Kaita City Life 海田市生活

次はどこ走ろうか

2019全日本女子バレー広島合宿


f:id:cycle_piyo:20190718123120j:image
広島サンプラザで全日本女子バレーの公開練習があったので見てきました。

男子バレーの練習は、東レ三島工場の体育館に、他チームが合宿に来た時などに見に行った事があります。ですが、女子バレーの場合、Vリーグのチームは練習非公開が基本です。なので女子バレーの練習は初めて見ました。

半数近くが、日ごろから好きで注目している選手なので楽しめました。

(0)参加メンバー

WS

古賀紗理那、黒後愛石井優希新鍋理沙、鍋谷友理枝、長内美和子

MB

荒木絵里香、奥村麻衣、渡邊彩、芥川愛加

S

田代佳奈美、佐藤美弥、宮下遥

L

小幡真子、井上琴絵、山岸あかね

チームスタッフ

コーチだけでなくマネージャーの陶山さんもトレーニングウエアでフロアに立ち、ボール回しなどをやってました。

(1)体操

(2)4x4ミニゲーム

 4人ごとのチームになり2つのコートで2セット10点制のミニゲーム

ボールを2つ用いて両サイドから同時にサーブ。パスで相手のコートにボールを返して得点を狙う。

 1チームに4人なので結構カバーするエリアが広い。ラリーが続いていくうちにボールの行き来するタイミングがずれてきて、片側に2つのボールが集まったりする。

ウオームアップの効果もあるし、自然に連携の声が出ていました。好プレーが出ると選手も観客も盛り上がりました。

(3)挨拶

 バレー中継でも目立っている若宮トレーナーが音頭を取って、「今日も頑張るからよろしくね」と観客に挨拶し、拍手で応える。

(4)マンツーマン

 キャッチボールからレシーブ練習まで。

 紗理那のパートナーは真子さん。

(5)レシーブ練習

二面に分かれ練習。

(5-A)リベロのスパイクレシーブ練習

 豊暉原コーチが台上から打つスパイクを拾う練習。一旦、コート中央にアプローチしてからストレートコースに下がりレシーブ。たまにフェイントも混ぜる。何本かに一本は球を殺してセッターに返していました。

(5-B)サーブカット練習

 コーチの打つサーブをレシーブ。

(6)ブロック、レシーブ練習

(6-A)ブロック練習

 台上からのスパイクをブロック。3人がスプリットで構える。ミドルはレフトまたはライトに走り、サイドのブロッカーと合わせる。サイドのブロッカーは1枚で飛ぶパターンとミドルと合わせて飛ぶパターンの2通りを練習。

(6-B)リベロのサーブカット練習

(7)サーブ練習

(8)スパイク練習

(8-A)スパイク練習

先頭に立って打つのは紗理那と黒後。

-セッターがボールを投げてスパイク

-コーチのAパスからセッターがトス上げてスパイク

-リベロのレシーブからセッターがトス上げてスパイク

 宮下は他の二人よりタイミングが合っていない感じ。特にバックアタック

(8-B)リベロのサーブカット練習

引き続き、Bコートでサーブカット練習し、途中からスパイク練習に合流

(9)ゲーム形式

Aチーム

古賀、黒後、新鍋、奥村、渡邊、田代、宮下、山岸

Bチーム

石井、長内、鍋谷、荒木、芥川、佐藤、小幡、井上

 前3枚、セッター前、前3枚を交互に練習。それぞれのパターンの間で選手にミーティングさせていました。

 前3枚の場合はミドルを固定しWSが回っていく。古賀-MB-新鍋の次は黒後-MB-古賀と回る。セッター前もセッター固定でWSとMBが入れ替わる。

サーブで始まるパターンとコーチがチャンスボールを入れるパターンの2通り。

 全体に声が良く出ていて小幡の声が良く分からないくらい。

 新鍋のバックアタックが結構多かったです。途中、長内がバックアタックをふかした時は3本ほど続けて打たせていました。新鍋、紗理那、鍋谷はレシーブや繋ぎが上手だと改めて感心。

