月14日到着。受け取り時に2400+200=2600円支払い。

しまなみサイクルエクスプレス廃線で江田島へ

前週、呉まで出かけてすっかりその気になり「来週も自転車に乗る」というエースの気持ちに応えるべく、しまなみ海道走破を企画。

今までに3度かな?走っているので走力は心配ない・・・はず。

スタートはいずれも尾道

一度目は、今治駅からバスで帰還、その後の二回は糸山サイクリングターミナル宿泊と馬島からバスだったかな。

エースは100km以上走ったのは二度ほどしかなく、最後の20km位はヘロヘロでした。

しまなみ海道片道は気分よく走れる距離のほぼ上限です。

今回も尾道に車をデポして糸山サイクルターミナルまで走破し、馬島からバスで尾道に帰還するルートにしました。

ではなく、しようとしました。

さて、尾道バスのサイトに飛ぶと、サイクルエクスプレスは6月末で休止のお知らせ。

無くなる前に利用しておかないと・・・と予約電話を入れると「コロナで休止して再開の日は未定です」というお答えでした。

どうやら、このまま終わりにするつもりみたいです。

結局、しまなみ海道は一泊して走破するか、一日で往復かの二択になってしまい、敷居が高くなりました。飛行機や新幹線で来る人にとってはなおさらですね。

日帰りとなると生口島瀬戸田と糸山ターミナルの往復が丁度いいのかな?

個人的には須波港に車をデポして生口島大三島伯方島を回るルートが好きです。

バスがないから往復150kmにしようというわけにはいきません。

予定を変更して江田島です。

去年の9月に三高山砲台に行って以来です。

海田=>呉港(フェリー)小用港=>大柿=>切串(フェリー)呉ポー=>海田

こういう地味なルートを設定しました。大体しまなみ海道と同じ距離です。

 昼食は中町港近くのshirasuyaという店のtake outを利用することにしました。

中町港のどこかに休憩所とか食べるところがあるでしょう。

 10:15のフェリーに乗ることにして、9:00頃に出発しました。

しばらくして人の戻ったベイサイドビーチ坂が見えてきました。 

f:id:cycle_piyo:20200531052437j:plain

ここの所、沖にpeaceboatの舟がおります。

今は世界中入港できない港ばっかりだからですかね。

R31は自粛全開の頃よりは明らかに車が増えました。

予定通り9:50頃には大和ミュージアム前に到着です。

f:id:cycle_piyo:20200531052443j:plain

フェリーターミナルに向かいます。今回は小用港なのでこちら。

大人400円+自転車120円です。

自販機で乗船券を買って、自転車代は船内での支払いです。

f:id:cycle_piyo:20200531052502j:plain

松山行きの乗船案内を聞きながら小用からのフェリーを待ちます。

松山便は昼間っから飲んでいる輩が多い、素晴らしい航路です。

船の中で飲んで松山に着いたら道後温泉で風呂、ホテルでまた飲むという旅行を広島にいる間にしてみたいです。

f:id:cycle_piyo:20200531052525j:plain

出航した松山行きとすれ違って、我々が乗る小用行きがやってきました。 

f:id:cycle_piyo:20200531052544j:plain

自転車は我々の他は一台。

さよなら灰が峰、さよなら大和ミュージアム

f:id:cycle_piyo:20200531052618j:plain

20分の船旅で小用港に到着です。ここから中町港を目指します。

小用港を出てすぐが坂です。

やや怯んでいましたが、まずまずのペースで登っていくエース。

f:id:cycle_piyo:20200531052632j:plain

県道江田島大柿線を南下して江南交差点へ。

丁度11時だったのですが、何故か閉店したはずの海辺の新鮮市場の前に行列が!

f:id:cycle_piyo:20200531052639j:plain

海辺の新鮮市場が再開しておりました!

ダブル☆☆という表現に惹かれましたが、刺身定食に!

f:id:cycle_piyo:20200531052715j:plain

お手製シールドでコロナ対策していました。

f:id:cycle_piyo:20200602121400j:plain

f:id:cycle_piyo:20200531054027j:plain

以前は炊き込みご飯三種類で、おかわりも何回も出来ました。

今は炊き込みご飯一種類です。

ご飯も味噌汁もおかわり一回までです。

そうやってコストを下げて再開となったのでしょうね。

2階も自作のシールドで感染症対策です。

f:id:cycle_piyo:20200531054032j:plain

ここは食事もさることながら二階からの眺めが良いのです。

f:id:cycle_piyo:20200531054047j:plain

自転車乗りが江田島に戻ってきましたね。

f:id:cycle_piyo:20200531054053j:plain

新鮮市場は終わってしまったからという事で見つけたshirasuyaですが、HPを見ると美味しそうなので、炊き込みご飯のお代わりを我慢して、行ってみることにします。

