Kaita City Life 海田市生活

次はどこ走ろうか

2019ワールドカップバレーボール女子大会(4)-大阪ラウンド3日目

ドミニカ 3-1 セルビア

この人たちは本当にバボちゃんが好きでした。

f:id:cycle_piyo:20191013102818j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013102822j:plain

日本 3-1 オランダ

栗原恵

スティックバルーンの振りを完璧に習得していました。

f:id:cycle_piyo:20191013102704j:plain

真面目にやっていた。

解説のコメントも専門家らしくて良かったです。

f:id:cycle_piyo:20191013102732j:plain

Lonneke Slöetjes

f:id:cycle_piyo:20191013103104j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013103126j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013103136j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013103145j:plain

Anne Buijs

f:id:cycle_piyo:20191013103226j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013103233j:plain

Marrit Jasper

f:id:cycle_piyo:20191013102605j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013102612j:plain

Laura Dijkeme
f:id:cycle_piyo:20191013102510j:plain
新鍋理沙

f:id:cycle_piyo:20191013102046j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013102051j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013102117j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013102134j:plain

小幡真子

f:id:cycle_piyo:20191013103520j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013103526j:plain

芥川愛加
f:id:cycle_piyo:20191013102007j:plain
石井優希

f:id:cycle_piyo:20191013101845j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013101900j:plain

鍋谷友理枝

f:id:cycle_piyo:20191013101721j:plain

佐藤美弥

f:id:cycle_piyo:20191013101441j:plain

黒後愛

f:id:cycle_piyo:20191013102230j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013102237j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013102302j:plain

石川真佑

f:id:cycle_piyo:20191013101520j:plain

成徳ファン?

このうちわは、片面が黒後愛

f:id:cycle_piyo:20191013101359j:plain

もう一面が石川真佑。

f:id:cycle_piyo:20191013101408j:plain

多分、この人の頭の中はウチのエースと同じ。
エースも「愛ちゃん」「石川さん」って言う。







 

2019ワールドカップバレーボール女子大会(3)-大阪ラウンド2日目

ドミニカ 3-2 オランダ

Elizabeth Martinez

マルティネスとスローティエスの打ち合いはマルティネスの勝ち。

なんやかんや賑やかで楽しい選手。

f:id:cycle_piyo:20191013081303j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013081259j:plain

中国 3-0 セルビア

朱婷 Ting Zhu

ドッカーンみたいな凄みは感じないけど、打点も高いしコースの打ち分けもキレイで決定力は高い。郎平もこんな感じだったかな?よく覚えていない。

ボシュコビッチと別の意味で凄いなーと思ってみている選手。

でも、あんまり好きじゃない。

f:id:cycle_piyo:20191013081307j:plain

Changning Zhang

f:id:cycle_piyo:20191013081312j:plain

Bianka Busa

左手には五輪のタトゥーがありました。

f:id:cycle_piyo:20191013081446j:plain

f:id:cycle_piyo:20191013082916j:plain

Ana Bjelica

ここに集めすぎで余り決まってませんでした。

f:id:cycle_piyo:20191013081453j:plain

防府市のみなさん

コートサイドでセルビアを熱心に応援していた一団と選手が記念撮影。

山口県防府市の皆さんだそうです。

セルビア東京オリンピックの時には防府でキャンプをするのだそうです。

公開練習やるよね、行きたいな、ボシュコビッチ見に。

f:id:cycle_piyo:20191013081523j:plain

日本 3-0 アルゼンチン

鍋谷友理枝

すっかりゴーグルがトレードマークになりました。

f:id:cycle_piyo:20191013081537j:plain

長内美和子

大会を通じて、長内がここまで通用するとは思いませんでした。

f:id:cycle_piyo:20191013081616j:plain

古賀紗理那

この日は沢山決まったのでインタビューに呼ばれました。

陶山さんが汗を拭いて髪を直してあげていました。

f:id:cycle_piyo:20191013081636j:plain

2019ワールドカップバレーボール女子大会(1)-姫路・大阪観光

今回は大阪ラウンドの土曜と日曜を観戦。

土曜朝から大阪に向けて車で行くのはシンドイと思ったので、前泊にしました。

金曜のお仕事後に大阪まで移動するのも大変そうなので、前泊は姫路!