(10)あいさつ

 もいっかい観客にあいさつ。みんなで拍手。

(11)片付け

 選手は簡単にストレッチ。その間に中田監督を含むチームスタッフが片付け開始。

中田久美がアンテナ外し始めるのを見てビックリ。終いにはテープ剥がし始めました。

最後のモップ掛けは選手。荒木が普通にモップ掛け。遅れてきた紗理那が荒木からモップを奪おうとするも荒木拒否。紗理那はチームスタッフに狙いを変えてモップ強奪。

(12)お帰り

 体育館の入り口にバスが直付けしてありましたが、選手は結構な時間、写真撮影やサインに応じていたみたいです。駐車場に向かって歩いている間、キャーキャーいうのが後ろから聞こえました。

 

ワールドカップは大阪ラウンドに応援に行きます。

頑張れ、全日本女子。

 

2019Vサマーリーグで櫻井美樹

この週は土日とも広島市内で行われる西日本インカレを見に行く予定でした。

でも関東春リーグの最終週を見て、GWに見た九州リーグと比べ物にならないレベルの高さに驚いてしまい、元気がなくなってしまいました。

じゃあ、若手中心のVサマーリーグにしますか、岡山市だし。

という事で6/29(土)は岡山県体育館でVサマーリーグを観戦。

第一試合が始まって10分ほど経ったところで入場です。

この人が居ると岡山に来たぜって感じがします。

f:id:cycle_piyo:20190702045045j:plain

Victorina姫路 櫻井美樹

スマホに「さくら」と入力すると「櫻井美樹 バレー」って出ます。

全カレの3位決定戦以来。 

JT

日体大の先輩の柴田との勝負になるのかと思ったのですがJTのセッターは八王子実践の籾井さんでした。

f:id:cycle_piyo:20190703072205j:plain

f:id:cycle_piyo:20190703071828j:plain

籾井さんは堂々としているというのを通り越して、結構ブイブイ言わせていました。 

f:id:cycle_piyo:20190701084807j:plain

f:id:cycle_piyo:20190701084815j:plain

f:id:cycle_piyo:20190701084843j:plain

f:id:cycle_piyo:20190701084856j:plain

f:id:cycle_piyo:20190701084937j:plain

DENSO

f:id:cycle_piyo:20190701084946j:plain

f:id:cycle_piyo:20190701085034j:plain

DENSOは田原愛里。

f:id:cycle_piyo:20190703071928j:plain

線審

f:id:cycle_piyo:20190701085045j:plain

ヴェテラン選手の力で昇格して、それを引き継いで一部で戦っていく事になります。

一部リーグだと苦戦が続くと思いますが頑張って。

2019西日本インカレ - 鹿屋体育大学が連覇

今春はGWに九州リーグを観戦に行き、福岡大学鹿屋体育大学の試合を見ました。その後で関東リーグの最終週を2日続けて観戦しました。

関東リーグは日女体が勝敗で他校を上回り優勝となったものの4位日大と9位東海大に敗れました。日女体から東海大までの9チームの差はほとんどない印象でした。

 関東リーグに鹿屋体育大学が入ったとして優勝争いができるかというと大いに疑問で、入れ替え戦争いの3チームよりは強いだろうなという印象でした。

力関係についてそういった印象を持っていたので、正直いうと出かける気が無くなってきていたのですが、広島開催という事で頑張って観戦に来ました。

少し気持ちが萎えた分、土曜日は岡山市サマーリーグの西部大会を観戦しました。

準決勝 関西大学戦 3-1

白澤明香里

f:id:cycle_piyo:20190701082915j:plain

金本彩花

f:id:cycle_piyo:20190701082927j:plain

東美奈

f:id:cycle_piyo:20190701082953j:plain

興梠里欧

f:id:cycle_piyo:20190701083002j:plain

吉田萌子

東が前衛に来た時に交代して、白澤がセッターってパターンでした。

f:id:cycle_piyo:20190701083536j:plain

決勝 京都橘大学戦 3-1

有村涼美

ゴルフで言う大波賞みたいなプレーぶりでした。

f:id:cycle_piyo:20190701084458j:plain

吉田萌子

f:id:cycle_piyo:20190701083116j:plain

金本彩花

f:id:cycle_piyo:20190701083155j:plain

f:id:cycle_piyo:20190701083228j:plain

白澤明香里

f:id:cycle_piyo:20190701083407j:plain

興梠里欧

ブロックでは断トツの存在感でしたしサーブも凄かったです。

f:id:cycle_piyo:20190701083319j:plain

試合は力が拮抗していて面白かったのですが、西日本のチームと関東勢との力の差はかなりある印象です。

このままだと全日本インカレが関東大会になりそうな気がします。

国体や秋リーグでレベルアップしていって頂きたい!