中町港に到着。

f:id:cycle_piyo:20200531054114j:plain

フェリーターミナルのお好み焼き屋さん日和。

繁盛しているみたいです。

f:id:cycle_piyo:20200531054120j:plain

珈琲屋さんの角を曲がって少し走ると、ありましたshirasuya e's。

f:id:cycle_piyo:20200531054149j:plain

f:id:cycle_piyo:20200531054135j:plain

シラスのピザ一枚注文しました。

「30分後に」という事でしたので時間つぶしに三高方面へ。

f:id:cycle_piyo:20200531054209j:plain

適当なところでUターンしてピザを受け取り、中町港へ。

シラスいっぱい。

f:id:cycle_piyo:20200531054227j:plain

期待以上に美味しかったです。

色々食べ満足したところで切串港へ向かいます。

海辺の新鮮市場の所まで戻ってきました。

f:id:cycle_piyo:20200531054248j:plain

ザリガニのハサミのどっち側を通るか相談して、西側を選択しました。

f:id:cycle_piyo:20200601051350p:plain

ところが、青少年交流の家の家の前で大須が通行止めのお知らせ。

もう解除されているはずだったのでノーマークでした。

工事が予定通りに行っていないみたいで、あちこち通行止め解除時期を訂正するシールが貼ってあります。

 

cycle-piyo.hatenablog.com

f:id:cycle_piyo:20200531054304j:plain

戻って東側を走るか幸の浦峠を越えるショートカットにするか相談です。

江田島のサイクルマップをDLして確認すると「やや坂」との記述。

別のガイドで10%位の勾配があると書いてあったような覚えがあるのですが、この道を走ったことが無いので何とも言えません。

エースに聞くと「行ってみるよ」という事だったのでショートカット選択。

やっぱり来た、ドーン。

f:id:cycle_piyo:20200531054319j:plain

先に峠まで行き、自転車を押すために歩いてエースを救出に向かいます。

大丈夫と言って適当に休んだりしながら頑張って自力で登り切りました。

f:id:cycle_piyo:20200531054334j:plain

下りは得意(好きなだけ?)なエースは爆走して下っていきました。

f:id:cycle_piyo:20200531054349j:plain

着いたぜ切串港。

まだフェリーまで30分弱あります。

f:id:cycle_piyo:20200531054407j:plain

f:id:cycle_piyo:20200531054425j:plain

フェリーターミナルでは江田島産の地鶏を売っているらしいのですがクーラーボックスの中はカラッポ。

f:id:cycle_piyo:20200531054438j:plain

もしかして「ポーク・アンド・チキン」さんではないかと切符売りの人を探します。

 

cycle-piyo.hatenablog.com

人を探して聞いてみるとやっぱり「ポークアンドチキン」さんでした。

奥に冷凍を保管してあるという事だったので持ってきてもらいます。

一黒シャモ

もみじ

名古屋コーチン

勢ぞろいですよ!

われわれの行動が呼び水となって他のフェリー客も集まってきました。

「美味しいです、是非どうぞ」と生産者でもないのに宣伝です。

まぁ、一応顔と名前を覚えてもらっている身なので良いでしょう。

f:id:cycle_piyo:20200531054455j:plain

一黒シャモを購入!!

f:id:cycle_piyo:20200602094650j:plain

あれ?

運賃320円+自転車130円なので二人で900円なのですが手元には800円位しかない!

すぐそばの郵便局に行くも土曜日は12:30でATM終了。

フェリーに乗れません。

小用港から呉港にわたれれば良いのですが、小用で広銀やコンビニを見た覚えなし。

早瀬大橋まで南下して倉橋島にわたるルートに変更です。

呉まで35kmなので自宅までだと55kmです。

f:id:cycle_piyo:20200531112532p:plain

エースが「仕方ないよ、頑張る」と言うのでゆっくり南下。

もう70km近く走っているのでエースのペースが上がりません。

つらそうです。

何とか船でショートカット出来ないものか。

小用港の周りでダメもとでコンビニを探すと、呉信用金庫が。

助かった。

キャッシングでお金をおろせば切符が買えます。

f:id:cycle_piyo:20200531054511j:plain

VISAカードで借金して呉港行きのフェリーの切符買いました。

小用港では30分ほど待ち時間があるのでターミナル内の掲示にも目を通します。

小用と呉を結ぶフェリーは東日本震災の後、数か月の間、気仙沼に貸し出されていたのだそうです。

東北で皆の足になっていたのかと思うと胸アツです。

16:25のフェリーで小用港に向かいます。

f:id:cycle_piyo:20200531054526j:plain

無事呉港に到着です。

あと20km走れば海田町の自宅に到着です。

ゆったりと呉港をスタート。

呉港の西エリアには広島大学の豊明丸が停泊しています。

生物生産学部の舟なのですが、生物生産学部って何するのでしょうか?

f:id:cycle_piyo:20200531054545j:plain

昔は福山にあったそうですが東広島市に移転しています。

その跡地に福山平成大学があります。

いつものルートを北上して海田町に戻ります。

だし道楽から15kmほどで自宅、もう楽勝!