土曜の朝に姫路城を見てから移動というプランでした。

テルチェックインは21:30過ぎでした。

ドーミーイン売りの夜泣きそばサービス開始。

f:id:cycle_piyo:20191001043929j:plain

駅近くの楽歳で本格的に夕食。

ひねポンというのを初めていただきました。

f:id:cycle_piyo:20191001044049j:plain

姫路まで来て寳剱を飲むっていう頑なさ!

f:id:cycle_piyo:20191001052052j:plain

翌朝は姫路城まで軽くジョギングすると良いかなと思っていたのですが、エースは「美樹に会いに行こう」とか「せめて美樹の練習場所が見たい」と言って聞きません。

櫻井美樹さんの住所も練習場所も良く知りませんが、ヴィクトリーナ姫路のホームコートの事だろうと解釈して手柄山公園の姫路市立中央体育館ウインク体育館)までジョギングです。

往復で約5km。目を覚ますにはちょうど良かったです。

当然、櫻井美樹さんは土曜の朝8時前に体育館になんていないので、こんな所です。

f:id:cycle_piyo:20191001044118j:plain

グリーンアリーナ神戸の試合を見に行くと思います。

11/9 姫路-デンソー、久光-岡山、NEC-日立

11/10 久光-デンソー、岡山-姫路

9日は古賀紗理那も窪田美侑も来るはずです。

 チェックアウトして大阪に移動です。

f:id:cycle_piyo:20191001052029j:plain

大阪市立中央体育館に着いたときはオランダ-ドミニカの二セット目の序盤でした。

f:id:cycle_piyo:20191001044211j:plain

f:id:cycle_piyo:20191001050056j:plain

 中国-セルビアセルビアが2軍だったのであっさり終了。

ボシュコビッチを見るのを楽しみにしていたので今大会は残念でした。

日本の試合は7:20開始で大分間があります。体育館内に座っているのも疲れるので弁天町駅前のホテルにいったん戻りました。

テレビをつけるとラグビーW杯の日本ーアイルランド戦の47分。

桜が12-9で食らいついています。

絶叫しながら試合終了まで見ました。

f:id:cycle_piyo:20191001044241j:plain

6:30頃にホテルを出て体育館に向かい、日本-アルゼンチン戦を観戦しました。

試合後に暫く体育館に残ったため、帰るころには駅は激混みでした。やむなく朝潮橋から弁天町は徒歩で戻りました。

晩はお好み焼きです。ホテルにも近いしレーティングも4.3だったので「すえひろ」にしました。

f:id:cycle_piyo:20191001044338j:plain

常連さんで賑わっていましたけど、隣席の二人はバレー観戦組でした。

f:id:cycle_piyo:20191001044358j:plain

f:id:cycle_piyo:20191001044411j:plain

美味しかったので黒鷲旗で大阪に来ることがあれば、また立ち寄りたいですね。

日曜の朝は、エースが朝風呂に入っている間に波除公園のあたりをぐるぐる走っていました。

f:id:cycle_piyo:20191001053023j:plain

この日も足袋でジョギングです。初めて足袋で走った時は筋肉痛が酷かったのですが、大分慣れてきて普通に走れるようになって来ました。

ラソン大会に行くと周りの人よりバタバタ足音がうるさくって恥ずかしいので今季は何とかしたいです。体にも悪そうだし。

足袋でのジョギングで少しは足音が小さくなったと思っています。

江田島ヒロシマMIKANマラソンで検証です。

ホテルをチェックアウトしてからは、環状線阪和線を乗り継いで仁徳天皇陵へ。

f:id:cycle_piyo:20191001050020j:plain

隣の公園に展望台があるだろうと思ったら、違いました。

上から眺める場合は、堺市役所になるんだとか。

そういえば全く同じ流れをブラタモリでやっていた覚えが・・・。

仁徳天皇陵には公明党北側一雄さんが写真撮影に来ていました。

年内解散かな?

その後は、園内にある自転車博物館へ。

古い自転車に始まって、最近のロードバイクもあり、アンディシュレクや別府史之の自転車がありました。

f:id:cycle_piyo:20191001050202j:plain

f:id:cycle_piyo:20191001050224j:plain

f:id:cycle_piyo:20191001050239j:plain

11時を大きく回って体育館へ移動開始です。

ドミニカ-セルビアの開始には間に合いませんでしたが、博物館が楽しかったので良しとします。

中国-アルゼンチンは試合にならないと踏んで観戦を止めて弁天町の風月へ。

f:id:cycle_piyo:20191001044441j:plain

その後はメガドンキで増税前のお買い物です。

日本-オランダは練習からしっかり見て、放送席の斜め後ろで応援します。

試合後は大急ぎで撤退です。

大林素子が「がんばれニッポン」の時には脱出してます。

f:id:cycle_piyo:20191001052220j:plain

海田町に着いたのは午前3時でした。

 

 

2019関東大学バレー秋リーグ-東海大戦の松井珠己

関東大学バレー秋リーグの4日目、渋谷まで行ってみてきました。

第一試合はAコートが日女体-東海、Bコートが順大-国士館。

日女体と東海大はここの所、激戦になる事が多いです。春リーグ覇者の日女は3連勝。東海も春の上位チームを破って3連勝中。この日も激戦の予感。

松井、松本、原田と好きな選手が三人も登場です!