 

2019関東大学バレー春季リーグ -東京女子体育大学-

市川、佐々木、平林が4年という事で個人的に期待が高かったのですが、最終週に連敗して7勝4敗の5位。

市川玲奈

f:id:cycle_piyo:20190525215944j:plainf:id:cycle_piyo:20190525215833j:plainf:id:cycle_piyo:20190525220137j:plainf:id:cycle_piyo:20190525215750j:plain

佐々木千紘

f:id:cycle_piyo:20190525215902j:plain

f:id:cycle_piyo:20190525215907j:plain

f:id:cycle_piyo:20190525220244j:plain

f:id:cycle_piyo:20190525220254j:plainf:id:cycle_piyo:20190525220310j:plain

高佐風梨

岡村さんが卒業してセッターが変わりました。

レシーブも含めてちょっとカッタルイ感じでした。

f:id:cycle_piyo:20190525215738j:plain

f:id:cycle_piyo:20190525220145j:plain

平林真織

後衛では時々交代していました。

f:id:cycle_piyo:20190525215858j:plain

f:id:cycle_piyo:20190525220058j:plain

f:id:cycle_piyo:20190525220223j:plain

前原那菜

バックアタック、サーブも強烈でした。

結構お客が沸いてました。
f:id:cycle_piyo:20190525215828j:plain

 足立溜奈

この週は皆川では無く足立でした。山倉もマネージャーしてました。

f:id:cycle_piyo:20190525215920j:plain

まずは東日本インカレでの上位進出を期待。

 

 

2019関東大学バレー春季リーグ -順天堂大学・志摩美古都選手-

上級生になって、すっかり関東リーグを代表するアウトサイドヒッターに。

順天堂大 3-0 嘉悦大

サーブでも貢献。

f:id:cycle_piyo:20190525133559j:plain

f:id:cycle_piyo:20190525133607j:plain

f:id:cycle_piyo:20190525133625j:plain

f:id:cycle_piyo:20190525133634j:plain

窪田美侑と小室祐里が一緒に来ていてバレヲタがざわざわ。

順天堂大 3-0 東京女子体育大

東女体のブロックも守りの穴も良く見えてプレーしていました。

f:id:cycle_piyo:20190525133653j:plain

f:id:cycle_piyo:20190525133700j:plain

岡村真衣が来てました。

 

2019中国大学バレー春リーグ

春の中国リーグが終わりました。

福山平成大、下関武道館、広島グリーンアリーナと会場を移しての実施でした。

福山平成とグリーンアリーナに観戦に出かけました。

広島大学・女子

駒田愛実

うちのエースは徹底して母校の下北沢成徳出身選手が推しなのですが、数少ない例外が広島大学の駒田愛実選手です。九州文化学園出身です。

その駒田も4年生です。

昨シーズンの広大は秋リーグに4年生は姿を見せませんでした。おそらく、今年の4年生も西日本インカレ、国体予選あたりでお終いなのだと思います。

高い運動能力と闘志が持ち味の駒田さんのプレーをしっかりと目に焼き付けようと、そういう事です。

f:id:cycle_piyo:20190522214528j:plain

f:id:cycle_piyo:20190522214603j:plain

f:id:cycle_piyo:20190522214613j:plain

 

福山平成大

昨年の全日本インカレでは福山平成大が決勝まで勝ち進み話題になりました。

エースの迫田君はFC東京に行きましたよね。

中国リーグは東亜と福山平成が別次元のバレーを展開していて2強です。

西本圭吾

注目はセンターの西本くんです。

f:id:cycle_piyo:20190525102605j:plain

芝居がかった独特の所作が楽しいです。

全カレで活躍して一気に全国レベルのスターになりましたよね、ホントかな?