のはずなのですがエースのペースが上がりません。

f:id:cycle_piyo:20200531054600j:plain

暗くなる心配もないので、呉ポーの近くのローソンで休憩することにしました。

 

f:id:cycle_piyo:20200531054624j:plain

坂町まで戻ってきました。

peaceboatが良く見えます。

f:id:cycle_piyo:20200531054643j:plain

自衛隊前、泥棒グループのワンダーランドまで戻ってきました。

バーのオーナーがお店の子は代々自衛隊員に奪われてしまうとかTVで言ってたな。

f:id:cycle_piyo:20200531054703j:plain

業務用食品スーパーの前の道路が完成。町内の交通事情が変わりそうです。

f:id:cycle_piyo:20200531054723j:plain

無事帰宅です。

借金してフェリーに乗ったのが格好悪いですが一黒シャモ買えたから良し。

90kmのサイクリングでした。

f:id:cycle_piyo:20200531112748p:plain




































 

近頃よく見る狩野舞子

このところ狩野舞子をネットニュース等でよく見ます。スポーツキャスターとして活躍の場が広がってきている様子で喜ばしいです。

この選手はTVでは若いころから見ていて、大怪我を幾度かしているのも知っていたのですが、ナマで見たのはロンドンオリンピックの予選が初めてでした。

この大会は、一人6試合まで申し込み可能だったので、韓国戦以外全て申し込んで、東京体育館で六試合観戦しました。

ロンドンオリンピックで銅メダルの後は中田に口説かれてセッターに転向しましたね。

久光でセッターの時も見ているのですけれど、手が大きいんだなーって思いながら練習を見ていました。

PFUの時の皇后杯とかVリーグで写真撮っているのですが、並んで挨拶とかタイムアウトとかそんなのばっかり。

kanochanには余り興味が無かったのですね。

2016/12/17 皇后杯誠英高校

f:id:cycle_piyo:20200514134424j:plain

f:id:cycle_piyo:20200514134440j:plain

この時の誠英って凄いですね。

1鎌田、10ジャス、4濱松、2林田。

鎌田がもう日体大4年生。早いものです。

2016/12/18 皇后杯、久光戦

f:id:cycle_piyo:20200514134419j:plain

2017/11/26 Vリーグ、岡山戦

f:id:cycle_piyo:20200514134707j:plain

f:id:cycle_piyo:20200514134714j:plain

2018/1/27 VリーグTOYOTA

PFU秋山愛美、津賀菜緒、TOYOTA佐藤優花がお目当てで出かけました。

f:id:cycle_piyo:20200514134738j:plain

有名スポーツ選手と結婚して注目されて、結婚後もスポーツがらみの仕事を続けてバレーボールを盛り上げてくれるといいなと思っております。

 

元祖珍来軒まで呉冷麺ライド

近頃は瀬野川河川敷のジョギングばかりで久しぶりのサイクリング。

エースに至っては去年の4/28以来。

天気も良く、風もさほどではなく、すんなりと呉市に到着。

堺橋から灰が峰を望みます。

f:id:cycle_piyo:20200524231842j:plain

11時半過ぎでしたが珍来軒には既にお客さんが並んでいました。

15分ほどの待ちで入店。

f:id:cycle_piyo:20200524231846j:plain

呉冷麺(大)と水餃子。

麺つゆは甘目。

酢辛子を加えて好みの味にしていくのが本流だそうです。

少しずつ自分の好みに調整するのがコツです。

f:id:cycle_piyo:20200524231858j:plain

f:id:cycle_piyo:20200524231912j:plain

食後は、IHIの横の急坂を一気に下るのがやりたいって事だったので、ドックの横を下ってアレイからす小島まで。

f:id:cycle_piyo:20200524231931j:plain

「かが」と潜水艦を見て満足したところで市街に戻ります。

ドックには護衛艦

f:id:cycle_piyo:20200524231941j:plain

海上保安大学校の前を通って吉浦へ抜け、うみねこベーカリーへ。

午前中で売り切れでした。

f:id:cycle_piyo:20200525092630j:plain

R31に戻って呉ポーへ。

一月ほど前、フェリーターミナルの横に集合住宅が出来ていることに気が付きました。

この日は詳細をチェック。

災害公営住宅でした。天応大浜アパートというそうです。4月の半ばから募集が掛かっていました。

豪雨からそろそろ二年。天応から焼山に至る県道はとりあえず開通させて土嚢積んだままのです。

f:id:cycle_piyo:20200524232009j:plain

f:id:cycle_piyo:20200524232014j:plain

ベイサイドビーチ坂もオープン。

f:id:cycle_piyo:20200524232035j:plain

釣り人は、朝の方が多かったかな。

f:id:cycle_piyo:20200524232040j:plain

 往復45kmのサイクリングを終えて自宅へ。

すぐ買い出しに行って、4時くらいから酒飲みました。

エースは一年ぶりのサイクリングでしたが大して消耗しなかったとか。

しまなみ海道片道なら走れると思うよ」と言うと俄然やる気を出しておりました。