Kaita City Life 海田市生活

次はどこ走ろうか

東日本インカレ -女子バレー2回戦から準決勝みて来た-

東日本インカレ

東日本インカレの二回戦から準決勝を観戦しました。嘉悦がどこまで行けるかが注目だったので金曜日は葛飾区に出掛けました。ついでに菖蒲園にも出掛けました。

椰子の実通信: [自転車]空梅雨の菖蒲園ポタリング

土曜日は墨田区体育館に出掛けました。

<女子3回戦>6/23葛飾区水元総合スポーツセンター

E4 嘉悦大学 - 尚絅学院大学 3-1 (18-25, 25-22, 25-15, 25-16)

出だし嘉悦選手に集中力が感じられませんでした。2セット目にちょこっとエンジンがかかった感じでした。リーグ戦では石井をリベロに入れて要所で須田を高橋と交代させて守備力を強化する作戦でしたが、今回は須田をリベロで起用していました。小室と高橋の出来の悪い方を内野に代えていました。これで層も厚くなるし守備力も向上って程甘くは無かったです。結局、高橋なり小室なりを戻す起用になっており、内野が攻撃でもうひと頑張りできないといけないなという内容でした。2回戦の国士舘戦では「昨日何かあったの?」と思うくらい冴えなかった小室ですが、この試合ではサーブが光りました。

f:id:cycle_piyo:20170709083001j:plain

 F4 日本体育大学 - 桜美林大学 3-0 (25-16, 25-20, 25-14)

日体大は教育実習で4年生不在でした。安定の3年生コンビ。

f:id:cycle_piyo:20170709083651j:plain

<女子準々決勝>6/24墨田区体育館

C1 東北福祉大学 - 松蔭大学 3-1 (25-13, 25-14, 20-25, 25-18)

松蔭のセッターは大仁の古屋、東北福祉大は澤田。この試合を見た時はこっちのブロックは東北福祉大なのかなと思いましたが、予想は外れました。

f:id:cycle_piyo:20170709084019j:plain

f:id:cycle_piyo:20170709084121j:plain

 

D1 筑波大学 - 日本体育大学 3-1 (25-23, 23-25, 25-22, 25-16)

筑波大学より一回り小さい日体大ですが鍛えぬいた体から繰り出すスパイクは強烈で一進一退の攻防となりました。セッターの櫻井は良いプレーしていました。今後も見るのが楽しみな選手です。f:id:cycle_piyo:20170709085319j:plainf:id:cycle_piyo:20170709085351j:plain井上が前にいる時は筑波有利で展開しましたが、後ろの時はシッカリ自分たちのペースで試合を進めていました。丸尾が井上と並ぶ看板選手だと思うのですが伊藤摩耶が面白いように止めていました。f:id:cycle_piyo:20170709085218j:plain伊藤は丸尾を抑える一方で櫻井とのBクイックには触らせないという見事なプレー振りでした。でも、結局最後には亜里沙にやられちゃいました。大学生相手だと完全に頭一つ抜けています。

f:id:cycle_piyo:20170709085345j:plain

D2 東海大学 - 嘉悦大学 3-0 (25-23, 25-14, 25-15)

組み合わせを見て東海大学がノーシードなのが一つのポイントだと思っていましたが、案の定、日女体と宇都宮を連破して準々決勝進出です。1セット目はどちらに転ぶか分からない展開でしたが東海が競り勝ちました。東海大は春リーグでは詰まらないミスが目立ちましたが、ミスは激減。一方の嘉悦はピリッとせず、試合が進むに従ってサーブカットがガタガタになってしまい、後半は一方的な展開となりました。またサーブカットがそれなりの時も島原と西田のコンビはしっくり来ていませんでした。4/30にリーグ戦を見た時もこのラインは合っていなかったので仕上げていって欲しい所です。

f:id:cycle_piyo:20170709085738j:plain

f:id:cycle_piyo:20170709085801j:plain

f:id:cycle_piyo:20170709085830j:plain

f:id:cycle_piyo:20170709085832j:plain

嘉悦は選手のご家族が応援に来て大声援だったのですが、急速に萎んでいってしまい、切なかったです。

 <女子準決勝>6/25墨田区体育館

C3 青山学院大学 - 東北福祉大学 3-0 (25-21, 25-23, 25-16)

リーグ戦で日体大戦を見た時は宮下以外はイマイチな印象でしたが兼若がシッカリ打っていました。セッターは山野辺で後半山野辺が前衛に来た所で比金にスイッチしてブロックを強化するって起用法でした。まあ、比金は実際良いブロックしていましたけど、ブロック期待で途中出場っていうのも寂しいような気がします。そもそも比金と山野辺をいっぺんに採るってリクルートとしておかしいように思います。バレー部の推薦枠ってそんなに沢山無いのだろうに。福祉大はチャンスボールが来たらトスにしてしまい直ぐ打たせるという戦法でしたが、あまり上手く行っているようには思えませんでした。普通に返球して速攻を使った方が良かったように感じられました。

f:id:cycle_piyo:20170709090035j:plain

f:id:cycle_piyo:20170709090108j:plain

f:id:cycle_piyo:20170709090144j:plain

f:id:cycle_piyo:20170709090252j:plain

 D3 筑波大学 - 東海大学 3-1 (25-10, 19-25, 27-25, 25-20)

日体大の選手がおにぎりをほおばる中で見ました。右に櫻井と辻村、左に小澤史苑。

 この試合も苦しい所を井上が何とか道を切り開いたって感じでした。3セット目はセットポイントまで辿り着いた東海大でしたが決め切れませんでした。これでガックリ来ている間に引き離されてしまい、エンジンを再起動した時には手遅れでした。試合後、スタンドに戻ってきた丸尾が知り合いを見つけて、セットポイント取られて苦しかったけど逆転したんだよ、と熱く語っていました。やっぱり、3セット目の終盤の攻防がポイントになったようです。 

f:id:cycle_piyo:20170709090609j:plain

ありさドッカーン。

f:id:cycle_piyo:20170709090508j:plain

 注目、一年生セッター万代。 

f:id:cycle_piyo:20170709090725j:plain

この日も打ちまくった松本。

f:id:cycle_piyo:20170709090810j:plain<女子3位決定戦>

C1 東海大学 - 東北福祉大学 3 - 1 (25-22, 25-18, 22-25, 25-20)

<女子決勝>

特1 筑波大学 - 青山学院大学 3 - 0 (25-16, 25-14, 25-23)

表参道の青山学院記念館で下北沢成徳を応援していました。