Kaita City Life 海田市生活

次はどこ走ろうか

しまなみ海道サイクリング -生口島「まきの」で鯛めしを食う-(1)

ずっと自転車に乗っていなかった

しまなみ海道は久しぶり。

関東にいた頃は「憧れのサイクリングロード」だったけど、いくつかの島は一周したし標準的なルート以外も通ったので少し足が遠のいていた。

ここのところ酒まつりだ、落語だ、マラソンだって言って自転車に乗っていなかった。リビングに吊るしてあるGTRが暇そう。

久々のしまなみ海道、今日は短めのコースにして好きな店に寄ってフェリーにも乗り、最後は風呂に入ろうって趣向。

須波港へフレア・クロスオーバーで輪行

海田からは軽自動車で輪行

自転車が2台載ることを条件に箱型の軽自動車を選択した。だから車載はバッチリ。

シート裏面のアンカーが自転車の固定に便利。靴紐でサドルを固定しています。

もう一台のクロスバイクはminouraのヴァーゴエクセルで固定。ロード2台ならもっと車載も楽なんだけど、CODA SPORTはホイールベースが長いし、ハンドルも長い。

いつかはWilierに乗りたいそうなので、気が変わるのを気長に待つ。

 

f:id:cycle_piyo:20161024072926j:plain

f:id:cycle_piyo:20161024072956j:plain

須波のたこ焼きは人気、なんで?

須波港の駐車場にデポ。ここのたこ焼きは有名なんだそうだ。以前観光バスからわらわらと人が降りてきてたこ焼きを購入し、一気になくなってしまうのを見た事がある。この日もバイクツーリングの二人組みが買っていた。三原のたこが有名なのは知っているし、たこのから揚げは広島で覚えたけれど、たこ焼きは食べた記憶が無い。そのうち食べてみようか。ここから船に乗って生口島に行く事もあるけれど今日は尾道に向う。

f:id:cycle_piyo:20161024073031j:plain

自転車を積むのはちょっと面倒だけど組むのは本当に簡単。

こんな風に自転車を追いとくと、サイクリング感がして何となく嬉しい。

f:id:cycle_piyo:20161024073115j:plain

 須波から三原まではそんなに走りにくくないし、三菱重工までは海沿いの気持ちよい道。三原から尾道は走っていて楽しい道ではなく車も多く気を使うけど10kmほどだから我慢、我慢。

向島は住田製パン所へ

尾道大橋は一度も自転車では通ったことが無い。車では一度だけ通ったことがあるが、絶対に自転車ではココに来ないと決めた。

向島にはいつも通り船で渡る。

f:id:cycle_piyo:20161024075653j:plain

今日は住田製パン所による予定だから渡し舟はいつもの福本渡船ではなくって尾道渡船の方に乗る。

この渡船はとにかく本数が多いのでサイクリストの多いしまなみ海道であっても渡船で何台もの自転車と一緒になった事はない。本日はレンタサイクルの女子が一杯。

f:id:cycle_piyo:20161024214721j:plain

向島では住田製パン所に向う。二回目だからもう迷わない。ブルーラインを走ると店の前に出る。

そっか大正五年か、年中無休かあ、志位かあ。カレーパンとチーズパンを買う。

朝、チーズカレーヌードルを食べたので炭水化物の種類が変わっただけ。

先ほど渡舟で一緒だったレンタサイクル女子の行き先リストに入っているのかと思ったが彼女たちは通過。

f:id:cycle_piyo:20161024221847j:plain

f:id:cycle_piyo:20161024075632j:plain

駐車場に座り込んでカレーパンとチーズパンを食べて再出発。

向島は正直走っていてあんまり楽しくない。特にスーパーがあるメインストリートは信号待ちばかりになってしまう。しまなみだ!行くぞ!!という前のめりな気持ちもあり、少しイライラする。

今回は向島の休憩所に始めて立ち寄った。ここは景色は良いんだけど、ようやく市街地を抜けて走りやすくなったところにあるので一度も寄った事がなかった。

今日はしまなみっぽい写真を撮るために敢えてよってみることにした。

 橋の袂の灯台の横にはっさく大福の店が見える。

 

f:id:cycle_piyo:20161024075715j:plain

f:id:cycle_piyo:20161024223357j:plain

向島の休憩所で写真撮影を頼まれる。今はみんなスマホ。このご夫婦は大阪からこられたそうで今日は大三島泊で明日今治に向うという事だった。大三島って何処に泊まるのだろうか大山祇神社のあたりだろうか。

この向島の休憩所は、なかなか綺麗で良かったが、後でここに立ち寄った事を悔やむ事になる。

f:id:cycle_piyo:20161024075736j:plain

それなりに満足したので生口島「まきの」を目指す。

因島はフラワーセンターや運動公園の前を通るルートより北側の海沿いのルートの方が好き。そのうち一度くらいはフラワーセンターってやつに行ってみようか。パン屋さんに寄ったので「菜のはな」には寄らないで生口島に向う。

f:id:cycle_piyo:20161024075746j:plain

「菜のはな」の駐車場には車が止まっていて今日も混んでいそう。

生口島「まきの」で昼食・・・のはずが

生口島は平坦だからくるっと回る事はあったが通過する事がほとんど。今日は「まきの」による予定。このお店はパエリアっぽい鯛めしが有名で地元のお客さんも多い、つまり旨いって事。尾道から今治まで自転車で走る場合、ちょっと手前過ぎて入りずらい。

お店の人もその事は分かっていた。

f:id:cycle_piyo:20161024075803j:plain

「まきの」は知らない人からの紹介で知りました。

大三島大山祇神社方面に海鮮丼を食べに出掛けた時、神社前の有名店、「大漁」は行列が長すぎ断念。宮浦港近くの「よし川」に変更。

このとき店内で声を掛けてきた他のお客さんに「生口島の『まきの』に行ってごらん」と紹介された。パエリア風の鯛めしが美味しかった。

今日も鯛めしと勇んで入るも、本日のランチ営業は終了との事。

まあ、着いたのが13:45じゃあ仕方ないですね。いつまでもパチパチ写真なんか撮っているんじゃなかったと激しく後悔。

まきの断念、じゃあ何処で食べようか

 瀬戸田小前のcafe terrasは気になっていたけど入った事なかった。

せっかくの?機会だから入ってみる。

 

 

f:id:cycle_piyo:20161024075832j:plain

ジャズが流れるおしゃれな店内でピザとパスタを注文。

f:id:cycle_piyo:20161024222942j:plain

f:id:cycle_piyo:20161024075839j:plain

f:id:cycle_piyo:20161024075857j:plain

f:id:cycle_piyo:20161025073635j:plain

ここまでで大体50km走行。このまま瀬戸田か沢に向って須波に戻るのもありだけど、少し物足りないので多々羅大橋を渡ってから帰る事にする。

多々羅大橋へのアプローチはかんきつ類が大きくなりキレイ。レモンとみかんとみかんの仲間が色々なっている。

  

f:id:cycle_piyo:20161024075951j:plain

 

道の駅多々羅しまなみ公園で遊んで引き返せばフェリーに丁度いいかな。

沢-須波便が16:25、瀬戸田-三原便が15:45と16:20、どれか乗れるとこの時は思っていた。

 

しまなみ海道サイクリング -生口島「まきの」で鯛めしを食う-(2) - Kaita City Life 海田市生活