コイントス、両キャプテン全然目を合わせませんでした。

f:id:cycle_piyo:20190916153711j:plain

第一セット 日女体25-19東海大

出だしから松井のプレーはテンポが良く、チームディフェンスも日女体が上回り優位に試合を展開しました。

松井は、ブロックも結構頑張っていて、13原田栞里にも1松本愛希穂にもプレッシャー掛けてました。

f:id:cycle_piyo:20190916153747j:plain

f:id:cycle_piyo:20190916153850j:plain

表現がオーバーなところも見ていて楽しいです。

f:id:cycle_piyo:20190916153902j:plain

f:id:cycle_piyo:20190916153921j:plain

第二セット 日女体19-25東海大

2セット目になると東海大も10増田と14藤井を抑え始めました。

東海のセッターはスタメンが金蘭の中川つかさで二枚替えで菊池杏菜。

f:id:cycle_piyo:20190916153937j:plain

13原田栞里を抑えないと・・・。

f:id:cycle_piyo:20190916153952j:plain

前でも後ろでも一年生20塩崎葵葉との息はピッタリ。

f:id:cycle_piyo:20190916154005j:plain

第三セット 日女体28-26東海大

終盤にスパイクミスを続けて追いつかれるも何とか振り切りました。

f:id:cycle_piyo:20190916154039j:plain f:id:cycle_piyo:20190916154121j:plain

f:id:cycle_piyo:20190916154157j:plain

f:id:cycle_piyo:20190916154217j:plain

レフトもライトもサイドへのトスは綺麗に伸びていました。

4小泉春葵は思いっきりぶっ叩いていました。これは叩きすぎてアウトに。

14藤井寧々もストレートサイドでブロックアウトを上手にとっていました。

f:id:cycle_piyo:20190916154234j:plain

第四セット 日女体25-20東海大

松井はサーブでは徹底して1松本と13原田が並ぶラインを攻めていました。

f:id:cycle_piyo:20190916154321j:plain

f:id:cycle_piyo:20190916154709j:plain

とにかく原田栞里の時に頑張った!

f:id:cycle_piyo:20190916154723j:plain

最後の一本は20塩崎へのCクイック。

f:id:cycle_piyo:20190916154739j:plain

はた目には力が互角で5セット目もあるかと思ったのですが、東海の選手にとっては3セット目の競り負けは大きかったようで、4セット目は少し淡白だったように思います。

日女体はこれで4連勝。青山学院と共に無敗です。東海大は春リーグの上位4チームとの戦いを3勝1敗で乗り切りました。まだまだ優勝のチャンスあり。

これで全勝は日女体と青山学院の2チーム。順天堂、東海、日体大が1敗です。

来週は青山学院絡みが注目です。

9/21 順天堂-青山学院

9/22 日女体-青山学院

個人的な次のバレーボール観戦はワールドカップの大阪ラウンドです。

2019Vサマーリーグで関菜々巳と成徳の野呂と大﨑

ナショナルチームから帰ったばかりでお休みかと思った関さんがトスを上げました。

ボールの落下点に入るときに肩をゆすって走るので余り速そうに見えないのですが、ボールの下に入るのは結構速い様でオーバーで捌く確率が高いです。

f:id:cycle_piyo:20190702043601j:plain

f:id:cycle_piyo:20190702043700j:plain

f:id:cycle_piyo:20190702043952j:plain

黒後と石川が代表に出かけている関係で出番があるかもと期待していた野呂を見ることが出来ました。

少し太りました。

黒後も東レに入って太ったので東レは食べさせる方針なのかもしれません。

リーグ戦では早々には出番が来ないかもしれませんが期待して待ちます。

予想していたのより守りが通用していました。

f:id:cycle_piyo:20190702044141j:plain

f:id:cycle_piyo:20190702044214j:plain

f:id:cycle_piyo:20190702044230j:plain

f:id:cycle_piyo:20190702044242j:plain

f:id:cycle_piyo:20190702044257j:plain

f:id:cycle_piyo:20190702044309j:plain 大﨑も出番があったのですが、ローテによってポジションが変わっていました。ほとんどボールが回ってきませんでしたが、見れてよかったです。f:id:cycle_piyo:20190702045408j:plain

 

2019全日本女子バレー広島合宿


f:id:cycle_piyo:20190718123120j:image
広島サンプラザで全日本女子バレーの公開練習があったので見てきました。

男子バレーの練習は、東レ三島工場の体育館に、他チームが合宿に来た時などに見に行った事があります。ですが、女子バレーの場合、Vリーグのチームは練習非公開が基本です。なので女子バレーの練習は初めて見ました。