全カレの時は女子の決勝の後にフロアに出てきて掛け声を掛ける所だけ見て、大田区総合体育館を後にしました。決勝の早稲田戦はDAZNで観て盛り上がりました。

f:id:cycle_piyo:20190516224131j:plain

今リーグでも芝居がかっていて楽しかったです。

「全日本インカレの決勝だから派手だったんじゃ無くって、中国リーグでも同じなんだね」とうちのエースが大喜び。

千両役者なのか大根役者なのかは今後の活躍次第ですね。

f:id:cycle_piyo:20190516223818j:plain

最終日の東亜大学戦で勝利してゾーンから出てこない西本くん。

皆の輪から離れてベンチ脇まで一人で歩いて行ってしまいました。

f:id:cycle_piyo:20190516224259j:plain

戻ってくるとユニフォームを脱いでしまいます。

ゾーンに入ったままです。

f:id:cycle_piyo:20190516224306j:plain

「サッカーでシュート決めた後でユニフォーム脱いで審判に注意される人なら見たことあるけど、バレーでユニフォーム脱ぐ人って初めて見た」とエースが大爆笑。

「はぁーお腹が痛い」と大喜びでした。

秋リーグは萩市民体育館の試合を見に行くかもしれません。

福元浩太郎

いろんなバレーの見方ってあると思うのですが、あたしゃセッターが上手けりゃアタッカーヘボでも楽しいし、大エースがいてもセッターがヘボなら見る気しません。

f:id:cycle_piyo:20190516223541j:plain

セッターの福元くんはライトのバックアタックにあげるバックトスが綺麗。

f:id:cycle_piyo:20190516223811j:plain

常に周りへの目配りをする一方、西本くんがガーガーやっていても見ていません。

でも、トスに対するリクエストはしっかり聞いています。

f:id:cycle_piyo:20190516223955j:plain

三好佳介

一週目は西本くんと対角でミドル、三週目はWSでの起用でした。

f:id:cycle_piyo:20190516223550j:plain

f:id:cycle_piyo:20190516224040j:plain

ハイキュー!の飛雄ちゃんに似てる。

ミドルを囮にしてミドルがバックアタック

f:id:cycle_piyo:20190516223618j:plain

f:id:cycle_piyo:20190516223624j:plain

山崎響

見に行った二試合ともOP。

ライトからのバックアタックは特に強烈でした。

f:id:cycle_piyo:20190516223742j:plain

f:id:cycle_piyo:20190516224225j:plain

最後の東亜大戦はちょっとつまらないミスが多かったかな。

f:id:cycle_piyo:20190516224237j:plain

西城農業の出身だそうです。

高さという点で西本くん、三好くん、山崎くんが抜けています。

三好くんをセンターで使うと攻撃の枚数が足りない局面が出てくる印象でした。

サーブカットが乱れた時とかラリー中ですね。

三好くんも山崎くんもバックアタックが打てるのでOHで起用した方が攻撃の幅が広がる印象です。

広島大学・男子

選手は僕より小さい180cm未満ばっかり。

唯一セッターの宇治田くんが180cmで自分と同じ。

f:id:cycle_piyo:20190525102645j:plain

中川家の礼二に似ているので礼二と呼んでいます。

広大チームは楽しそうにバレーしているところが好感が持てます。

東亜大学

福山平成に3-0、2-3だったので春リーグ優勝です。

古賀健太

f:id:cycle_piyo:20190516223859j:plain

f:id:cycle_piyo:20190516224031j:plain

f:id:cycle_piyo:20190516224111j:plain

井口直紀

f:id:cycle_piyo:20190516224120j:plain

f:id:cycle_piyo:20190516224142j:plain

中本誠

f:id:cycle_piyo:20190516224214j:plain

応援も少し覚えました。

福山平成

もーえろ、もーえろ、もーえーろー

東亜

いーぞ、いーぞ、け、ん、たー

いぞいぞけんた

いぞいぞけんた

今年の全カレは東亜や平成が勝ち上がるようなら、男子も観戦して応援しようかなとも思っています。