Kaita City Life 海田市生活

次はどこ走ろうか

足柄下郡湯河原町「魚繁」

温泉と魚が湯河原の魅力

湯河原は良いなって思いながら通り過ぎるばかりで出掛けた事はありませんでした。

エースに何の気なしに「日帰りでいいから湯河原でお風呂入ろうか」といった所エースの頭にがっちりインプットされたようでした。母親も「行ってみたい」と言ってくれたので大晦日に3人で湯河原出撃。

湯河原駅からてくてく歩いてニューウエルシティへ

湯河原駅から千歳川沿いをテクテク歩いてニューウエルシティに向かいました。

f:id:cycle_piyo:20170105233632j:plain

 日帰り入浴は普段は1000円程度ですがお正月料金で1700円。

まあ、仕方ないですね。

ただエースは「許せない」と納得していませんでした。

内風呂と露天とサウナと源泉の岩風呂と水風呂があってゆったり楽しめました。

f:id:cycle_piyo:20170105213252j:plain

f:id:cycle_piyo:20170105233727j:plain

お風呂は良かったんですがお正月ということで忙しいようでメニューは特別メニュー主体であまり選べない状態になっていました。

これじゃあなあーという事で食事は他ですることにしました。

1階が魚屋、2階がお食事処「魚繁」

適当に検索すると魚繁って店がある事がわかったので出かけました。

1階が魚屋さんで2階が食堂でした。

入口の人形は一応メニュー持っています。

f:id:cycle_piyo:20170105205726j:plain

 

「さがみの小京都」

このあたりで小京都なんて言っても誰もなびかないよ。

湯河原は湯河原でいいじゃん。

f:id:cycle_piyo:20170105205756j:plain

 

2階の入口はこんな感じ。

f:id:cycle_piyo:20170105205800j:plain

 

魚繁の定食はたったの1600円

色々ありましたけど定食にしました。

周りも定食が多かったです。

・まぐろ煮付け(お通し)

・ごはん

・カニ汁

・漬物

・ホタテ焼き

・刺身3点盛り合わせ

・ぶりの塩焼き

・めかぶ

 

ブリの塩焼きがこんな感じ。これだけでも結構イケてる。

f:id:cycle_piyo:20170105205812j:plain

 

この他にむつの煮付けを注文。

立派だし美味しく煮てありました。

 

f:id:cycle_piyo:20170105205828j:plain

 

福井の黒龍酒造の九頭竜を飲みました。

 

f:id:cycle_piyo:20170105205837j:plain

 

湯河原に帰ったら寄る店、それが魚繁

お客さんは三世代ってパターンが多くて、息子夫婦が子供と一緒に帰ってきてお父さんお母さんといつもの魚繁に出掛けるって雰囲気のテーブルが多かったです。

湯河原駅からそんなに遠くないのでこれからも食事だけで湯河原に行きたいですね。