半数近くが、日ごろから好きで注目している選手なので楽しめました。

(0)参加メンバー

WS

古賀紗理那、黒後愛石井優希新鍋理沙、鍋谷友理枝、長内美和子

MB

荒木絵里香、奥村麻衣、渡邊彩、芥川愛加

S

田代佳奈美、佐藤美弥、宮下遥

L

小幡真子、井上琴絵、山岸あかね

チームスタッフ

コーチだけでなくマネージャーの陶山さんもトレーニングウエアでフロアに立ち、ボール回しなどをやってました。

(1)体操

(2)4x4ミニゲーム

 4人ごとのチームになり2つのコートで2セット10点制のミニゲーム

ボールを2つ用いて両サイドから同時にサーブ。パスで相手のコートにボールを返して得点を狙う。

 1チームに4人なので結構カバーするエリアが広い。ラリーが続いていくうちにボールの行き来するタイミングがずれてきて、片側に2つのボールが集まったりする。

ウオームアップの効果もあるし、自然に連携の声が出ていました。好プレーが出ると選手も観客も盛り上がりました。

(3)あいさつ

 バレー中継でも目立っている若宮トレーナーが音頭を取って、「今日も頑張るからよろしくね」と観客に挨拶し、拍手で応える。

(4)マンツーマン

 キャッチボールからレシーブ練習まで。

 紗理那のパートナーは真子さん。

(5)レシーブ練習

二面に分かれ練習。

(5-A)リベロのスパイクレシーブ練習

 豊暉原コーチが台上から打つスパイクを拾う練習。一旦、コート中央にアプローチしてからストレートコースに下がりレシーブ。たまにフェイントも混ぜる。何本かに一本は球を殺してセッターに返していました。

強打を上げる練習ではなく、強打をセッターに返す練習でした。

(5-B)サーブカット練習

 コーチの打つサーブをレシーブ。

(6)ブロック、レシーブ練習

(6-A)ブロック練習

 台上からのスパイクをブロック。3人がスプリットで構える。ミドルはレフトまたはライトに走り、サイドのブロッカーと合わせる。サイドのブロッカーは1枚で飛ぶパターンとミドルと合わせて飛ぶパターンの2通りを練習。

(6-B)リベロのサーブカット練習

(7)サーブ練習

(8)スパイク練習

(8-A)スパイク練習

先頭に立って打つのは紗理那と黒後。

-セッターがボールを投げてスパイク

-コーチのAパスからセッターがトス上げてスパイク

-リベロのレシーブからセッターがトス上げてスパイク

 宮下は他の二人よりタイミングが合っていない感じ。特にバックアタック

(8-B)リベロのサーブカット練習

引き続き、Bコートでサーブカット練習し、途中からスパイク練習に合流

(9)ゲーム形式

Aチーム

古賀、黒後、新鍋、奥村、渡邊、田代、宮下、山岸

Bチーム

石井、長内、鍋谷、荒木、芥川、佐藤、小幡、井上

 前3枚、セッター前、前3枚を交互に練習。それぞれのパターンの間で選手にミーティングさせていました。

 前3枚の場合はミドルを固定しWSが回っていく。古賀-MB-新鍋の次は黒後-MB-古賀と回る。セッター前もセッター固定でWSとMBが入れ替わる。

サーブで始まるパターンとコーチがチャンスボールを入れるパターンの2通り。

 全体に連携の声が良く出ていて小幡の声が良く分からないくらい。

 新鍋のバックアタックが結構多かったです。途中、長内がバックアタックをふかした時は3本ほど続けて打たせていました。新鍋、紗理那、鍋谷はレシーブや繋ぎが上手だと改めて感心。

(10)あいさつ

 もいっかい観客にあいさつ。みんなで拍手。

(11)片付け

 選手は簡単にストレッチ。その間に中田監督を含むチームスタッフが片付け開始。

中田久美がアンテナ外し始めるのを見てビックリ。その後はテープ剥がし始めました。

最後のモップ掛けは選手。荒木が普通にモップ掛け。遅れてきた紗理那が荒木からモップを奪おうとするも荒木拒否。紗理那はチームスタッフに狙いを変えてモップ強奪。

(12)お帰り

 体育館の入り口にバスが直付けしてありましたが、選手は結構な時間、写真撮影やサインに応じていたみたいです。駐車場に向かって歩いている間、キャーキャーいうのが後ろから聞こえました。

 

ワールドカップは大阪ラウンドに応援に行きます。

頑張れ、全日本女子。